トヨタ新型プラド2019年8月値引き価格相場の推移・限界や交渉の情報をレポート

プラド 値引き
男

トヨタランクルの兄弟車であるプラド。

この新型プラドを購入する際の値引き交渉において、下記の情報は事前に把握しておきところです。

  • 2019年8月における新型プラド値引き価格相場の推移や目標とする値引き額は?
  • 新型プラドを実際に購入した人の値引き交渉の口コミをレポートして!
  • 決算期ならプラド新車の値引き限界が50万や70万に拡大する?
  • プラドの値引き額を限界まで拡大する交渉の仕方は?
笑

このブログではトヨタ新型プラドの値引き情報をレポートしていますので、交渉の際は参考にしてくださいね。

2019年8月新型プラド値引き額相場と推移の情報

【2019年8月値引き額相場】

オプション等込み値引き額36万円
(ガソリン/クリーンディーゼル共通)

プラド値引き額相場推移
年 月
オプション等込み
値引き相場
(万円)

2019年8月

36
2019年7月
36
2019年6月
36
2019年5月
36
2019年4月
35
2019年3月
34
2019年2月
31
2019年1月
31
2018年12月
30
2018年11月
29
2018年10月
29
2018年9月
29
2018年8月
29

【プラド値引き額相場推移の情報】

新型プラドは2009年に登場し、2017年9月に2度目のマイナーチェンジを行って現在に至る。

兄弟車であるランクルと共にモデル末期と言えるため値引き額も緩やかに拡大傾向にある。

値引きの傾向
プラドも含めた一般論として、値引き額は新規登場やモデルチェンジ直後には渋いが、期間の経過とともに徐々に拡大していき、モデルチェンジで再び渋くなるというサイクルを繰り返す(決算期等の季節要因よりもこの要素が強い)。

決算期等、購入時期によってはプラドの値引き価格が最大50万や70万に拡大する?

プラドに限らず購入時期による値引き価格の差は少ない

一般的には、「決算期やボーナス時期などはセールをやるからプラドの値引き価格が拡大する」と思われがちである。

しかし、上述したプラド値引き推移の表を見ても明らかであるが、現在では決算期等の季節要因によって値引き価格が拡大したという傾向はあまり見られない。

値引き価格が50万や70万であっても、「下取り車を安く査定して、浮いた差額で見かけ上のプラドの値引き価格を拡大させただけ」であることが多い。

プラドの値引き交渉時にこの手法がよく使われていることは覚えておいたほうがよいだろう。

下取車を使ったプラドの値引き操作例
下記見積書におけるプラドの支払総額は同じだ

見積書1
【値引き70万 下取り車170万】

見積書2
【値引き60万 下取り車180万】

見積書3
【値引き50万 下取り車190万】

営業マン営業マン

プラドの値引き価格なんて、下取り車を使えば自由に操作できちゃうよ。

正直な営業マンならプラドの「下取りなし」を提案してくれる

セールスマンは、客によってプラドの値引き価格に差をつけているのと同様に、下取り車の査定価格にも差をつけている。

しかし、通常は買取専門店よりも安い金額しかつけられないため、正直なセールスマンはプラドの値引き交渉の際、下記自動車雑誌記事のように「下取りなし」にして買取専門店への売却をすすめてくれる(記事中では買取専門店のほうが16万円高い査定になった)。

下取りなし
↓拡大
拡大

価格

目標や競合を決めてプラドの値引き率を限界まで最大化する

【2019年8月プラド値引きの目標】

プラドの車両本体から35万円
(ガソリン/クリーンディーゼル共通)


限界・最大までプラドの値引き率を拡大する3つのコツ

  1. パジェロ等のライバル車や経営の異なるトヨタ店があればプラド同士を競合させる
  2. ディーラーオプション等、プラドの付属品からは20%の値引き率を目標にする
  3. 支払総額を限界まで下げるには「値引き交渉」と「下取り車対策」を並行して行うことがポイントであり、プラドの下取り車は買取専門店とも競合させる

上記3つの中でも、プラドの下取り車を買取専門店と競合させることは特に効果的だ(ほとんどの場合、下記自動車雑誌体験談のように買取専門店の方が高い)

最大

プラドの値引きを最大化するための競合は多数のディーラーに出向く必要があり面倒だが、下取り車の売却価格を最大化するための競合はネットの無料一括査定サイトを使えば自宅で簡単にできる。

目標

ズバット車買取比較

トヨタランクルプラドTZ-G値引き交渉の口コミを当ブログでレポート

トヨタランクル プラド TZ-G
自動車業界に勤務する当ブログの管理人が、あらゆる人脈を駆使してトヨタランクルプラドTZ-Gの新車購入者から聞いた値引き交渉内容の口コミをレポート!
  1. プラド購入者の属性
  2. 50代男性

  3. 契約時期
  4. 2019年3月

  5. 購入グレード
  6. TZ-G(クリーンディーゼル)

  7. プラドの値引き総額は?
  8. 値引き総額38万円でした。

  9. トヨタランクルプラド購入の経緯
  10. 本来はランクルのような大型SUVに憧れていたのですが、予算や燃費を考えてプラドにしました。

  11. プラドの他に検討した車両
  12. プラド一本で他車の購入は考えていませんでしたが、ガソリン車とクリーンディーゼル車で迷いました。

  13. グレードでTZ-Gを選択した理由は?
  14. まず、ガソリン車よりもクリーンディーゼル車の方が2割程度燃費が良いことや、クリーンディーゼル車は軽油であるために燃料費そのものが安いのでそちらを選択しました。

    クリーンディーゼル車の中でも最高グレードのTZ-Gの装備は別格であり、多少高くても購入する価値はあると思いました。

  15. プラドでお勧めのオプションを1つ教えて下さい
  16. チルト&スライド電動ムーンルーフはオプションで人気No1と聞いていますし、開放感が抜群なのでおすすめです。

    チルト&スライド電動ムーンルーフ

    チルト&スライド電動ムーンルーフ

プラド最新実例値引きレポート!

トヨタ店Aとの交渉では値引き30万

事前に新型プラドの値引き価格相場や目標・限界といった情報をネットや雑誌のレポートなどで収集してから、近所のトヨタ店に向かう。

プラドにはガソリンとクリーンディーゼルがあるがどちらを選ぶか決めかねており、乗り味や値引き額などに違いがあるのか気になるところだ。

トヨタ店に着いて担当になった営業マンにこれらの疑問をぶつけてみると、以下のような返答であった。

  • 車両価格はガソリン車よりも高いが人気・売れ筋はクリーンディーゼル
  • 売れているグレードはTZ-GTX-Lパッケージ(ディーゼルの5人乗り)
  • 値引きはガソリンもクリーンディーゼルも変わらない

その後も営業マンからの話を聞くと、価格は高いものの、上位グレードであるTZ-Gの購入に気持ちが傾く。

営

TZ-Gにはこのグレードにしか採用されていない以下の装備があり、高い評価をいただいています。

  • AVS&リヤ電子制御エアサスペンション
  • AVS リヤ電子制御サスペンション

  • KDSS(キネティックダイナミックサスペンションシステム)
  • KDSS

  • ドライブモードセレクト
  • ドライブモードセレクト

  • トルセンLSD(リヤ)
  • センタークラスターモジュールスイッチ
  • センタークラスターパネル&インサイドドアハンドルグリップ(金属製へアライン)
  • リセールバリューも考えると人気グレードを選びたいと考え、グレードはTZ-Gを選択した

    車両本体価格だけで536万円となり厳しい金額ではあるが、限界まで値引きを引き出せばギリギリの範囲だろう。

    さらに商談を進め、オプションなどを選択することになるが、メーカーオプションのナビにモニターカメラなどをつけるとナビだけで60万円オーバーとなる。

    その他のオプションも煮詰めて見積もり書を作成してもらうと、支払総額は約650万円となった。

    ここから値引き交渉を行うと、プラドの値引き額は30万円との事。

    初回の交渉としてはまずまずであり、この日の商談はここまでとする。

    トヨタB店の交渉で値引き40万で契約

    我が家は県境に住んでいるため、隣県に越境して経営の異なるトヨタ店Bにおいてもプラドの値引き交渉を行う。

    40万円の値引きを目標とし、この値引き額が示されれば購入するつもりだ。

    トヨタ店Bに着いてランクルプラドの購入を検討していることを伝えると、店にはプラドのTX Lパッケージ(ガソリン)が試乗車としてあるということで、営業マンが試乗をすすめてくる。

    クリーンディーゼルしか乗ったことがないのでガソリン車も試乗してみることにした。

    プラドのガソリン車で近所を一回りした感想としては、音が静かという魅力はあるが、トルクの太さが全然違うので街中での乗りやすさはクリーンディーゼルに軍配が上がると感じた。

    トヨタ店Bに戻ってくると、お客様アンケートの記入を求められる。

    記載した住所が隣県なのですぐに営業マンからその点を指摘されたので、トヨタ店Aでもプラドの交渉を行っていることを明かし、以下の内容を伝える。

    • 購入を検討しているグレードはTZ-G
    • トヨタ店Aでの支払総額は約650万円で値引きは30万
    • 家から多少離れているものの、トヨタ店Bも十分に通える範囲であるから値引き額が大きければ購入する意思はある

    トヨタ店Aの見積もり書を見せて「この内容で40万円の値引きがあればすぐにでも購入したい」と伝えると、営業マンは「遠くからお越しいただいたので、こちらとしても精一杯頑張らせて頂きます」とのこと。

    営業マンはパソコンを見てしばらく考えてから、「プラドの値引きは35万でいかがでしょうか」との提示をしてきた。

    プラドの値引き相場には達していたが、最上級グレードのTZ-Gであることを考えるともう少し拡大させたいところだ

    「TZ-Gということもあり、あと5万円拡大させて40万円なら本日契約しますよ」と伝えると、営業マンは奥に引っ込み店長と相談するという。

    5分後に戻ってくると40万円の許可が出たとの事で、その場でプラドを契約。

    ただし、プラドの下取り車は査定額が130万円と安かったので、ネットの一括査定で165万円の値が付いた買取専門店に売却。

    【プラド値引き交渉レポート(完)】


    値引き レポート

    営業マンは下取り車を値引きの調整弁に使っており、プラドが値引きされることを見込んで、この下取り車を相場より甘く(安く)査定している。
    営業マン営業マン

    お客様のプラド、40万円値引きさせて頂きましたのでこれが限界です。

    客

    でもプラドの下取り車となると、査定額がたったの130万円になるんですね。

    買取専門店の査定は165万円だから、支払総額で考えたら実質的な値引きは5万円ですよ(その手口は知ってますので)。

    相場

    交渉

    自動車雑誌読者が比較した実例
    限界

    <実際のページ>
    口コミ

    ↓拡大
    支払総額

    下取り車


    【プラド値引き情報まとめ】

    1. プラドの値引き相場は緩やかに拡大している
    2. 2019年8月のプラド値引き価格相場は、オプション込で36万円
    3. 支払総額を下げるためには、プラドの下取り車をズバット車買取比較で売却すると効果的