ヴォクシー2018年9月値引き情報や交渉の実例・口コミをレポート

ヴォクシー 値引き
男

トヨタの新型ヴォクシー/ハイブリッドを購入する際、値引き情報の収集は欠かすことができません。

特に、以下のようなヴォクシー/ハイブリッドの値引き情報や口コミは誰もが知りたいところだと思います。

  • 2018年9月のヴォクシー/ハイブリッド値引き相場の推移や情報を知りたい
  • ヴォクシーを購入した人の値引き交渉の実例をレポートして
  • 決算期なら値引きの限界が50万円になるという口コミは本当?
  • ヴォクシー/ハイブリッドの値引きを限界まで拡大する交渉の仕方は?
笑

このブログではヴォクシー/ハイブリッドの値引き情報を満載していますので、ヴォクシーの値引き交渉の際は参考にしてくださいね。

新型ヴォクシー/ハイブリッド2018年9月の値引き情報

2018年9月ヴォクシー値引き相場

31万円(オプション込み)

ヴォクシー最新値引き相場推移
年 月
オプション込み
値引き価格
(万円)

2018年9月

31
2018年8月
32
2018年7月
30
2018年6月
32
2018年5月
34
2018年4月
34
2018年3月
32
2018年2月
33
2018年1月
34
2017年12月
33
2017年11月
31
2017年10月
34

【ヴォクシー値引き情報レポート】

ヴォクシーの値引きは、30~32万円程度の値引き幅で安定した推移となっている。

今後も値引き相場は同程度で推移するだろう。

値引きの傾向
ヴォクシーを含めた一般論として、値引き額はモデルチェンジによって渋い相場となるが期間の経過とともに徐々に拡大していき、しばらくしたら横ばいになることが一般的だ(決算期等の時期要因よりもこの要素が強い)。

決算期等はヴォクシーの値引き価格が50万円に拡大する?

ヴォクシーに限らず購入時期による値引き価格の差は少ない

一般的には、「決算期やボーナス時期などはセールをやるからヴォクシーも値引きが拡大する」と思われがちである。

しかし、上述したヴォクシー値引き推移の表を見ても明らかであるが、現在では決算期等の季節要因によって値引きが拡大したという傾向はあまり見られない。

値引きが50万円である場合、実際は「下取り車を安く査定して、浮いた差額で見かけ上のヴォクシーの値引きを拡大させただけ」であることが多い。

ヴォクシーの値引き交渉時にこの手法がよく使われていることは覚えておいたほうがよいだろう。

下取車を使ったヴォクシーの値引き操作例
下記見積書におけるヴォクシーの支払総額は同じだ

見積書1
【値引き50万円 下取り車70万円】

見積書2
【値引き40万円 下取り車80万円】

見積書3
【値引き30万円 下取り車90万円】

営業マン営業マン

ヴォクシーの値引き額なんて、下取り車を使えば自由に操作できちゃうよ。

正直な営業マンならヴォクシーの「下取りなし」を提案してくれる

セールスマンは、客によってヴォクシーの値引き額に差をつけているのと同様に、下取り車の査定価格にも差をつけている。

しかし、通常は買取専門店よりも安い金額しかつけられないため、正直なセールスマンはヴォクシーの値引き交渉の際、下記自動車雑誌記事のように「下取りなし」にして買取専門店への売却をすすめてくれる(記事中では買取専門店のほうが16万円高い査定になった)。

下取りなし
↓拡大
拡大

価格

目標を決めて限界までヴォクシー/ハイブリッドの値引きを拡大する

2018年9月ヴォクシー値引き目標

ヴォクシー/ハイブリッド車両本体価格から28万円


限界・目標までヴォクシーの値引きを拡大する3つのコツ

  1. ライバル車(ステップワゴン、セレナ等)やヴォクシー同士を競合させる
  2. ディーラーオプション等、ヴォクシーの付属品からは20%の値引き率を目標にする
  3. 支払総額を下げるためにヴォクシーの下取り車は買取専門店とも競合させる

上記3つの中でも、ヴォクシーの下取り車を買取専門店と競合させることは特に効果的だ(ほとんどの場合、買取専門店の方が高い)

ヴォクシーを値引きさせるための競合は面倒だが、下取り車の競合はネットの無料一括査定サイトで簡単にできる。

目標

かんたん車査定ガイド

ヴォクシー値引き交渉実例の口コミを当ブログがレポートします!

自動車業界に勤務する当ブログの管理人があらゆる人脈を駆使してヴォクシー購入者から聞いた値引き交渉実例の口コミをレポート!

【ヴォクシー値引き実例】

  • 購入者
  • 20代男性

  • 納車時期
  • 2018年5月

  • 購入車両
  • ヴォクシーハイブリッドX

  • 値引き額
  • 値引き総額30万円(オプション等込み)

ヴォクシー購入の経緯

現在乗っている車は2ドアクーペだが、妻が妊娠して子供が生まれるにあたり買い替えを決意。

チャイルドシートに子供を乗せやすいスライドドアのミニバンを候補にあげる。

ミニバンといっても、シエンタ・フリードクラスから、ヴェルファイヤ・アルファードクラスまで様々だが、価格や大きさのバランスから2000CCクラスのミニバンに的を絞る。

赤ちゃんを乗せるために静粛性の高いハイブリッド車から車両を選ぶことにしたが、最後は価格に対する基本装備の充実性とデザインの好みでヴォクシーに決定。

検討車種

筆頭候補
【ヴォクシー】

デザイン的には最も好みだったのがヴォクシー。

フロントマスクの目つきがカッコいい。

価格も手ごろな上に値引きが大きく、筆頭候補となる。


対抗1
【ステップワゴン】

ハイブリッド車のスペックを見ると、ヴォクシー、セレナよりも圧倒的にパワーがある。

実際に試乗してみると、加速感はかなりのもので走りの良さは3車で断トツNo1。

しかし、最後までヴォクシーと迷うがデザイン的な好みからヴォクシーに軍配が上がる。


対抗2
【セレナ】

e-POWERが発売されたばかりということで試乗してみるが、普通のミニバンといった感じ。

発電のためのエンジンが頻繁にとまったりかかったりするのが気になり、また、値引きがとても少ないこともあって候補から脱落。

35万円の値引きを獲得したヴォクシー値引き交渉の実例を口コミレポート

【日産ディーラーでセレナの値引き交渉】

まずは、妻が最も好みのデザインだというセレナを見に行く。

ディーラー内は発売されたばかりのセレナe-POWERを大々的に売り出すキャンペーンみたいなものを行っていた。

セレナの話を切り出すと、当然のごとく営業マンはe-POWERを勧めてくる。

試乗車があるというので乗ってみると、思ったよりも普通のミニバンという印象。

試乗後にグレードや装備の説明を受けるが、オプションが複雑で装備を選ぶのに時間がかかる。

その後、見積もりをもらって値引き交渉をしたところ「値引きは10万円です」とかなり渋い返事。

発売されたばかりで値引きが少ないのは当然かもしれないが、予算的にも厳しく候補から脱落。


【ホンダディーラーでステップワゴンの値引き交渉】

続いては、日産ディーラーの向かい側にあるホンダのディーラーへステップワゴンのハイブリッドを見に行く。

外に展示されていた試乗車を眺めていると、営業マンが「ご試乗もできますよ」と言うので乗ってみることに。

試乗してみるとパワーがすごくて加速が速い。

モーターだけで184psもあるというのだからスペック通りの走りだ。

試乗が終わってからカタログをもらって説明を受けるが、ステップワゴンのハイブリッド車はスパーダにしか設定がなく、そのこともあってハイブリッド車で最も安いグレードでも車両価格は330万円もする。

そのことを指摘すると「ホンダセンシングも標準装備ですし、基本性能が高いですから」との返事であったが、最近の車はいろいろな装備をつけて価格が高くなりすぎているから、そのような装備がなくてもよいから安い方がいいというのが本音だ。

見積もりをもらって値引き価格を聞くと「値引きは20万円です」とのこと。

「持ち帰って検討します」と言って、店を出る。


【トヨタディーラーでヴォクシーの値引き交渉】

続いて、ヴォクシーを見に行くためにトヨタディーラーへ。

装備が過剰ではなく、価格も手ごろなヴォクシーハイブリッドは、今回の購入の筆頭候補だ。

ディーラーに着いて外にあるヴォクシーの展示車両を見るとフロントマスクがカッコいい。

一方で、妻は「目が怖い。セレナの方がよかった」とセレナに少し未練がある様子。

確かに最近の車は鋭い吊り目タイプが多くて、女性向きでないことは理解できるが、個人的にはヴォクシーが一番好みだ。

営業マンに声をかけて試乗もさせてもらうと、乗り味は3車でもっともマイルド(遅い!?)な感じ。

試乗後に、グレード・装備やオプションを決めて見積もりをもらう段階で値引きを尋ねると「値引きは25万円」とのこと。

他の2車よりも値引きは高いが、もう一歩といったところ。

一旦持ち帰る。



【自宅で検討】

家で妻と話し合って候補はヴォクシーで決まった。

装備やオプションをじっくり検討し直し、値引きについてもネットで調べてみるともう少し拡大できそうだ。

電話で予約を入れて再交渉する。

【トヨタディーラーでヴォクシーの値引き交渉】

前回の交渉から装備とオプションを一部変更したので見積書を作り直してもらう。

値引きについて再度交渉すると、こちらが本気で購入する意思を感じたのか、「では、28万円でいかがでしょうか」と前回よりも3万円アップ。

ここで、最後の勝負に出る。

「35万円値引きしてくれたら他のディーラーに行かずに契約しますよ」と伝えると、「店長と相談させてください」と言って奥に引っ込む。

10分後に戻ってきて「35万円でやらせてもらいます」との返事をもらったので契約。

ただし、下取り車の査定が45万円と安かったので、ネットの一括査定で66万円の値が付いた買取専門店に売却。
(完)



値引き レポート

営業マンは下取り車を値引きの調整弁に使っており、ヴォクシーが値引きされることを見込んで、この下取り車を甘く(安く)査定している。
営業マン営業マン

お客様のヴォクシー、30万円値引きさせて頂きました。

客

でもヴォクシーの下取り車となると、査定額がたったの60万円になるんですね。

買取専門店の査定は85万円だから、総支払額で考えると実質的な値引きは5万円ですよ(その手口知ってますので)。

相場

交渉

自動車雑誌読者が比較した実例
限界

<実際のページ>
口コミ

↓拡大
支払総額

下取り車


【ヴォクシーの値引き交渉情報まとめ】

  1. ヴォクシーの値引き相場に変化はなく、同程度で推移すると予想される
  2. ヴォクシーの2018年9月値引き相場は31万円
  3. 支払総額を下げるためには、ヴォオクシーの下取り車を買取専門(かんたん車査定ガイド )で査定(売却)すると効果的