エクリプスクロスの新車価格とグレードの違いを比較!おすすめや売れ行きは?

三菱エクリプスクロス 価格

2018年3月1日、三菱自動車にとっては2014年以来となるニューモデル「エクリプスクロス」が満を持して投入された。

ここ数年は、三菱自動車にとって実に苦しい時期であったに違いない。

「エクリプスクロス」はそんな苦難を乗り越え、今最も旬なジャンルであるコンパクトSUV市場に放たれた渾身の意欲作だ。

2018年12月13日に一部改良が実施され、より一層、装備内容が充実している。


ポイント1
全グレード同一の1.5Lダウンサイジングターボエンジンは良く走る!

主

新開発された1.5Lターボエンジンは、自然吸気だと2500CCエンジンに相当するトルクを低回転から発生させ、加速は鋭い。

高速域でのコーナリングもふらつきがほとんどなく、スポーツカーに近い感覚で運転できる。

この走りは試乗して確かめるべき!

ポイント2
シンプルなグレード構成ながら低グレードでも装備が充実!

主

エクリプスクロスは2グレード+1サブグレードという極めてシンプルなグレード構成。

しかし、下位グレードにおいても本革巻きステアリングホイールや16インチアルミホイール、パドルシフトなど装備は充実している。

エクリプスクロスのグレード構成と新車価格

男

以下に、エクリプスクロスのグレード一覧と新車価格を示すよ。

グレード構成は極めてシンプルであり、下位グレードでも不満の少ない装備内容だと思うね。

全グレード共通
  • エンジンは1500CCターボ
  • 全グレードでFFと4WDの設定があるが、同一グレードにおける装備内容の違いは駆動方式の違いに関連する内容のみであり、基本的には同じと考えてよい

エクリプスクロス新車価格
グレード 駆動 新車価格
M
FF
254
4WD
276
G
FF
272
4WD
293
G プラス
パッケージ
FF
289
4WD
311

※一万円未満四捨五入

エクリプスクロスの各グレードの違いを比較

男

ここでは、エクリプスクロスの各グレードについて、装備内容の違いを解説するよ。

Mグレードの装備

Mグレード



女

下位グレードの「M」だけど、装備内容は充実しているみたいだね。

男

うん、まず「M」の基本装備を見てみよう。

Mの装備
【基本装備】

  • ホイール
  • 16インチアルミホイール

  • ヘッドランプ
  • ハロゲン(オートマチックハイビーム機能付き)

  • ハンドル
  • 本革巻き

  • シート表皮
  • ファブリック

  • キー
  • スマートキー

【その他の装備】

  • LEDデイライト/LEDポジションランプ
  • LEDリヤコンビネーションランプ
  • LEDターンランプ付き電動格納式リモコンドアミラー
  • マルチインフォメーションディスプレイ
  • パドルシフト
  • 左右独立温度コントロールフルオートエアコン
  • ステアリングリモコンオーディオスイッチ
  • 衝突被害軽減ブレーキシステム
  • 車線逸脱警報
  • 誤発進抑制機能
  • SRSサイド&カーテンエアバッグ、運転席SRSニーエアバッグ
  • アイドリングストップ機能
  • クルーズコントロール
  • 雨滴官能オートワイパー
  • アクティブヨーコントロール

(4WDのみの装備)

  • S-AWCドライブモードセレクター



女

下位グレードでも本革巻きステアリングと16インチアルミアルミホイールを装備しているんだね。

男

アルミホイールは2018年12月13日の一部改良で切削光輝仕上げに変更されて、スタイリッシュになったんだ。

安全装備も充実しているし、このグレードでも大きな不満はないと思うよ。

女

ただ、一つ上の「G」グレードとの価格差が17~18万円程度しかないよね。

男

価格差と装備内容の違いを比較して決めるしかない。

では、Gグレードの装備を見てみよう。

Gグレードの装備

Gグレード



男

「G」グレードと「M」グレードの主な違いは以下のとおりだ。

価格差と装備内容を考えるとお得感が高いだろうね。

  • アルミホイールが16インチ→18インチ
  1. Mグレード

    16インチアルミホイールでタイヤサイズは215/70

    16インチアルミホイール
  2. Gグレード

    18インチアルミホイールでタイヤサイズは225/55

    Gグレード 18インチアルミホイール



女

サイズが2インチも違うだけでなく、デザインにも違いがあるのね。

  • ヘッドライトがハロゲン→LED
エクリプスクロス LEDヘッドライト
女

この違いも大きいね。

男

LEDの青白い光源はカッコいいからね。

  • レーダークルーズコントロール装備
レーダークルーズコントロールシステム[ACC]



女

「M」グレードはクルーズコントロールが装備されているけど、これは単純に一定速度で走行するだけの機能しかないんだよね。

男

そうなんだ。

これが、「G」グレードにおいては電磁波レーダーが加わり「レーダークルーズコントロール」(ACC)となることによって、先行車の加速・減速・停止に自動追従するようになる。

30km/h以下でも動作するから、渋滞時などでは疲労感がだいぶ違うだろうね。

ここもチェック!

パーキングレーキも変わる

レーダークルーズコントロールの採用に関連した機能として、「G」ではパーキングブレーキが電動式になる。

電動式であれば、先行車に追従停車した後でパーキングブレーキを自動で作動させ、停止状態を保てるからだ。

この機能がない場合、自動停車した後にドライバーがブレーキペダルを踏まないと、数秒後には車両がクリープ走行を始めてしまう。

つまり、クルーズコントロールを全車速追従型とするには、この電動パーキングブレーキが不可欠となる。

見た目的にもブレーキレバーより先進的だ。

  1. サイドブレーキ(Mグレード)

    パーキングブレーキレバー
  2. 電動パーキングブレーキ(Gグレード)

    電動パーキングブレーキ

  • 衝突被害軽減ブレーキシステムの性能アップ
男

エクリプスクロスでは、「M」グレードでも「衝突被害軽減ブレーキシステム」が装備されているけど、「G」グレードではこの作動速度域がアップしているよ。

  1. Mグレード

    ・対歩行者作動速度上限 65km/h
    ・対車両作動速度上限  80km/h

  2. Gグレード

    ・対歩行者作動速度上限 65km/h
    ・対車両作動速度上限  180km/h


  • ヘッドアップディスプレイ装備
女

ダッシュボードの上の透明なプラスチック板(ディスプレイ)に、車速やレーダークルーズコントロール等の走行情報を表示する装備だね。

男

エンジンを始動すると、格納されていたディスプレイが起き上がるというのも気持ちを盛り上げるよ。

  1. エクリプスクロス ヘッドアップディスプレイ
  2. ヘッドアップディスプレイ

  • フロントマスクの加飾
女

フロントマスクも少し加飾がされているみたいだね。

男

フロントマスクは2点の違いがある。

まず、1点はフロントグリルシルバー+メッキの加飾がされていることだ。

もう1点は、フロントバンパーセンターにもピアノブラック加飾がされている。

エクリプスクロス フロントマスク

  • サイドドアガーニッシュの加飾
男

サイドドアガーニッシュがシルバーに加飾されているよ。

サイドドアガーニッシュ



男

上記以外の「G」と「M」の主な違いは、テールゲートガーニッシュの加飾と自動防眩ルームミラーの有無くらいだね。

【2018年12月13日追記】

2018年12月13日の一部改良において、G以上のグレードでは以下の装備が標準装備となった。

  1. 前席シートヒーター
  2. 前席シートヒーター

  3. 運転席から全席の窓をワンプッシュで開閉可能する機能・挟まれ防止機能も採用したほか、各席のパワーウインドウスイッチに照明を追加
  4. フロントドアガラスが高遮音性に変更

Gプラスパッケージの装備

G Plus Package



女

最後はエクリプスクロスで最上級の「Gプラスパッケージ」だね。

「G」とはどこが違うのかな?

男

まず、内装と外装は基本的に変わらない。

厳密に言うと、「Gプラスパッケージ」はマルチアラウンドモニターがつくから、ドアミラーのサイドアンダーミラーがないという違いはあるが、無視できるほどの違いだ。

「G」と違うのは、以下の5点を装備していること。

  • 後方車両検知警報システム
男

ドアミラーの死角で見落としやすい斜め後ろに車両が接近してきた際に、ドアミラーのインジケーターで運転手にその存在を知らせる機能だ。

後側方車両検知警報システム

  • 後退時車両検知警報システム
男

駐車場などで後退するときに、左右から接近してくる車両があると音やインジケーターで知らせてくれる。

後退時車両検知警報システム

  • マルチアラウンドモニター
男

車両を上から見下ろすような画面を合成することで、駐車時の安全確認をサポートしてくれる。

マルチアラウンドモニター

  • スマートフォン連携ディスプレイオーディオ
男

iPodに接続して音楽再生を行ったり、スマートフォンに接続してハンズフリー通話が行えるなどの機能がある。

スマートフォン連携ディスプレイオーディオ

  • タッチパッドコントローラー
男

ドライブ中に用意にスマートフォン連携ディスプレイを操作できる。

タッチパッドコントローラー

エクリプスクロスの売れ行きデータからみるおすすめグレード

女

エクリプスクロスのグレードってシンプルでわかりやすいけど、どれがおすすめかな?

男

当サイトの管理人が入手した独自の売れ行きデータを公開するよ。

エクリプスクロス売れ行きデータ
グレード 販売割合(%)
Gプラスパッケージ
34
G
61
M
5



女

ほとんどの人がGかGプラスパッケージを選んでいるんだね。

男

下位グレードの「M」でも必要な装備は採用されているし、これでも問題はないと思うよ。

ただ、エクリプスクロスはグレード間の価格差が比較的少ないから、上位グレードを選ぶ人の割合が高いんじゃないかな。

「Gプラスパッケージ」の装備は、あるに越したことはないが必須と言えるほどでもないので、最も売れ行きのよい「G」がおすすめのグレードだね。

以上がエクリプスクロスの価格やグレードに関する情報になるけど、エクリプスクロスを買うなら下記の値引き交渉の情報も参考になると思うよ。

~エクリプスクロス購入者徹底追跡~

エクリプスクロスを買った人の値引き交渉の仕方や値引き額って気になりませんか?

  • いくらの値引き価格でエクリプスクロスを買ったの?
  • ディーラーでは何回交渉した?
  • エクリプスクロス以外の候補車種は何?

そんなエクリプスクロス購入の値引き交渉過程を追いました。

潜入取材!⇩⇩⇩
値引き目標も解説したエクリプスクロス交渉レポート!