ヴォクシー 値引き

トヨタの新型ヴォクシー/ハイブリッドを購入する際の商談において、値引き交渉は欠かすことができません。

特に、以下の内容は誰もが知りたいところだと思います。

  • 他の購入者はいくら値引いてもらってるの?
  • ヴォクシー/ハイブリッドの最新値引き相場の推移や目標は?
  • ヴォクシー/ハイブリッドを購入した人の値引き商談口コミレポートを読みたい。
  • 決算期なら50万円の値引きが可能?
  • ヴォクシーの値引きを限界に拡大する交渉の仕方は?
客

このブログでは上記のような情報を満載していますので、値引き交渉の際は参考にしてくださいね。

新型ヴォクシー/ハイブリッド値引き相場の推移と限界値・目標値

新型ヴォクシー/ハイブリッド値引き価格相場の推移<2018年2月>

<最新値引き相場(2018年2月)>
33万円(オプション込み)

ヴォクシー/ハイブリッド最新値引き相場推移

年 月
付属品等込み
値引き価格
(万円)
2018年2月
33
2018年1月
34
2017年12月
33
2017年11月
31
2017年10月
34
2017年9月
33
2017年8月
25
2017年7月
マイナーチェンジ
20
2017年6月
33
2017年5月
34
2017年4月
33
2017年3月
33

<値引き価格相場レポート>
2017年7月にマイナーチェンジを行っており値引きは一気に引き締められたが、現在は完全に元に戻っている。

今後も値引き価格に大きな変化はないだろう。

値引きの傾向
値引き金額はモデルチェンジによって大幅に引き締められ、期間の経過とともに徐々に拡大していき、しばらくしたら横ばいになることが一般的だ。

ヴォクシーの場合も2017年7月にマイナーチェンジを行ってから値引きが引き締められたが、短期間で元に戻っている。

目標を決めて限界までヴォクシーの値引きを拡大する

<値引き価格の目標・限界値(2018年2月の目標値)>
車両本体価格から28万円
限界まで値引きを拡大するには?
「セレナ、ステップワゴン、ノアとの競合」⇒「トヨタネッツ店同士の競合」が王道

ヴォクシー/ハイブリッドのライバル車両はセレナ、ステップワゴン、ノアであり、各ディーラーの営業マンも互いに強く意識している。

よって、セレナ、ステップワゴン、ノアをぶつけて値引きを煽り、しばらくはセレナ、ステップワゴン、ノアVSヴォクシーの競合により値引きを拡大させる。

ここで十分な値引きを引き出したら、経営の異なるトヨタネッツ店のディーラーに出向きネッツ店同士を競合させてさらに値引きを拡大できれば完璧だ。

以下に具体的な手順を示す。

<ヴォクシー値引き手順1>
ライバル車との競合

まず、自宅から遠いなどヴォクシーを購入する可能性の低いトヨタネッツ店1店舗を捨て駒(当て馬)に決める。

この1店舗VSステップワゴンVSノアVSセレナという4車種を競合させる構図で値引き交渉を行い、可能な限り限界までヴォクシーの値引きを拡大させておく。

ここでの値引き目標金額はヴォクシーの車両本体から25万円だ。

値引き拡大のポイント1

この時点では、トヨタネッツ店には上記で選んだ1店舗以外には接触しないこと。

手順2でヴォクシー同士の競合をさせるために温存しておくのだ。

<値引き手順2>
ヴォクシー同士の競合

手順1において、ある程度値引きされたヴォクシーの見積書を手に入れているはずだ。

今度は、この見積書における値引き額をベースに、経営の異なるネッツ店においてヴォクシー同士の競合を行う。

基本的に後に商談するディーラーのほうが値引き金額を拡大させやすいので、「自宅から近い」あるいは「購入したい営業マンがいる」などで優先順位の高いディーラーがあれば、交渉を最後に行うとよい。

ヴォクシーの車両本体から28万円以上の値引きを引き出せたら合格だ(付属品との合算値引きの場合は、「28万円+付属品の合計金額から20%の値引き」であればOK)。

値引き拡大のポイント2

ヴォクシーの同士競合をする際、車種はヴォクシー1本に絞っていることを必ず伝えること。

車種が決まっているお客は決まっていないお客よりも購入意欲・購入確率が高いと認識されているので、値引き額が拡大しやすい。

<値引き手順3>
契約直前のダメ押し

印鑑を押して契約する寸前が最も値引きのチャンスと言える。

ここでは、ヴォクシー車両本体からの現金値引きよりも、オプション・付属品を攻めた方が成功の確率は高い。

2~3万円程度のオプションを1つだけ見積もりから外しておき、契約寸前に「このオプションをサービスしてくれたら今すぐに契約しますよ」とやれば効果的だ。

ヴォクシーの場合、以下の装備を要求するとよいだろう。

サイドバイザー
価格は取り付け費込みで約26000円程度。

ヴォクシー サイドバイザー

  • ヴォクシー車両価格から28万円の値引き目標は達成できた?
  • 以上の手順でヴォクシーの車両本体から28万円以上の値引きを引き出せたら合格だ(付属品との合算値引きの場合は、「28万円+付属品の合計金額から20%の値引き」であればOK)。

こんな客は値引きが少ない

必要以上に何度も値引き交渉を行うことは「購入する可能性の低い面倒な客」という印象を与えるため、値引き拡大には逆効果となる。

営業マンは、客がヴォクシーの値引きを引き出すために、セレナやステップワゴンだけでなく、ネッツ店同士も競合させていることを知っており、これをとても嫌がる。

営業マン

あのお客、また来たよ。

どうせ、ライバル車か競合ディーラーの当て馬だろ。

相手にしてられないよな。


ヴォクシーの値引きを最大にする裏技ってないの?
ありますが推奨しません

値引きの裏技

<ヴォクシー値引きの裏技>

最大まで値引きを拡大させたいという人には以下のような値引きテクニックもある。 

それは、高額なオプションをたっぷりとヴォクシーの見積書に入れて総支払額が高い状態で値引き交渉を行い、契約直前にそのオプションを外すことだ

オプションは利益率が高く、営業マンはそれを加味した値引きを提示してくるので、このオプションを利用してヴォクシーの値引き額を最大にするのだ。

契約直前にオプションを外しても、一度提示した値引き額を減らすということは営業マンも言い出しにくい。

ヴォクシーの高額オプションには以下のようなものがある。

  1. T-Connectナビ 10インチモデル DCMパッケージ
  2. ¥338,040
    T-Connectナビ 10インチモデル DCMパッケージ

  3. レジャーパッケージ
  4. ¥87,480
    レジャーパッケージ

  5. 革調シートカバー
  6. ¥92,880
    革調シートカバー



値引き 最大

決算期等はヴォクシーの値引きが50万円になる?

購入時期による値引き金額の差は少ない

一般的には、「決算期やボーナス時期などはセールをやるから値引きが拡大する」と思われがちである。

しかし、現在では決算期等の季節要因によって値引きが拡大したという傾向はあまり見られない(上述したヴォクシー値引き推移の表を見ても明らかである)。

相場より値引きが大きい場合は「下取り車を安く査定して、浮いた差額で見かけ上のヴォクシーの値引きを拡大させただけ」であることが多い。

下取車を使ったヴォクシーの値引き操作例
下記の見積書における支払総額は同じだ

見積書1
【値引き50万円 下取り車70万円】

見積書2
【値引き40万円 下取り車80万円】

見積書3
【値引き30万円 下取り車90万円】 

ヴォクシー/ハイブリッド値引き商談口コミレポート!

元湾岸最高速ランナーであり自動車業界に勤務する管理人があらゆる人脈を駆使してヴォクシー購入者から聞いた交渉内容の口コミをレポート!(⇒管理人の経歴

<購入者データ>

  • 購入者
    30代男性
  • 交渉・契約年月
    2017年8月
  • 購入車両
    ヴォクシーハイブリッドZS
  • 値引き額
    車両本体15万円、オプション10万円

購入の経緯

我が家の愛車は平成24年式プリウス。

結婚直後に購入した思い出のある車だ。

ところが、この車を購入後、既に2人の子供が誕生。

プリウスでは子供を抱えたままのドアの開閉がしにくいこと、子供がすぐに大きくなることを考えると一回り大きな車の方が利便性が高いことから、オートスライドドアのミニバンを検討することにした。

検討車種

筆頭候補
<ヴォクシー>
代々トヨタ車を乗り継いでおり、トヨタ車への信頼は抜群。

品質、価格ともに優れており、安心して乗ることが出来る。

車種より先にメーカーから選択。

トヨタのミニバンにはワンランク上のヴェルファイヤや、逆にワンランク下のシエンタもあるが、価格と車格のバランスが良い2Lクラスを選択。


対抗1
<ノア>
トヨタ車にはヴォクシーの兄弟車となるノアもある。

名前が違うだけで価格も中身も同じだから当然こちらも候補となる。

ただし、リセールバリューはヴォクシーのほうが高いと聞くし、見た目もヴォクシーの方が好みである。


対抗2
<セレナ>
私はヴォクシーかノアがよかったが、妻はセレナが気になるというので候補に入れた。

ヴォクシー/ノアは、少し角ばったいかついデザインであり、確かに女性好みではないかもしれない。

ただし、ハイブリッド車のラインナップがないのが難点(S-ハイブリッドはどちらかというとガソリン車に毛が生えたものである)。

商談開始

<日産ディーラー>
まずは、妻が気になるというセレナを見に行った。

妻は車に詳しくなくメカニカルなことは一切わからないので、チェックしているのは外観とインテリアのみである。

セレナの売りであるプロパイロットの説明を営業マンから受けてもあまり理解しておらず、興味もないようであった。

ナビの使い方さえもろくに理解していないメカ音痴であるから、セレナの最新装備は使いきれないだろう。

しかし、本人は実物を見て非常に気に入ったようで、嬉々として見積もりを頼むことになった。

でてきた見積には値引きが書いていない。

私がそのことを指摘すると、「値引きは口頭でお伝えします」とのこと。

示された値引き額は13万円。

<トヨタディーラーA店>
続いて、ヴォクシーを見に行くためにトヨタディーラーA店へ。

しかし、店内が混雑していてしばらく対応できる営業マンがいないとの事。

一度撤退する。

<トヨタディーラーB店>
気を取り直して先に本命車種であるヴォクシーを見に行くことに。

対応してくれた営業マンは見た目も応対も新人そのもので少し頼りない。

しかし、こちらの質問には的確に答えくれ、知識は豊富にあるようで安心。

マイナーチェンジしたばかりであったが、マイナーチェンジ前との違いを細かく熱心に説明してくれて、一生懸命さに好感を持った。

試乗車が空いているということで、乗せてもらうことに。

車内を見るとやはり広い。

走ってみると加速も十分で意外とパワフルだ。

かなりほれ込んでしまった。

試乗後、しばし商談していると彼の車への熱意がひしひしと伝わってくる。

雑談が長引き、気づくと1時間が経過したので、早速見積もりをもらうことに。

「すみません、ヴォクシーはマイナーチェンジしたばかりですから値引きはこれくらいになるんですよ」と、10万円ほど値引かれた見積書を持ってくる。

セレナ、ノアとの競合を伝えると、「先方さんの条件が揃ったら少しは再検討できるかもしれませんので。ただ、正直、値引き額でセレナには勝てませんよ。あちらは1年前の車ですから。」

この日の商談はここで終了。

<自宅で作戦会議>
妻はセレナを気に入っていると言っていたので、妻の意見を聞く。

セレナを購入するのであればプロパイロットは試乗して確認しておきたいところだが、ネットで調べると、どうやらプロパイロットは一般道ではあまり使えないようだ。

私的にはあまり乗り気がしないことを妻に伝えると、「私もヴォクシーは良かったし、営業の人も感がじよかったからヴォクシーでもいいよ」とのこと。

ここでセレナは候補から外す。

さて、ヴォクシーに決まりかけてはいるが、ノアはまだ見ていない。

値引きで競合させる意味も含めて後日ノアを見てから決めることに。
<トヨタディーラーA店>
日をあらためてトヨタディーラーA店へ。

前回の反省を含めて事前に予約の電話を入れておく。

対応してくれたのは、年配の営業マン。

商談は百戦錬磨のベテランらしく、無駄はないが要点は抑えているという感じ。

少々の雑談の中にもノアの良さを嫌味なくさりげなくアピールしてくるあたり、売れっ子営業マンといった感じだ。

値引き交渉は苦戦する予感。

試乗を勧められるが、ヴォクシーをすでに試乗しており乗り味は全く同じなので丁重に断りを入れ、早速見積もりをもらう。

こちらの値引き額もA店と同じ10万円で、やはりマイナーチェンジ直後だけあってこの程度となってしまうとのこと。

トヨタディーラーB店におけるヴォクシーの値引きも10万円であることを伝えて煽るが、全く動じる気配がないあたり、さすがベテラン。

これ以上の条件を引き出すのは難しいと感じ、店を出る。
<トヨタディーラーB店>
本命のヴォクシーの交渉のため、トヨタディーラーB店へ。

条件によってはその場で契約するつもりでいたために、ハンコも持参した。

ただし、マイナーチェンジ直後という事情はあるものの、値引き金額が10万円ではいささか物足りない。

購入意思のないセレナを対立候補にあげ、値引きを煽ることにした。

「セレナは13万円の値引きを提示してくれています。ヴォクシーもこれに負けないくらいの価格を提示してくれたらこの場で契約しますよ」と伝える。

すると、「では、15万円ではいかがでしょうか。」との返事が。

本体価格からはこれ以上の値引きは難しそうであったため、付属品を攻めることに。

「これでは予算的に厳しいので、付属品からナビを外そうかと思います。このままナビをつけるのであればもう少しお安くなりませんか?金額によっては、今日この場で契約しますよ。」と伝える。

営業マンは一旦席を外し、上司と相談するとのこと。

10分ほど経過し、店長とともに戻ってくると、「では、本日契約していただけるなら付属品から10万円引きさせていただきますので、お願いできますか」とのこと。

納得したのでこれで契約。

下取り車は68万円の査定額であったが、ネットの一括査定では86万円が付いたのでそちらに売却。
(完)


値引き レポート

営業マンは下取り車を値引きの調整弁に使っており、ヴォクシーが値引きされることを見込んで、この下取り車を甘く(安く)査定している。
営業マン営業マン

お客様のヴォクシー、30万円値引きさせて頂きました。

客

でも、下取り車の査定がたったの140万円じゃないですか。

買取専門店の査定は160万円だから、総支払額で考えると値引きは10万円ですよ(その手口知ってますので)。

最新値引き

自動車雑誌読者が比較した実例
新車値引き

<実際のページ>
値引き 口コミ