CX-5特別仕様車Exclusive Modeの値引き・口コミ・評価

CX-5特別仕様車Exclusive Mode 値引き
笑

2018年10月11日、CX-5特別仕様車Exclusive Modeが発売になることが正式発表され、2018年11月22日から販売開始になります。

当ブログでは、自動車業界に勤務する管理人が独自のルートで入手したCX-5特別仕様車Exclusive Modeの値引き情報や、口コミ・評価・ベースグレードとの違いをお伝えします。

CX-5特別仕様車Exclusive Mode2018年11月の値引き価格相場

CX-5特別仕様車Exclusive Modeは2018年10月11日に正式発表されたばかりであり正式な発売日となる2018年11月22日までは予約販売となる。

値引き相場は通常のCX-5と大きく変わることはないが、一部改良したばかりの予約販売であるため、値引きは渋い。

2018年11月
CX-5特別仕様車値引き相場

オプション等込みで20~25万円

CX-5特別仕様車の値引き総額平均値は20~25万円で、内訳は車両本体から15~20万円、付属品等から5万円といったところだ。

CX-5特別仕様車の値引きはここに注意!

相場より値引きが大きい場合は「下取り車を安く査定して、浮いた差額で見かけ上のCX-5特別仕様車の値引きを拡大させただけ」であるケースが目立つ。

CX-5特別仕様車の値引き交渉時にこの手法がよく使われていることは覚えておいたほうがよいだろう。

下取車を使ったCX-5特別仕様車の値引き操作例
下記見積書におけるCX-5特別仕様車の支払総額は同じだ

見積書1
【値引き30万円 下取り車100万円】

見積書2
【値引き20万円 下取り車110万円】

見積書3
【値引き10万円 下取り車120万円】

営業マン営業マン

CX-5特別仕様車の値引き額なんて、下取り車を使えば自由に操作できちゃうよ。

正直な営業マンならCX-5特別仕様車の「下取りなし」を提案してくれる

セールスマンは、客によってCX-5特別仕様車の値引き額に差をつけているのと同様に、下取り車の査定価格にも差をつけている。

しかし、通常は買取専門店よりも安い金額しかつけられないため、正直なセールスマンはCX-5特別仕様車の値引き交渉の際、下記自動車雑誌記事のように「下取りなし」にして買取専門店への売却をすすめてくれる(記事中では買取専門店のほうが16万円高い査定になった)。

下取りなし
↓拡大
拡大

価格

目標を決めて限界までCX-5特別仕様車の値引きを拡大する

2018年11月
CX-5特別仕様車値引き目標

オプション等込み値引き総額28万円


目標・限界までCX-5特別仕様車の値引きを引き出す3つのコツ

  1. ライバル車や(経営の異なるマツダディーラーがあれば)CX-5特別仕様車同士を競合させる
  2. ディーラーオプション等、CX-5特別仕様車の付属品からは20%の値引き率を目標に
  3. 支払総額を下げるためにCX-5特別仕様車の下取り車は買取専門店とも競合させる

上記3つの中でも、CX-5特別仕様車の下取り車を買取専門店と競合させることは特に効果的だ(ほとんどの場合、買取専門店の方が高い)

CX-5特別仕様車の値引きを最大化するための競合は多数のディーラーに出向く必要があり面倒だが、下取り車の売却価格を最大化するための競合はネットの無料一括査定サイトを使えば自宅で簡単にできる。

目標

かんたん車査定ガイド

CX-5特別仕様車Exclusive Modeの口コミや評価

男

CX-5特別仕様車Exclusive Modeの契約者・検討者の口コミや評価は気になるところだが、当ブログでは独自にこれらの情報を収集したので公開するよ。

「内装や装備内容はこれ以上ないくらい豪華」との口コミ・評価

CX-5特別仕様車Exclusive Modeは、そもそものベースグレードがガソリン車・ディーゼル車それぞれの最上級グレードです。

それを上回る装備ということで価格も30万円以上高くなりますが、内装や装備の充実を考えれば決して高くはないと思います。

360℃ビューモニターや10スピーカーのBOSEサウンドシステム、本杢を使用した内装やなナッパレザーのシートなど、所有する満足感は価格差以上あるのではないでしょうか。

Exclusiveの名前にふさわしい内容だと評価しています。

装備が充実しているおかげで、メーカーオプションがほとんどありません。

「MTとの相性は抜群に良い」との口コミ・評価

CX-5特別仕様車XD Exclusive Modeにもディーゼル車の他グレードと同様に6MTが設定されました。

45.9kgf・mという強力なトルクを誇るディーゼルエンジンとの組み合わせは最高に相性が良いのではないでしょうか。

知人がCX-5のディーゼル(AT)に乗っているので運転させてもらったことがあるのですが、この加速をMTで運転したら絶対に気持ちが良いだろうと思いました。

今回の改良前の購入者の評価では、SKYACTIVE-D2.2とMTの組み合わせを待望する口コミがありましたので、それが実現されました。

納車が待ち遠しくて仕方ありません。

「新開発された2.5ターボにMTがないのは不満」との口コミ・評価

口コミでは新たに開発されたガソリンの2.5ターボもエンジンの出来はかなり良いと評価されているようです。

この動画を見れば2.5tの性能・評価が高いことは明らかなので、ディーゼル車と同様に6MTを設定して欲しかったです。

新開発のエンジンということで開発が間に合わなかった可能性もありますが、いずれは2.5ターボ+6MTの組み合わせで運転してみたいですね。

CX-5特別仕様車Exclusive Mode値引き交渉レポート!ベースグレードとの違いも解説

自動車業界に勤務する管理人が、あらゆる人脈を駆使してCX-5特別仕様車Exclusive Mode購入者から聞いた値引き交渉内容の口コミをレポート!
  1. CX-5特別仕様車購入者の属性
  2. 30代男性

  3. 契約時期
  4. 2018年10月

  5. 購入車両/グレード
  6. CX-5特別仕様車/25T Exclusive Mode

  7. 値引きはいくらだった?
  8. オプション込みで22万円の値引きでした。

  9. CX-5特別仕様車購入の経緯
  10. 口コミなどでCX-5の評判が良いのでWEBカタログを眺めていたら、フロントマスクのデザインもカッコいい上に、2018年10月に一部改良が発表されてMTや2.5ターボなども追加されたとの事で興味を持ちました。

  11. グレード(特別仕様車25T Exclusive Mode)を選択した理由は?
  12. MTもあるXD Exclusive Modeと迷ったのですが、新開発のガソリンターボエンジンは上の伸びが良いとの事ですし、静粛性もディーゼルエンジンより高いと聞いてガソリン車の2.5ターボに決めました。

    うちは車をあまり買い替えないので、最高グレードの25T Exclusive Modeを選びました。

CX-5特別仕様車25TExclusive Mode値引き交渉の口コミをレポート

事前にカタログを取り寄せてある程度予習し、値引き相場もネットで把握してからディーラーに向かう。

2018年10月11日に一部改良が公表されたばかりであるから値引き相場は渋いようであるが、限界まで拡大させたいところだ。

近所のマツダディーラー出向き、CX-5特別仕様車Exclusive Modeの2.5ターボのほうを検討していることを伝える。

すると、出迎えてくれた営業マンは席に案内してくれ、ベースグレードである25T L パッケージとの違いを説明してくれた。

ベースグレードと特別仕様車Exclusive Modeの違い

営

まず、特別仕様車Exclusive Modeのポイントは以下の通りです。

CX-5特別仕様車のポイント!
  • 特別仕様車Exclusive Modeは、ガソリン車とディーゼル車にそれぞれ設定されているが特別仕様車としての装備内容は同一
  • ガソリン車のべース車両は「25T L パッケージ」、ディーゼル車のベース車両は「XD L パッケージ
  • 新車価格はベースグレードから税抜きで30万円のアップ
営

続きまして、ベース車両との違いを説明させて頂きます。

  1. 安全装備の違い
  2. 営

    ベース車両も含めた他グレードでは全てオプション設定になっている「360°ビュー・モニター+フロントパーキングセンサー」が標準装備されています。

    360°ビュー・モニター+フロントパーキングセンサー

  3. 視界装備の違い
  4. 営

    自動防眩ルームミラーについて、特別仕様車Exclusive Modeはフレームレスになっております。

    自動防眩ルームミラー(フレームレス)

  5. 内装の違い
  6. 営

    「インパネデコレーションパネル」と「ドアトリムデコレーションパネル」に本杢を使用しております。

    インパネデコレーションパネル
    ドアトリムデコレーションパネル



    営

    ステアリングホイールについては、中央にメッキリングを加飾し、6時ベゼルは本革巻きになっております。

    ステアリングホイール(中央メッキリング 6時ベゼル本革巻)



    営

    メーターはTFTカラーの7インチマルチスピードメーターを採用しています。

    TFTカラーの7インチマルチスピードメーター



    営

    シートの材質はナッパレザーで、色も専用色のディープレッドとなっております。

    ナッパレザー ディープレッド



    営

    運転席&助手席はシートベンチレーション機能も採用しています。

    運転席&助手席シートベンチレーション



    営

    天井とピラーの色は専用色のブラックとなっております。

    天井 ピラー ブラック



    営

    以下の箇所にメッキ加飾を施しています。

    ・グローブボックスレバー
    ・パワーシート操作スイッチ部
    ・ドアトリムスイッチパネル加飾



    営

    以下の箇所の電球がLEDバルブとなっております。

    ・バニティーミラー
    ・マップランプ
    ・ルームランプ/ラッゲージルームランプ



    営

    上記以外にも、他グレードがオプションである「オーバーヘッドコンソールLEDダウンライト」「足元LED間接照明」が標準装備となります。

  7. 装備類の違い
  8. 営

    「Boseサウンドシステム+10スピーカー」が標準装備ですから音響は抜群に良いです。

    Boseサウンドシステム+10スピーカー
    営

    その他、「CD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー(フルセグ)」も標準装備です。


  9. 外装の違い
  10. 営

    高輝度ダーク塗装の19インチアルミホイールを採用しています。

    高輝度ダーク塗装の19インチアルミホイール



この内容で30万円程度しか価格の違いがないなら、Exclusive Modeはかなり魅力的だ。

今すぐにでも契約したい衝動を抑えながら値引き交渉に移る。

CX-5特別仕様車Exclusive Mode2.5ターボ値引き交渉の口コミレポート

CX-5特別仕様車の値引き交渉1回目

CX-5特別仕様車Exclusive Modeはあらゆる装備がほとんど装備されているのでオプションの選択もディーラーオプションがメインとなり、ボディーカラー等も含めてすべて選択した後、見積書を作成してもらうと支払総額は約422万円で値引き額の記載はない。

値引き価格を聞いてみると10万円引きとのこと。

一部改良したばかりだから仕方がないのかもしれないが、車両価格からすると値引き率はかなり低い。

1回目の値引き交渉はここまでで帰宅。


CX-5特別仕様車の値引き交渉2回目

1回目の値引き交渉後、自宅でじっくりとCX-5の値引き相場や限界値引き額を調べると、改良直後は値引きが渋い傾向にあるようだ。

あまり粘っても大幅に値引きが拡大することはなさそうだったので、2回目の交渉で契約するつもりで印鑑を持参する。

ディーラーに到着し、早速値引き交渉を行うと前回よりも5万円拡大して15万円引きとなり、支払総額は約407万円。

キリが良く、乗り出し価格で400万にしたいので、あと7万円値引きを拡大させることを目標にする。

ここで伝家の宝刀である印鑑をちらつかせ、「値引きをあと7万円拡大せてもらえれば支払総額が400万になり、キリの良い金額になります。この金額であれば今すぐに契約します。」と伝えると、店長に相談すると言って奥に戻り、5分後、許可が出たとの事で契約。

ただし、CX-5特別仕様車の下取り車の査定は83万円と安かったので、ネットの一括査定で105万円の値が付いた買取専門店に売却。



値引き レポート

営業マンは下取り車を値引きの調整弁に使っており、CX-5特別仕様車が値引きされることを見込んで、この下取り車を甘く(安く)査定している。
営業マン営業マン

お客様のCX-5特別仕様車ですが、22万円値引きさせて頂きましたのでこれが限界です。

客

でもCX-5特別仕様車の下取り車となると、査定額がたったの83万円になるんですね。

買取専門店の査定は105万円だから、総支払額で考えたら値引きは0ですよ(その手口は知ってますので)。

相場

交渉

自動車雑誌読者が比較した実例
限界

<実際のページ>
口コミ

↓拡大
支払総額

下取り車