新型フォレスターハイブリッドの燃費は悪い?NAとカタログ値等を比較

フォレスター 燃費
笑

2018年6月にフルモデルチェンジした新型フォレスターはパワートレイン刷新されており、燃費は誰もが気になるだろう。

新型フォレスターでは、ターボが廃止され、排気量が2500CCに拡大されたNAエンジン及び新パワーユニットe-BOXERを搭載したハイブリッドの2つのパワートレインを持つ。

それぞれのカタログ燃費や実燃費について、徹底検証しました!

新型フォレスターのカタログ燃費

女

燃費の基本と言えばカタログ燃費だよね。

男

新型フォレスターのカタログ燃費は、JC08モードに加えてWLTCモードも発表されているから、実燃費も推測しやすくなった。

両方のカタログ燃費を見てみよう。

JC08モードカタログ燃費(km/l)
2500CC
e-BOXER
JC08
モード
14.6
18.6

WLTCモードカタログ燃費(km/l)
2500CC
e-BOXER
WLTC
総合
13.2
14.0
市街地
モード
9.6
11.2
郊外
モード
14.6
14.2
高速道路
モード
16.4
16.0



男

JC08燃費はNAとe-BOXERで差が4km/lあるのに、WLTCモードでは0.8km/lしか差がないことは注目に値する。

女

これはどう考えればいいの?

男

WLTCの郊外モードと高速道路モードを見て欲しい。

何と、e-BOXERは2500CCガソリン車を下回っている

e-BOXERに限ったことではないが、一般的にハイブリッド車は高速道路等での定速走行が苦手であり、燃費の多くを市街地で稼いでカタログ燃費を向上させている。

ところが、新型フォレスターの場合、市街地モードでのカタログ燃費の差が2500CCと1.6km/lしかなく、市街地であまり燃費を稼ぐことが出来ていない。

e-BOXERはマイルドハイブリッドであって、実燃費で比較した場合に2500CCエンジンとの差が少なく、WLTCモード燃費だとわかりやすく表れたと言える。

新型フォレスターの実燃費は悪いのか?カタログから推定!

男

このブログを書いている2018年6月時点では、まだフルモデルチェンジした新型フォレスターはどこにも納車されておらず、実測した実燃費データは存在しない。

新型フォレスターの2500CCNAエンジンは従来から存在するFB25であるが、部品の90%を新設計して直噴化を行い、圧縮比も高められているため、従来のFB25エンジンとは燃費も異なる。

新型フォレスターのFB25エンジン

NAエンジン

男

そこで、新型フォレスターと、ほぼ同程度のカタログ燃費であるCX-5(2500CCのNAモデル、4WD)を利用する。

ミドルSUVという同じカテゴリに属し、以下のものがほぼ同一であるため、実燃費も同程度のはずだ。

  • カタログ燃費
  • 排気量(両車とも2500CC)
  • 駆動方式(両車とも4WD)
  • 車両重量(違いは50kg)

ガソリン車のカタログ燃費(km/l)
新型フォレスター
CX-5
JC08
モード
14.6
14.2
WLTC
モード
13.2
13.0
  • ガソリン車の実燃費はクラス平均
    上記から、新型フォレスターガソリン車の実燃費はCX-5の2500CCガソリン車と同程度であることがわかる。

    CX-5の実燃費は約11km/lであるから、新型フォレスターの2500CCNAエンジンもこれと同程度となるだろう。

  • ハイブリッドe-BOXERの実燃費は悪い?
    ハイブリッドとなるe-BOXERのWLTC燃費は14.0km/lであり、2500CCガソリン車のそれは13.2km/lである。

    これらデータから、ハイブリッドe-BOXERの実燃費は約11~12km/lと推定される。

    フォレスターのライバル車となるハリアーハイブリッドは、2500CCのハイブリッドシステムで車重が200kgも重いにもかかわらず実燃費は14~15km/lもあることから、e-BOXERの実燃費は相対的に悪いと言わざるを得ない。

女

なんか残念な結果ね。

男

そう考えるのは早計だ。

ハリアーの場合、ハイブリッド車はガソリン車よりも60万円以上も高いことを忘れてはならない。

これが新型フォレスターの場合、ハイブリッド車はガソリン車の最高グレードであるPremiumとたったの7万円しか違いがない。

ハイブリッド車の装備内容はPremiumを上回るから(ドライバーモニタリングシステムと運転席自動後退機能はハイブリッドのみの装備で他の内容も同等以上)、この付加された装備を考慮すると、新型フォレスターのハイブリッドシステムに対する価格の上乗せはほとんどなく、良心的と言える(排気量は500CC少ないが)。

つまり、燃費の絶対値としてはさほど良くないが、費用対効果を考えれば新型フォレスターでハイブリッドを選択するのは決して悪くはない。

ハイブリッドシステムe-BOXERはこのような動作をする!

e-BOXER
女

ところで、e-BOXERってどのようなシステム動作になるの?

男

それは以下の説明のとおりだ。

  1. 発進&低速走行時

    モーターのみの走行。
    発進&低速走行時
  2. 加速&中速走行時

    エンジンが主体で走行し、モーターが補助。
    加速&中速走行時
  3. 高速走行時

    高速域ではエンジンのみで走行。
    必要に応じてモーターが作動し、バッテリーに充電する。
    高速走行時
  4. 減速時

    アクセルOFFやブレーキング時は、減速エネルギーを電気に変換してバッテリーに充電。
    減速時
  5. 停車時

    アイドリングストップでエンジンは停止。
    停車時

新型フォレスターで燃費を向上させる装備を紹介!

女

新型フォレスターでは、アイドリングストップ以外に燃費を向上させる装備がいくつかあるんだよね。

  1. SI-DRIVE
  2. SI-DRIVEは2モードに運転切り替えができる。

    I(インテリジェント)モードを選択すれば、出力を控えめにして燃費が向上するエンジン特性となる。

    反対に、S(スポーツ)モードを選択すると、エンジン出力特性がアップする代わりに燃費が悪化する。

    SI-DRIVE

  3. アクティブグリルシャッター
  4. 車両の状態に応じて、フロントバンパー内のシャッターを自動で開閉。

    これにより、効率的な冷却・暖気が行えるばかりではなく、空気抵抗も軽減して燃費向上に貢献。

    アクティブグリルシャッター

  5. ECOクルーズコントロール(ハイブリッド車のみ)
  6. ハイブリッド車であるAdvanceのみに採用された装備となるが、全車速追従機能付クルーズコントロール作動時においてステアリングのスイッチで「ECOクルーズコントロール」をONにすると、モーターアシストと回生ブレーキを最大限活用し、より燃費に配慮した追従制御を行う。

笑

以上がフォレスターの燃費に関する情報になるけど、フォレスターを買うなら下記の値引き交渉の情報も参考になると思うよ。

~フォレスター購入ストーリー~

フォレスターを購入した他人の値引き額や交渉の仕方って気になりますよね?

  • フォレスターの値引き額はいくらだった?
  • おすすめのオプションがあったら教えて
  • フォレスターを買った理由は?

そんなフォレスター購入の過程をレポートしました!

潜入取材!⇩⇩⇩
実録フォレスター購入値引き交渉レポート!