トヨタ C-HR



2016年12月、トヨタは新型SUVとして、「C-HR」をデビューさせた。

このC-HRは、プリウスに続きトヨタが進めているTNGAの第2弾である。

TNGAって何?
新型プリウスより採用された、トヨタの新しいクルマづくりの思想のこと。

具体的な技術ではないことに注意。



カッコいいデザインだけでなく、このクラスとしては抜群の燃費を誇るハイブリッド車、全車にToyota Safety Sense Pが装備されるという高い安全性能などから発売直後から大人気となった。

そんなトヨタC-HRの購入検討者が気になるのは以下の内容ではないだろうか?

  • いくらで買えるの?C-HRの新車価格一覧
  • ハイブリッド車とガソリン車、どちらを選ぶ?
  • グレードによる違いは?装備の比較
  • C-HRの売れ筋とおすすめのグレードは?

当ブログではこれらの内容をわかりやすく解説!

トヨタC-HRのグレード一覧と新車価格・装備の違いを比較

以下に、トヨタC-HRのグレード一覧と新車価格を示す(特別仕様車は除く常時設定グレード)。

C-HRのグレードはとてもシンプルでわかりやすい。

CーHRのグレード構成と新車価格

ここがポイント!
  • パワートレインはハイブリッドとガソリン車(ターボ)の2種
  • ハイブリッド車のハイブリットシステムはプリウスと同一の1800CC、ガソリン車のターボシステムはオーリスと同一の1200CCターボ
  • ハイブリッドはFFのみ、ガソリン車は4WDのみの設定
  • ハイブリッド、ガソリン車にそれぞれ2種のグレードを用意



女

C-HRのグレード構成って、とてもシンプルでわかりやすくていいと思う。

男

そう。

グレード構成だけではなく、駆動方式もわかりやすい。

ハイブリッドはFFのみ、ガソリン車(ターボ)は4WDのみだからね。

この価格帯でここまで単純なのは珍しい。

ハイブリッド車のグレード一覧と新車価格

C-HR(ハイブリッド)の新車価格一覧
グレード 駆動方式 新車価格
(万円)
FF
291
265



男

FFのみでグレードは2つ

非常にシンプルだ。

もちろんパワートレインも同一で1800CCのハイブリッドシステムとなっている。

ガソリン車のグレード一覧と新車価格

C-HR(ガソリン車)の新車価格
グレード 駆動方式 新車価格
(万円)
GーT
4WD
278
SーT
252



男

駆動方式は4WD、エンジンは1200CCのターボだ。

ここを確認!

  1. ハイブリッド車とガソリン車の装備
  2. ハイブリッド車の「G」に対応するガソリン車のグレードは「GーT」であり、同様に「S」に対応するのは「SーT」となるが、この「G」と「GーT」、及び、「S」と「SーT」の装備についてはパワートレインの違いに由来するものを除けば基本的にほぼ同じである。

  3. ハイブリッド車とガソリン車の価格
  4. それぞれに対応する同一グレードで比較した際の価格差はたったの13万円しかない。
    通常、同一車種におけるハイブリッド車とガソリン車の価格差は30万円~50万円程度であるが、CーHRのガソリン車はターボ車かつ4WDであるためにハイブリッド車との価格差が少なくなっている。

ガソリン車とハイブリッド車、どちらを選ぶ?

C-HRを購入する際、まず最初にパワートレイン(ハイブリッド車 or ガソリン車)を先に選択する必要がある。

そのためには、上記の価格以外に動力性能と燃費の比較が必要だ。

パワー、燃費、価格差を天秤にかけて自分に最適なグレードを選択しよう。

動力性能の比較
ハイブリッド ガソリンターボ
最高出力
kW(PS)
エンジン
72(98)

モーター
57(72)
85(116)
最大トルク
N・m
(kgf・m)
エンジン
142
(14.5)

モーター
163
(16.6)
185
(18.9)

動力性能の差は少ない

ハイブリッド車のシステム最高出力は122PSとなっており、ガソリンターボの116PSと同程度だ。

実際に乗ったパワー感も大差はなく、どちらを選んでもよいだろう。

女

なるほど、走りについてはあまり違いがないのね。

となると問題は燃費よね。

男

では、C-HRの燃費を見てみよう。

燃費の比較
ハイブリッド ガソリンターボ
JC08
(km/l)
30.2
15.4
実燃費
(km/l)
約19
約12

経済的にはハイブリッド車がお得

上述した通り、対応する同一グレードで比較した場合、ハイブリッド車とガソリン車の価格差は約13万円だ。

この価格差をガソリン代で回収するにはどのくらいの距離が必要か考える。

前提条件
  • ガソリン単価
  • 130円/l

  • ハイブリッド車の実燃費
  • 19km/l

  • ガソリン車の実燃費
  • 12km/l

上記の条件を基に1km走行するために必要なガソリン代を計算すると以下のようになる。

  • ハイブリッド車
  • 130÷19=6.8円

  • ガソリン車
  • 130÷12=10.8円

このようにハイブリッド車が4円安くなり、13万円の車両価格を回収するには13万÷4=32500kmの走行距離となる。

これに加えてハイブリッド車は取得税、重量税等の減税が適用され、さらにリセールバリューも高いのだから13万円の価格差は十分にペイできるどころか、おつりがたっぷりとくるぐらいだ。

お金、燃費、走り以外の要素もある
  • ハイブリッド車は航続距離が長い
  • ガソリン車の燃料タンク容量は50L、ハイブリッド車は43Lであり、ハイブリッド車の方が若干少ないが、燃費が良いために航続距離はハイブリッド車のほうが長い。

    給油頻度が少なくてすむのでこの点はハイブリッド車が有利だろう。

  • ハイブリッド車は静粛性が高い
  • これはCーHRに限ったことではなく一般的によく言われていることであるが、ハイブリッド車はエンジンの作動時間が短く、車内は静かだ。

  • ガソリン車は車高が15mm高い
  • ハイブリッド車、ガソリン車の車高はそれぞれ1550mm、1565mmであり、ガソリン車のほうが15mm高い。

    一般的な機械式駐車場の高さ制限は1550mmが多いので、ガソリン車は機械式駐車場に停められないケースがあるだろう。

  • ハイブリッド車でしか選べないオプションがある
  • AC100V/1500Wコンセントが43,200円でオプション設定されているが、これはハイブリッド車でしか選択できない。


ガソリン車とハイブリッド車、売れ筋・おすすめはどちら?
売れ筋は断然ハイブリッド車で、こちらをおすすめ

C-HRの売れ筋は圧倒的にハイブリッドで販売比率の80~90%を占める

ガソリン車を選ぶ人は、雪国やアウトドアで4WDシステムを必要しているケースが多い。

つまり、ガソリン or ハイブリッドという視点での選択ではなく、4WD or FFという選択肢で選んでいるわけだ。



男

パワートレインが決まったら、次はグレード選びだ。

各グレードの違いを比較して解説!C-HRのおすすめグレードは?

さて、パワートレインが決まったら、次にグレードを選ぼう。

C-HRのグレード構成は、既に紹介した通りパワートレインごとに2種類ずつしか設定されていない。

各パワートレインごとに装備の違いを詳しく説明する。

どこか違う?ハイブリッド車のGとSを徹底比較!

C-HR G
C-HR G

C-HR S
C-HR S



ハイブリッド車の上級グレード「G」と標準グレードの価格差は26万円だ。

以下の装備の違いに26万円の価値を見出せるかどうかでグレードを選ぶことになる。

  1. ホイールの違い
  2. C-HRはパワートレインやグレードによる外観の違いがほとんどない。

    唯一あるとする大きな違いはアルミホイールだ。

    Gは18インチ、Sは17インチとなっており、サイズだけではなく見た目も大きく異なる。

    225/50R18タイヤ& 18×7Jアルミホイール(切削光輝+ブラック塗装/ センターオーナメント付)

    18タイヤ&18×7Jアルミホイール

    215/60R17タイヤ& 17×6 ½Jアルミホイール (シルバーメタリック塗装/ センターオーナメント付)

    17タイヤ&アルミホイール



    女

    Gの18インチのほうが断然かっこいいね。

    男

    うん、このサイズのアルミホイールは社外品に買い替えるとかなり高価だから、最初からカッコイイものが装備されているとありがたい。

  3. ドア周りの違い
  4. Gはドアベルトモールディング(下記画像の青矢印)がメッキで、Sはブラックだ。

    同様にドアウインドゥフレームモールディング(下記画像の黄色矢印)についても、Gはピアノブラックで、Sはただのブラックとなっている。

    G ドア周り

    S ドア周り



    男

    この差は、言われなくてはわからないくらい小さいからあまり気にしなくても良いと思う。

  5. LEDフォグランプ
  6. Gに標準装備でSはオプションとなる。

    LEDフロントフォグランプ

  7. ドアミラー足元イルミネーションランプ
  8. スマートキーを所持して夜間に車に乗り込むときに地面に車名が映し出される。

    Gに標準装備。

    C-HR 足元イルミネーション



    男

    この装備はなくてもいいんじゃないかな。

    最初の頃は珍しいかもしれないけど、3ヶ月もしたら飽きてると思う。

  9. フロントドアドアガラス
  10. Gは、フロントドアグリーンガラスにスーパーUVカット・IR<赤外線>カット機能がついている。

    c-hr スーパーUVカット・IRカット機能付きガラス

  11. 雨滴感応式オートワイパー
  12. Gに標準装備。

    雨滴感応式オートワイパー

  13. インナーミラーの自動防眩機能
  14. 後続車からのヘッドライトが眩しいと感知したら、自動的に照度を下げる機能。

    Gに標準装備。

    1. 作動前

      自動防眩インナーミラー 作動前
    2. 作動後

      自動防眩インナーミラー 作動後

  15. ブラインドスポットモニター
  16. ドアミラーの死角に存在する車両の存在を運転者に知らせる機能。

    後ろから車両が近づいてくると、ドアミラー内のインジケーターが点滅する。

    Gに標準装備。

    C-HR ブラインドスポットモニター

  17. クリアランスソナー&バックソナー
  18. 車庫入れなどの低速運転時、車両周辺の障害物との接触を避けるために超音波センサーが作動してマルチインフォメーションディスプレイに障害物の距離などを表示。

    Gに標準装備。

    c-hr クリアランスソナー&バックソナー

  19. シート表皮の違い
  20. 上級ファブリック(ブラック)+本革(ブラウン)

    c-hr シート表皮 上級ファブリック

    ファブック(ブラック)

    c-hr シート表皮 ファブリック

  21. フロントシート
  22. Gのフロントシートには、快適温熱シート(運転席・助手席)、電動ランバーサポート(運転席)が装備される。

    快適温熱シート

    快適温熱シート


  23. シートバックポケット
  24. Gには運転席・助手席シートの後ろにポケットが装備。

    シートバックポケット(運転席・助手席)

  25. インストルメントパネルの加飾の違い
  26. 金属調+ソフト塗装

    インストルメントパネル

    金属調塗装

    インストルメントパネル加飾(金属調塗装)

  27. ドアインナーガーニッシュの違い
  28. 金属調+ソフト塗装

    ドアインナーガーニッシュ(金属調+ソフト塗装)

    金属調塗装

    ドアインナーガーニッシュ(金属調塗装)

  29. センターコンソールの違い
  30. アッパー部の加飾が異なり、また、GはカップホルダーにはLEDイルミネーションが付く。

    ピアノブラック

    センターコンソールアッパー加飾(ピアノブラック)

    イルミネーション点灯時

    LEDイルミネーション付カップホルダー


    ブラック

    センターコンソールアッパー加飾(ブラック)

  31. パワーウインドゥスイッチベースの違い
  32. GとSで加飾が異なる。

    ブラック+ピアノブラック

    パワーウインドゥスイッチベース加飾(ブラック+ピアノブラック)

    ブラック

    パワーウインドゥスイッチベース加飾(ブラック)

  33. サンバイザーの照明
  34. Gにはサンバイザーに照明が付くが、Sにはない。

    運転席・助手席バニティミラー付サンバイザー(運転席チケットホルダー・照明付)

  35. ナノイー
  36. Gのエアコンにはナノイーが付く。

    ナノイー

  37. イルミネーテッドエントリーシステム
  38. Sはルームランプのみだが、Gはそれに加えフロントドアトリムアームレスト下部(下記画像)と前出のカップホルダーも光る。

    イルミネーテッドエントリーシステム

ガソリン車の「G-T」と「SーT」の違い

ガソリン車とハイブリッド車の装備はハイブリッドシステムに由来する装備以外は同一だ。

つまり、上記ハイブリッド車の装備における「G」と「S」の差は、そのまま「GーT」と「SーT」の差になる。



ここも重要!上位グレードでしか選択できないオプションとは?

上位グレード(G、GーT)と下位グレード(S、SーT)の標準装備の違いは上記のとおりだが、実は上位グレード(G、GーT)にしか選択できないオプションがあることを忘れてはならない。

  1. LEDヘッドライト、LEDリヤコンビネーションランプ
  2. CーHRは上位・下位グレードともにヘッドライトがハロゲン、リヤコンビネーションランプがバルブタイプであり、同一となっている。

    一般的にこの価格帯の車なら上位グレードはLEDランプが標準装備されていることが普通だが、CーHRは上位グレードでもLEDライトではないのだ。

    この点につき、上位グレードの「G」「GーT」はオプションでLEDランプを選択できるが(151,200円)、下位グレードの「S」「SーT」では選択できない。

    その上、LEDランプを装備するとウインカーはシーケンシャルターンランプ(流れるウインカー)になり、これがとてもカッコイイので、このオプションを選択できるか否かの差はグレード選びにも影響を与えると言ってよい大きなポイントだ。


  3. リヤクロストラフィックアラート
  4. CーHRに乗ってみるとわかるが、後方の視界は極めて悪い。

    よって、バック時には後方視界の確保に苦労するが、それを補助するのがこれ。

    駐車場から後退する際に、左右から接近してくる車両を察知し、ドアミラーのインジケーター点滅とブザーで運転者に注意を促し、万が一の見落としによる事故を防ぐ。

    バックカメラとのセットオプションで37,800円だ。

    リヤクロストラフィックアラート



男

上記2つ以外に上位グレードしか選択できないオプションとして本革シートがあるが、これはCーHR以外の多くの車種でも同じことだね。


C-HRで売れ筋・おすすのめのグレードはどちら?
売れ筋は断然上位グレードで、こちらをおすすめ

C-HRの売れ筋・おすすめは圧倒的に上位グレード(G、GーT)であり、各パワートレインにおいてそれぞれの販売比率の約90%を占める

価格差と装備の違いを比較したら当然の結果と言える。


~ドキュメンタリー C-HR購入~

C-HRを購入した他人の値引き金額や交渉内容って気になりませんか?

  • 何でC-HRを買ったの?
  • 値引きはいくらだった?
  • C-HRでお勧めのオプションは?

そんなC-HR購入の交渉過程を追いました。

潜入取材!⇩⇩⇩
実録C-HR購入値引き交渉レポート!