ヴォクシー/ハイブリッド2018年12月値引き価格と実例の口コミをレポート

ヴォクシー 値引き
男

トヨタのヴォクシー/ハイブリッドを購入する際、値引き情報の収集は欠かすことができません。

特に、以下のようなヴォクシー/ハイブリッドの値引き実例や口コミは誰もが知りたいところだと思います。

  • 2018年12月のヴォクシー/ハイブリッド値引き価格の推移や情報を知りたい
  • ヴォクシーを購入した人の値引き交渉の実例をレポートして
  • 決算期ならヴォクシー値引きの限界が最大で50万や60万になる?
  • ヴォクシー/ハイブリッドの値引きを限界まで拡大する交渉の仕方は?
笑

このブログではヴォクシー/ハイブリッドの値引き情報を満載していますので、ヴォクシーの値引き交渉の際は参考にしてくださいね。

ヴォクシー/ハイブリッド2018年12月の値引き価格相場

2018年12月
ヴォクシー/ハイブリッド値引き価格相場

25万円(オプション込み)

ヴォクシー値引き価格相場推移
年 月
オプション込み
値引き価格
(万円)

2018年12月

25
※一部改良
2018年11月
32
2018年10月
32
2018年9月
31
2018年8月
32
2018年7月
30
2018年6月
32
2018年5月
34
2018年4月
34
2018年3月
32
2018年2月
33
2018年1月
34

【ヴォクシー値引き情報レポート】

ヴォクシー/ハイブリッドは2019年1月7日に一部改良が予定されており、値引き価格はかなり渋い相場となっている。

このような場合はヴォクシーの下取り車の売却価格を吊り上げて支払総額を下げるのが鉄則だ。

値引きの傾向
ヴォクシーを含めた一般論として、値引き額はモデルチェンジによって渋い相場となるが期間の経過とともに徐々に拡大していき、しばらくしたら横ばいになることが一般的だ(決算期等の時期要因よりもこの要素が強い)。

決算期等はヴォクシー値引きの限界が最大50万や60万に拡大する?

ヴォクシーに限らず購入時期による値引き価格の差は少ない

一般的には、「決算期やボーナス時期などはセールをやるからヴォクシーも値引きが拡大する」と思われがちである。

しかし、上述したヴォクシー値引き推移の表を見ても明らかであるが、現在では決算期等の季節要因によって値引きが拡大したという傾向はあまり見られない。

値引きが50万や60万である場合、実際は「下取り車を安く査定して、浮いた差額で見かけ上のヴォクシーの値引きを拡大させただけ」であることが多い。

ヴォクシーの値引き交渉時にこの手法がよく使われていることは覚えておいたほうがよいだろう。

下取車を使ったヴォクシーの値引き操作例
下記見積書におけるヴォクシーの支払総額は同じだ

見積書1
【値引き60万円 下取り車70万円】

見積書2
【値引き50万円 下取り車80万円】

見積書3
【値引き40万円 下取り車90万円】

営業マン営業マン

ヴォクシーの値引き額なんて、下取り車を使えば自由に操作できちゃうよ。

正直な営業マンならヴォクシーの「下取りなし」を提案してくれる

セールスマンは、客によってヴォクシーの値引き額に差をつけているのと同様に、下取り車の査定価格にも差をつけている。

しかし、通常は買取専門店よりも安い金額しかつけられないため、正直なセールスマンはヴォクシーの値引き交渉の際、下記自動車雑誌記事のように「下取りなし」にして買取専門店への売却をすすめてくれる(記事中では買取専門店のほうが16万円高い査定になった)。

下取りなし
↓拡大
拡大

価格

目標を決めて限界までヴォクシー/ハイブリッドの値引きを拡大する

2018年12月
ヴォクシー/ハイブリッド値引き目標

ヴォクシー車両本体価格から25万円


限界・目標までヴォクシーの値引きを拡大する3つのコツ

  1. セレナ等のライバル車や経営の異なるネッツ店があればヴォクシー同士も競合させる
  2. ディーラーオプション等、ヴォクシーの付属品からは20%の値引き率を目標にする
  3. 支払総額を下げるためにヴォクシーの下取り車は買取専門店とも競合させる

上記3つの中でも、ヴォクシーの下取り車を買取専門店と競合させることは特に効果的だ(ほとんどの場合、買取専門店の方が高い)

ヴォクシー/ハイブリッドの値引きを最大化するための競合は多数のディーラーに出向く必要があり面倒だが、下取り車の売却価格を最大化するための競合はネットの無料一括査定サイトを使えば簡単にできる。

目標

かんたん車査定ガイド

ヴォクシーで35万円の値引きを得た口コミの実例を当ブログがレポート

自動車業界に勤務する当ブログの管理人があらゆる人脈を駆使してヴォクシーハイブリッド煌購入者から聞いた値引き交渉実例の口コミをレポート!

【ヴォクシー値引き実例】

  • 購入者
  • 30代男性

  • 契約時期
  • 2018年9月

  • 購入車両
  • ヴォクシーハイブリッド煌

  • 値引き額
  • 値引き総額35万円(オプション等込み)

  • ヴォクシー購入の経緯
  • これまで乗っていたコンパクトカーが車検を迎えるにあたり、サイズの大きいミニバンへの買い替えを検討しました。

    デザインや価格、燃費などを総合的に考えてヴォクシーハイブリッド煌を選択しました。

値引きは35万!ヴォクシーハイブリッド煌交渉の実例を口コミレポート

「ネッツ店」でのヴォクシー値引き交渉1回目

まずは、ネット上で公開されているブログなどの口コミレポートから、ヴォクシーハイブリッド煌の値引き相場や限界・最大値の実例を把握してからディーラーへ向かう。

近所のネッツ店に行くと、3連休とあって店内はかなり混雑しておりしばらく展示車両を見て待つ。

ちょうど、煌のハイブリッド車が展示されていたので、大型の純正ナビなどが装備されている内装などをじっくり観察し、オプションの参考に。

15分ほど経過してから20代くらいの若い営業マンが「お待たせしました」と声をかけてきたので、ヴォクシーハイブリッド煌を検討していることを伝える。

その展示車両でそのまま説明を受け、こちらからも純正ナビに関することなどいくつか質問をすると、いずれの質問にも丁寧に応えてくれる感じの良い営業マンであった。

しばらくして席に移動して具体的な商談や値引き交渉に入ると、営業マンおすすめのオプションを盛り込んだという見積書があるというので、それをベースにヴォクシーハイブリッド煌の商談をすすめることに。

しかし、その見積書にはメンテナンスパックや展示車両よりも高額な純正ナビなどが入っており、支払総額は400万円オーバー。

おすすめというよりは営業マンが売りたいものを見積書に盛り込んでいるだけであったので、純正ナビはグレードの低いものに下げ、その他の余計なオプションも削って支払総額を380万円まで下げた。

ここからいくら値引きしてくれるのか尋ねたところ、値引き価格は20万円と事前に調べた口コミや実例のレポートよりも渋い。

しかし、粘って値引き交渉を続けていると、純正ナビのグレードアップを条件に25万円まで値引き額を拡大してくれたところで、この日は終了。

ネットで口コミを見ると50万や60万も値引きしてくれた実例も存在するようだが、よほどたくさんのオプションでもつけたか、あるいは在庫車などではなかろうか?

ヴォクシーの値引き額がとてもそこまで拡大するとは思えなかった。


「カローラ店」でのノア値引き交渉

思ったよりもヴォクシーの値引きが渋いので、価格によってはノアでも構わないと考え、カローラ店にも出向く。

「ノアを検討しているが、ヴォクシーとも迷っています」と伝えて商談を開始。

ヴォクシーに煌があるのと同様にノアにもW×Bがあり装備などはほぼ同じなので、煌きと同じ内容で見積書を作成してもらう。

こちらは最初から値引き額が30万円と記載されており、いきなり煌きよりも5万円高い。

営業マンは「最初から限界まで値引きさせて頂きました」と言うだけのことはあって、ネッツ店の渋い値引き価格とは対称的だ。

しかし、限界と言うならせめて35万くらいは値引きして欲しいところだ。

カローラ店には悪いが、この見積書を持って再度ネッツ店に出向く。


「ネッツ店」でのヴォクシー値引き交渉2回目

ネッツ店に出向いてヴォクシーハイブリッド煌の値引き交渉を再度行う。

カローラ店でノアの交渉も行っていることを伝えると、明らかに営業マンの顔色が変わった。

そこで、ノアの見積書を見せて「あちらは30万円も値引きしてくれています。基本的にはノアもヴォクシーと同じですから、値引き幅の大きいほうを購入します」と伝える。

すると営業マンは席を外して店長を同席させる。

店長は「本日決めていただけるというなら35万円の値引きをご用意させて頂きます。うちではこれがが限界です。」との事だったので、これで契約。

ただしヴォクシーの下取り車の査定は30万円と安かったので、ネットの一括査定で41万円の値が付いた買取専門店に売却。
(完)



値引き レポート

営業マンは下取り車を値引きの調整弁に使っており、ヴォクシーが値引きされることを見込んで、この下取り車を甘く(安く)査定している。
営業マン営業マン

お客様のヴォクシー、30万円値引きさせて頂きました。

客

でもヴォクシーの下取り車となると、査定額がたったの60万円になるんですね。

買取専門店の査定は85万円だから、総支払額で考えると実質的な値引きは5万円ですよ(その手口知ってますので)。

相場

交渉

自動車雑誌読者が比較した実例
限界

<実際のページ>
口コミ

↓拡大
支払総額

下取り車


【ヴォクシーの値引き交渉情報まとめ】

  1. ヴォクシーは2019年1月7日に一部改良が予定されており、新型の値引き相場は渋い
  2. ヴォクシーの2018年12月値引き相場は25万円
  3. 支払総額を下げるためには、ヴォオクシーの下取り車を買取専門(かんたん車査定ガイド )で査定(売却)すると効果的