新型CR-Vの内装や車内の画像を解説!シートや収納はどうなの?

cr-v 内装
男

新型CR-Vを購入するときに気になるのが、内装や車内の様子だ。

特に、新型CR-Vの内装に関する下記の情報は誰もが知りたいところだろう。

  • 新型CR-Vで7人乗りの3列シートがあるの?
  • Masterpieceは内装色が選べるって聞いたけど?
  • 大開高電動パノラミックサンルーフについて知りたい
  • CR-Vの収納は豊富なの?
笑

当ブログでは、新型CR-Vの内装に関する上記の情報を徹底解説しています!

7人乗り3列シートも用意された新型CR-Vの車内・シートを画像で解説!

ここがポイント!
  • EX/ハイブリッドEXのシートはファブリックで色はブラックのみ
  • Masterpiece系は本革シート採用でシート色も2色から選べる
  • 7人乗り3列シートが設定されているのはガソリン車のみ

EX/ハイブリッドEXの車内・シートを画像でチェック!

EX系 車内画像
女

まずは下位グレードのEX/ハイブリッドEXだけど、材質はファブリックで色はブラックのみということね。

男

そう、ファブリックだけど独特の光沢により高級感があって決して安っぽくはないよ。

シート ブラック ファブリック
男

その上、以下4つの機能もついているのだから快適だ。

CR-Vのシートはここが快適!
  1. 運転席8ウェイパワーシート
  2. 運転席8ウェイパワーシート

  3. 運転席4ウェイ電動ランバーサポート
  4. 運転席4ウェイ電動ランバーサポート

  5. 運転席&助⼿席シートヒーター
  6. 運転席&助⼿席シートヒーター

  7. ドライビングポジションシステム
  8. ドライビングポジションシステム
女

下位グレードのEX/ハイブリッドEXでもこんなに豪華な装備が採用されているんだね。

価格が高いだけあるわ。

上位グレードのMasterpieceはどうなっているのかしら?

男

では、Masterpieceのシートを見てみよう。

Masterpiece/ハイブリッドMasterpieceの車内・シートを画像でチェック!

男

前述した通りMasterpieceのシートは本革であり、色はブラックorブラウンから選択できる。

本革シート(ブラック)

ブラック 本革シート


本革シート(ブラウン)

ブラウン 本革シート

女

ブラックとブラウンでは同じCR-Vでも室内の雰囲気はだいぶ変わるね。

ところで、シートの機能面ではEX系と違いはあるの?

男

Masterpieceは助手席4ウェイパワーシートが採用されているよ。

助手席4ウェイパワーシート
男

他に車内の違いで大きいのは、Masterpieceには電動パノラミックサンルーフが装備されていることだろうね。

電動パノラミックサンルーフの開放感はとても快適だ。

大型パノラミックサンルーフ
女

日差しが強いときはスイッチ一つでガラスを屋根で覆うこともできるのもいいね。

男

ところで、新型CR-Vでは7人乗りの3列シートの設定が大きなトピックスと言えるけど、2列シートと3列シートを比較してみよう。

新型CR-Vの2列シートは広くて快適

男

まずは5人乗りの2列シートから。

当然のことながら、後席は3列シートより足元のゆとりがある。

5人乗り2列シート
男

画像ではわかりにくいけど、後席の足元が広いから十分に足を伸ばせる。

2列シート 後席 広い
男

2列目シートはワンタッチで簡単に6:4で分割可倒できる。

  1. ワンタッチ操作

    下記画像は室外側からのワンタッチ操作だが、シート上部のレバーにより室内側からも操作可能。

    ワンタッチ操作
  2. 片側シートを倒したところ

    片側シートを倒したところ
  3. 両側シートを倒したところ

    両側シートを倒したところ
男

3列シートだと価格が約20万円近くも高くなるから、5人以上乗車する機会がないならば2列シートがおすすめだ。

7人乗れる3列シートはガソリン車のみに設定

男

新型CR-Vでは、ガソリン車のみに設定された3列シートが注目を集めている。

女

ハイブリッドにはなぜ3列シートの設定がないの?

男

ハイブリッドシステムを納めるスペースが必要になるから、ガソリン車のみにしか設定できないんだ。

新型CR-Vの3列シートの車内はこんな感じだ。

3列シート
女

画像を見ると3列目シートは少し狭い気がする。

男

そうなんだ。

2列シート車と同じボディーサイズで3列シートを納めているから、こればかりは仕方ない。

3列シート 狭い
男

ただ、2列目シートは前後150mmスライドするし3列目シートもリクライニングできるから、体形に合わせてシートポジションシを設定すればいいんじゃないかな。

シートは簡単に折りたたみできるから乗り降りしやすいし、3列シートは便利だと思うよ。

3列目シートで快適に過ごすポイント

  1. 2列目シートは150mmスライドするから最適なポジションを決められる
  2. 150mmスライド

  3. 2列目シートは簡単に折りたためるから乗り降りは簡単
  4. 折りたたみ

  5. 3列目シートはリクライニング可能
男

続いては、新型CR-Vのインパネなど運転席周りを見てみよう。

新型CR-Vのインパネ・運転席周りは先進的

ここがポイント!
  • ハイブリッド車はエレクトリックギアセレクターを採用
  • マルチインフォメーションディスプレイが先進的な印象を与える
  • ハンドルは全車本革巻きを標準装備
男

新型CR-Vの運転席・コクピット周辺の装備を解説するよ。

注意書きがない限りは全車標準装備だ。

  1. エレクトリックギアセレクター
  2. エレクトリックギアセレクター
    男

    ハイブリッド車のみの装備になるけど、このエレクトリックギアセレクターというのは新型CR-Vにおいて注目すべきポイントだと思うね。

    女

    どんなところに注目すべきなの?

    男

    使い勝手が良いんだよ。

    例えば、電子制御パーキングブレーキはスイッチ一つでパーキング状態になる

    電子制御パーキングブレーキ
    男

    また、オートブレーキホールド機能も同様で、スイッチ一つ押せばブレーキペダルから足を離しても停車状態が保たれるから足がとても楽だ。

    オートブレーキホールド

  3. マルチインフォメーションディスプレイ
  4. マルチインフォメーションディスプレイ
    男

    最近の車ではよく採用されているマルチインフォメーションディスプレイ。

    直観的に多くの情報をドライバーに提供してくれる。

    ホンダ車としては国内初となるドライバー注意力モニターも採用した。

    ドライバー注意力モニター

    ドライバー注意力モニター


  5. 本革巻きステアリングホイール
  6. 本革巻きステアリングホイール
    男

    新型CR-Vに限らず、SUVクラスではステアリングホイールを全車標準装備するのがトレンドになっている。

    なお、ガソリン車にはパドルシフトが装備されている。

    パドルシフト

    パドルシフト


  7. アームレスト付きセンターコンソールボックス
  8. アームレスト付きセンターコンソールボックス

新型CR-Vの収納はやや少なめ

男

最後に、新型CR-Vの収納スペースを見てみよう。

最初に断っておくと新型CR-Vにおける収納スペースの絶対量は少ないんだけれど、SUVクラスは他車でも似たようなものなんだ。

全体的にこのクラスの車両は収納が足りないという口コミが目立つけど、デザイン重視の設計であるだけに仕方がない。

  • フロントドアポケット
  • フロントドアポケット

  • リアドアポケット
  • リアドアポケット

  • 2列目センターアームレスト
  • 2列目センターアームレスト
女

あれ、これだけ?

少ないんだねえ。

男

あとは、前述したセンターコンソールボックスに3つのモードがあるからがあるからそれを解説しよう。

  1. 通常モード

    通常モード
  2. BOXアクセスモード

    BOXアクセスモード
  3. 大容量開放モード

    大容量開放モード
笑

以上が新型CR-Vの内装に関する情報になるけど、CR-Vを買うなら下記の値引き交渉の情報も参考になると思うよ。

~CR-V購入レポート~

他のCR-V購入者はどのような値引き交渉をしたのか気になりませんか?

  • CR-Vの値引き価格はいくらだった?
  • おすすめのオプションは何?
  • CR-Vを選んだ理由は?

下記ページでCR-V購入者の値引き交渉過程を取材しました!

潜入取材!⇩⇩⇩
値引き相場も解説のCR-V交渉レポート!