C-HR(CHR)/ハイブリッド2018年12月値引き相場と限界をレポート

トヨタC-HR

C-HR 値引き

男

トヨタのC-HR/ハイブリッドの新車を購入する際に、値引き率や値引き相場の収集は欠かすことができません。

特に、C-HR/ハイブリッドに関する下記の値引き情報は誰もが知りたいところだと思います。

  • 2018年12月におけるC-HR/ハイブリッドの値引き相場や目標・限界とする値引き額は?
  • デビュー当時、C-HRの値引き額は25万円程度が限界だったけど、今は最大いくらなのか知りたい
  • C-HR新車の値引き率を最大まで拡大する交渉の仕方は?
  • C-HR/ハイブリッドを実際に購入した人はいくらで契約したのかレポートして!
笑

このブログではC-HR/ハイブリッドの値引き情報を満載していますので、交渉の際は参考にしてくださいね。

2018年12月3日に発売になったC-HR特別仕様車についての値引きやベース車両との違いは下記のページで詳しく解説!

C-HR特別仕様車「Mode-Nero」「Mode-Bruno」の値引きとベース車両との違い

2018年12月C-HR/ハイブリッド値引き額の相場推移

【2018年12月】
C-HR/ハイブリッド値引き額の相場

総額28万円

C-HR/ハイブリット値引き額相場推移
年 月
オプション等込み
値引き総額
(万円)

2018年12月

28
2018年11月
28
2018年10月
28
2018年9月
28
2018年8月
24
2018年7月
23
2018年6月
25
※5月に一部改良
2018年5月
29
2018年4月
27
2018年3月
26
2018年2月
26
2018年1月
26

【C-HR値引き相場レポート】

C-HRは2018年5月に行われた一部改良の影響で若干値引きが渋くなっていた。

しかし、現在では一部改良前の水準に戻っており、値引き相場はしばらく横ばいが続くだろう。

なお、2018年12月に特別仕様車の販売が開始される見込みだ。

値引き相場の傾向
C-HRも含めた一般論として、ニューモデル登場時には値引きが渋いが、期間の経過とともに徐々に拡大していき、モデルチェンジ/一部改良等で再度渋くなるというサイクルを繰り返す(決算期等の季節要因よりもこの影響が大きい)。

決算期等はC-HRの値引き額が最大40万や50万に拡大する?

C-HRに限らず購入時期による値引き額の差は少ない

一般的には、「決算期やボーナス時期などはセールをやるからC-HRも値引き額が拡大する」と思われがちである。

しかし、上述したC-HR値引き推移の表を見ても明らかな通り、現在では決算期等の季節要因によって値引き価格が拡大したという傾向はほとんど見られない。

値引き価格が40万や50万であった場合でも「下取り車を安く査定して、浮いた差額で見かけ上のC-HRの値引き額を拡大させただけ」であることが多い。

C-HRの値引き交渉時にこの手法がよく使われていることは覚えておいたほうがよいだろう。

下取車を使ったC-HRの値引き操作例
下記のC-HR見積書における支払総額は同じだ

見積書1
【値引き40万円 下取り車100万円】

見積書2
【値引き30万円 下取り車110万円】

見積書3
【値引き25万円 下取り車115万円】

営業マン営業マン

C-HRの値引き額なんて、下取り車を使えば自由に操作できちゃうよ。

正直な営業マンならC-HRの「下取りなし」を提案してくれる

セールスマンは、客によってC-HRの値引き額に差をつけているのと同様に、下取り車の査定価格にも差をつけている。

しかし、通常は買取専門店よりも安い金額しかつけられないため、正直なセールスマンはC-HRの値引き交渉の際、下記自動車雑誌記事のように「下取りなし」にして買取専門店への売却をすすめてくれる(記事中では買取専門店のほうが16万円高い査定になった)。

下取りなし
↓拡大
拡大

価格

目標を決めてC-HR/ハイブリッドの新車値引き率を限界まで拡大する

【2018年12月】
C-HR/ハイブリッド新車値引きの目標

C-HRの車両本体から27万円


限界・最大までC-HRの値引き率を拡大する3つのコツ

  1. ヴェゼル等のライバル車やC-HR同士を競合させる
  2. ディーラーオプション等、C-HRの付属品からは20%の値引き率を目標にする
  3. 支払総額を下げるためにC-HRの下取り車は買取専門店とも競合させる

上記3つの中でも、CーHRの下取り車を買取専門店と競合させることは特に効果的だ(ほとんどの場合、買取専門店の方が高い)

C-HRの値引きを最大化するための競合は多数のディーラーに出向く必要があり面倒だが、下取り車の売却価格を最大化するための競合はネットの無料一括査定サイトを使えば自宅で簡単にできる。

目標

かんたん車査定ガイド

乗り出し価格はいくらで契約?トヨタC-HR値引き交渉レポート

自動車業界に勤務する当ブログの管理人が、あらゆる人脈を駆使してトヨタC-HRハイブリッドGの新車購入者から聞いた値引き交渉の口コミをレポート!
  1. C-HR購入者の属性
  2. 40代男性

  3. 契約時期
  4. 2018年10月

  5. 購入車両/グレード
  6. C-HRハイブリッド/G

  7. 値引き額はいくらだった?
  8. 値引き総額30万円(車両本体18万円+オプション12万円)。

  9. C-HR購入の経緯
  10. 2018年2月頃にハイブリッドの特別仕様車LEDエディションを買おうと思ったのですが、3件のディーラーで見積もりをとっても値引きは最大25万円が限界であり、乗り出し価格300万円以下という目標を達成できずに予算オーバーで断念。

    今回、乗り出し価格で総額350万円までならOKとの妻の許可を得たので、C-HRハイブリッドGの購入に至りました。

  11. C-HRの他に検討した車両
  12. 特になし。

  13. グレード(ハイブリッドG)を選択した理由は?
  14. 特別仕様車のLEDエディションは既に終売になってしまったので、どうせなら予算を限界まで使おうと考えて上位グレードのハイブリッドGを選びました。

またも値引きは最大25万?トヨタカローラ店でのC-HRハイブリッドGの新車値引き交渉をレポート!

C-HRハイブリッドGの値引き相場などを把握した後、まず最初に訪れたのは特別仕様車LEDエディションを検討していた時にも交渉したトヨタカローラ店。

当時はこのトヨタカローラ店の値引き額が最大であり、25万円を掲示してくれた。

前回の営業マンの名前を告げて久しぶりのご対面となるが、先方も覚えているので話は早い。

今回、特別仕様車のLEDエディションは販売終了となっているので、C-HRのハイブリッドGを検討していることを伝えると、カタログを取り出し色々と説明してくれた。

C-HRは当初からLEDヘッドライトを標準設定したグレードがなく、今時LEDヘッドライトが標準装備のグレードがないというのはおかしいという声もあって2018年5月の一部改良で特別仕様車LEDエディションを廃止して標準装備にしたそうだ(下位グレード除く)。

新しいカタログを見ると、C-HRのハイブリッドGは標準装備が充実していてメーカーオプションの選択肢が5つしかない

一方で、車体色はツートーンカラーもあるので豊富なラインナップから選べる楽しさがある。

車体色・メーカーオプション・ディーラーオプションと全て選んで見積書をもらうと、乗り出し価格で約350万円となり予算内にぴったり収まった。

しかし、値引き額が書いてないので聞いてみると、C-HRの値引きは最大25万円が限界とのこと。

40万や50万ではないのだからこの値引き額がC-HRの限界とは信じられない。

前回の特別仕様車LEDエディションの交渉の際に、限界値引きを試みて粘りに粘った末に買わなかったことから面倒な客と思われていかもしれないと考え、早々に見切りをつける。

トヨタ店で値引き総額40万目指すも28万が限界

このトヨタ店も以前特別仕様車LEDエディションを検討していた時に何度か値引き交渉に来たことがあり、そのとき担当となった営業マンとは顔見知りになっている。

ただ、こちらもカローラ店と同様に前回の交渉で「40万や50万といった限界まで値引きしてください」という無理なお願いをしてしまったことが気になる。

トヨタ店につくと、前回の担当者の名前を告げ「今回は総額350万円まで予算の許可がでましたので、C-HRハイブリッドGを検討しています。」と伝えると「お久しぶりですね」と覚えてくれていた様子。

C-HRハイブリッドGなら同一グレードの試乗車もあるというので、案内してくれた。

LEDヘッドランプだけでなく、憧れのシーケンシャルターンランプを点灯させてもらう。

LEDヘッドランプ+シーケンシャルターンランプ
18インチアルミホイールもカッコいい。
18インチアルミホイール
電動パーキングブレーキも先進的で気に入っている。
電動パーキングブレーキ

試乗してみると洗練された乗り味で、車高が高いのに高速でのコ―ナーリングも安定している。

マクファーソンストラット式のフロントサスペンションダブルウィッシュボーン式のリヤサスペンションは何度もテストを行って味付けされた設定だという。

見た目も走りも装備も文句なしであり、試乗後に見積もりをもらうとこちらは最初から値引き額が記載されており、値引き総額25万円で乗り出し価格は約325万円。

ここから前回同様に粘って交渉を続けると値引き額は28万円まで拡大したものの、この程度ではC-HRハイブリッドの平均的な値引き相場といったレベルだ。

トヨタ店に見切りをつけてネッツ店に向かう。

ネッツ店ではこれまで最大となるC-HRの値引き総額30万円で契約

ネッツ店は初めて行く店であり、ディーラーにつくとC-HRハイブリッドGの購入を考えていますと伝えて席に案内してもらう。

担当となった営業マンが熱心に説明してくれるが、こちらが聞きたいのはC-HRの新車の話というより値引き率の話なので軽く聞き流す。

15分程度話を聞いてから見積書を作ってもらうと、こちらは値引き総額20万円で乗り出し価格が330万円となっている。

ここでこれまでの経緯を正直に話し、限界まで最大に値引きしてくれれば本日契約することを伝えると、営業マンは席を外して店長を呼んでくる。

「C-HRはうちでも販売に力を入れていますので本日契約していただけるなら30万円の値引きでやらせて頂きます」とのことなので、これで契約。

ただし、C-HRの下取り車の査定が55万円と安かったので、ネットの一括査定で70万円の値が付いた買取専門店に売却。



値引き レポート

営業マンは下取り車を値引きの調整弁に使っており、C-HR/ハイブリッドが値引きされることを見込んで、この下取り車を甘く(安く)査定している。
営業マン営業マン

お客様のC-HR、30万円値引きさせて頂きましたので、これが限界です。

客

でもC-HRの下取り車となると、査定額がたったの55万円になるんですね。

買取専門店の査定は70万円だから、支払総額で考えたら実質的な値引きは15万円ですよ(その手口は知ってますので)。

相場

交渉

自動車雑誌読者が比較した実例
限界

<実際のページ>
口コミ

↓拡大
支払総額

下取り車


【C-HRの値引き情報まとめ】

  1. C-HRは2018年5月の一部改良により値引き額がやや渋い状態であったが、その後の値引きは拡大傾向にあり現在は元の水準に戻っている。
  2. C-HRの2018年12月値引き相場は28万円
  3. 支払総額を下げるためには、C-HRの下取り車を買取専門店(かんたん車査定ガイドがおすすめ )で査定(売却)すると効果的