新型ステップワゴンRP型

ステップワゴンは2015年4月にフルモデルチェンジを行い、5代目(RP型)が登場した。

ここでは、新型ステップワゴンについて、値引きや燃費、評価・口コミ等について徹底解説する。

ここに注目!新型ステップワゴン(RP型)のポイント!

1.クラス初!1.5L直噴VTECターボエンジン搭載

主

セレナ、ヴォクシー/ノアといったこのクラスのミニバンにおいては、2000CCの自然吸気エンジンが常道であった。

今回の新型ステップワゴンはこの常道と決別し、クラス初のターボエンジンを投入する決断を下した。

小排気量ターボとミニバンの相性は良く、これだけでも購入する価値は大いにある。

2.簡単便利に開閉可能!新発想のわくわくゲート

主

ミニバンのバックドアは跳ね上げ式が定番である。

しかし、バックドアは大きくて重いため、女性や子供には開閉が一苦労であった。

そんな課題をわくわくゲートが解決した。

これまでにない便利な開閉方法に驚きと感動を覚えるだろう。

3.ホンダセンシング搭載!安全装備も抜群

主

追突回避機能や車線逸脱防止機能など安全装備満載のホンダセンシング。

このホンダセンシングが新型ステップワゴンにも用意された。

ターボエンジンやわくわくゲートばかりが注目されがちだが、安全装備も充実している。

ホンダの決断 新型ステップワゴンにはダウンサイジングターボを選択した!

ダウンサイジングターボのメリットは2つ

新型ステップワゴンの注目ポイントは、何といっても新開発の1.5L VTECターボエンジンだろう。

近年、欧州をはじめとする世界的な風潮として、ダウンサイジングターボを搭載した車が増加してきているが、日本にはこの流れは、まだ本格的に押し寄せてはいない。

そのような中で、ホンダは新型ステップワゴンにこのダウンサイジングターボを搭載した。これには以下の2つのメリットがある。

メリット1 低回転域のトルクが厚い

まず、数値上のスペックはライバルのセレナやヴォクシー/ノアとほとんど変わらないことを確認しておく。

ミニバンエンジンスペック比較
車両 エンジンスペック
セレナ
147ps/21.4kgm
ヴォクシー/ノア
152ps/19.7kgm
ステップワゴン
150ps/20.7kgm

ダウンサイジングターボの優位性がこの数字上に表れることはない。

ダウンサイジングターボの特徴・メリットは、低速からトルクが厚いことにあるからだ。

新型と旧型のステップワゴンのエンジン特性比較は以下のグラフのとおりだが、このグラフにこそダウンジングターボの魅力が現れている。

新型は低速からトルクが非常に厚いことがわかるだろう。
新型ステップワゴン エンジン特性

日常領域では、エンジンの回転数は2000回転程度であり、新型ステップワゴンはこの回転域でのトルクが大幅に向上している。

自然吸気エンジンにおいて2000回転でこのトルクを出すのには2400CCクラスのエンジンが必要となるのだから、新型ステップワゴンは日常領域においては2400CCクラスのエンジンを搭載した感覚で走ることが出来るのだ。

たとえカタログ上の出力が高かったとしても、その出力を発揮するエンジン回転数が高かったら、日常の運転で恩恵を受けることはない。

重要なのは日常で使用するエンジン回転域におけるパワーであることを忘れてはならない。

主

2000CCクラスのミニバンは、車体の大きさ、車重のわりにエンジンが非力であった。

かといって、排気量を上げると経済性が大きく損なわれてしまう。

このクラスのミニバン購入者は子育て世代が多いため、排気量を上げることは難しいのだ。

俺はターボ車を何台も乗り継いできたから、ダウンサイジングターボのメリットとコンセプトは誰よりも理解できる(⇒ 運営者の経歴)。

新型ステップワゴンが今回選択したダウンサイジングターボは、このクラスのミニバンの弱点を克服する一つの解であり、ミニバンとの相性は非常に良いと言えるだろう。

メリット2 税金が安い

排気量がライバル車両に比べ500CC低いことにより、自動車税が年間で5000円安くなる。

10年乗れば5万円になるのだから無視できない金額だ。

CVTも新開発
今回の新型エンジンに合わせて、CVTも新開発した。ターボエンジンの特性を引き出す最適な設計となっている。
新型ステップワゴン CVT

燃費はどうなの?

ライバル3車両の燃費差は小さい

まず、新型ステップワゴンのカタログ燃費を以下に示す。

新型ステップワゴンカタログ燃費

タイプ 型式 燃費
(km/l)
標準タイプ
DBA-RP1
(FF)
16.2-17.0
DBA-RP2
(4WD)
15.0-15.4
スパーダ系
DBA-RP3
(FF)
15.4-16.0
DBA-RP4
(4WD)
15.0

同じ型式でも数値に幅があるのは、オプション等の装備により車両重量が変わり、それに伴い燃費も変わるからである(重量が100kg増加すると、燃費は1km/l低下する)

全ての型式で同じエンジンであるにもかかわらず燃費が異なるのも、車両重量の違いによる。

4WDの燃費がFFよりも悪いのは、駆動ロスも若干あるが重量増加の影響が大きい。

実燃費は、FF車で約11km/l、4WDで約10km/l程度であり、ヴォクシー/ノアのハイブリッド車を除けば、ライバル3車両はカタログ燃費・実燃費ともに同程度である。

ライバル3車両がそれぞれの
独自技術で高燃費をマーク

近年のミニバンは各メーカの新技術により一昔前のモデルと比べて、だいぶ燃費がよくなっている。

このクラスのミニバン3車種も、それぞれの独自技術によって高い次元で拮抗しており、燃費を重視して車両を選ぼうとしても甲乙はつけがたい(ヴォクシー/ノアのハイブリッド車を除く)。

☑ヴォクシー/ノアはバルブマチックエンジン

まず、ヴォクシー/ノアのガソリン車は、先代の70系から全グレードに国産量産車初、世界でもBMWに次ぐ2例目である連続可変バルブリフト機構のバルブマチックエンジンを搭載しており、このエンジンは動力性能・燃費性能のいずれにも優れる優秀なエンジンだ。

☑セレナはS-HYBRID
次に、もう一方のライバルであるセレナは、エンジンにこそこれといった大きな特徴はないが、新型のC27系から、最低グレードを除いて全車に簡易的ハイブリッドであるS-HYBRIDを搭載しており、やはり燃費に関しては強いと言える。

☑ステップワゴンは直噴VTECダウンサイジングターボ
上記のライバルに対して新型ステップワゴンは1500CCの小型エンジンに高効率のターボシステムを搭載し、対抗している。

主

ライバル車との比較の際、カタログ燃費のわずかな差はあまり気にする必要がない。

上述のとおり、燃費は重量の影響を大きく受ける。

体重が50kgの人が運転する場合と、100kgの人が運転する場合とでは、それだけで0.5km/lも異なるのだ。

現に、ガソリンを満タンにしないで少量ずつ給油する人も存在する。

これだけでも0.3~0.4km/lの燃費が異なる。

カタログ燃費のわずかな差は、運転者ごとの個別の要因やオプション装着による重量変化で相殺されてしまうから、あまり神経質にならなくてもよい。

低燃費をサポートする3つの機能

☑コーチング機能

アクセルの踏み方や走り方で燃費は大きく変わってくるが、無駄のない走りをしているときはメーター内の色がグリーンに変わり、運転者にその状態を知らせる。

これにより、心理的にもエコ運転を促す効果もある。

  1. 通常の状態

    コーチング機能
  2. エコ運転時

    コーチング機能2
☑アイドリングストップ機能

説明するまでもない機能だが、信号待ちで止まったときなどにエンジンも停止する。

アイドリングストップ機能
☑ECONモード

燃費重視の走行モードであり、スイッチを押すだけで、エンジン出力を控えめにしたガソリンの消費を抑えた走行となる。

ただし、通常状態でもかなり燃費を詰めたセッティングとなっているため、以下のような口コミも目立つ。

<購入者の口コミ>

  • ECONモードにすると、走りがもっさりした感じになって、少しストレスがたまる。
  • 体感的なパワーの低下に比べて、思ったよりも燃費が変わらない。
ECONモード

走りはどうなの?

☑どの回転域からも素早く加速する!

小排気量ターボの走りの特徴として、低回転域を含め、どこからでも素早く加速する点があげられる。

ミニバンは、一般的に言って低速域での加速を苦手とするが、新型ステップワゴンは低速からの太いトルクによりこれまでのミニバンと比較しもりもりと加速する。

☑エンジン音は非常に静かだ

これは、多くの購入者が口をそろえて述べることだが、エンジンの音がかなり静かである。

車内で会話するときなどにストレスを感じさせず、この点は大いに評価されるべきだろう。

この装備に注目!

わくわくゲート

ここがすごい!わくわくゲートにわくわくする4つの理由

ターボエンジンと並んで新型ステップワゴンで注目すべきはこの装備だろう。

バックドアが上方向だけではなく、横方向にも開けられるのだ。このわくわくゲートの4つの利点を以下に述べる。

☑子供や女性でも簡単に開閉ができる

ミニバンのバックドアは大きくて重く、特に子供が開閉することは困難であったが、このわくわくゲートなら誰でも簡単に(横方向に)開閉ができる。

用途に応じて3段階で開閉度合いの調整もできる。

わくわくゲート
☑せまいところでも開閉ができる

バックドアを開閉するには、ある程度広いスペースが必要である。

しかし、わくわくゲートなら従来よりも小スペースで開閉が可能となった。

わくわくゲート2
☑車内の冷気・暖気が逃げにくい

開閉時の開口面積が少ないので、荷物の出し入れ時にドアを開けていても、室内の冷気あるいは暖気が外に逃げにくい。

☑わくわくゲートから乗降ができる

従来のミニバンでは、2列目3列目の乗車人員はサイドのスライドドアからしか乗り降りができなかった。

しかし、わくわくゲートがあれば、バックドアからも可能である。

下記が新型ステップワゴンの室内だ。

わくわくゲート3
注目のポイント
  1. 2列目シートは、あえてキャプテンシートが標準
    ミニバンは一般的にベンチシートが標準装備で、キャプテンシートはオプションとなっていることが多い。

    しかし、新型ステップワゴンの場合、2列目の乗客がわくわくゲートから乗り降りできるように、2列目にはキャプテンシートを標準装備とした。

    ちなみに、室内側からでも簡単に3列目シートを床下収納できる。

    キャプテンシートとは?
    上記2列目シート写真のように左右が独立したシートのこと。

    対義語はベンチシートで新型ステップワゴンの3列目シートもこれに該当する。

  2. 3列目が床下収納だからわくわくゲートが生きる
    このわくわくゲートは、3列目シートを床下収納するステップワゴンならではのなせる技だ。

    ライバルのヴォクシー/ノアやセレナは、3列目シートが床下収納ではなく跳ね上げ式のため、収納してもでっぱりが生じてしまう。

    よって、たとえわくわくゲートのような開閉方法を採用したとしても、ゲートから乗降する際にこのでっぱりが邪魔になる。

    わくわくゲートは、3列目シートが床下収納であるステップワゴンのメリットを最大限に生かした装備と言えるだろう。


客

2列目・3列目からも乗り降りできるっていうけど、普通のミニバンだってやろうと思えばできるじゃん。

私、バックドアからひょいっと2列目まで乗り込めるよ。


主

乗った後のバックドアは自分で閉められるのか?

開けっ放しで走るわけにはいかんだろ。


客

‥‥そうだった。わくわくゲートは室内からも閉められるの?


主

もちろんさ。

ただし、わくわくゲートにもたった1つだけ欠点がある。

通常のバックドアよりも機構が複雑だから、バックドアの総重量が重くなっている。

そのため、通常の開閉方式で開閉するときにはずっしりと重い。

しかし、そんなデメリットなど比較にならないくらい、わくわくゲートの使い勝手は良い。

それは、以下の口コミを見ればわかるだろう。

<購入者の口コミ>
便利そうだとは思ったけれど、実際に使ってみたら思った以上に使いやすい。

これを一度使ったら、元には戻れない。

わくわくゲートだけでも購入の価値があると感じるくらいだ。

新型ステップワゴンのここが気になる
わくわくゲートで後方視界は悪くなる!?

新型ステップワゴンのわくわくゲートはバックドアが6:4に分割されており、その機構上、バックドアにおいて縦にピラーが設置されている。

このピラーがバックミラーの視界を妨げるのではないかと心配する購入検討者からの声が散見される。実際のところはどうなのだろうか。

<実際の視界>
バックミラー

<購入者の口コミ>
購入者の口コミをまとめてみると視界を大きく妨げることはないが、中には慣れるまで気になる人もいるようだ。

ピラーが気になるという人もいれば、気にならないという人もいて、人により感じ方は異なっている。

しかし、大きく視界を妨げるわけではないので、最初は気になっていた人もいずれ慣れてくるという意見が多い。

マルチビューカメラシステム

マルチビューカメラシステムとは、車体の4か所に取り付けられた小型魚眼カメラにより、車体の死角や運転者から見えにくい場所を映し、安全を確保するシステムである。

<小型カメラ設置個所>

  • フロントホンダエンブレムの上付近
  • 左右ドアミラーの下部
  • リアナンバープレートの上付近

どのようなときに役立つの?

☑交差点や見通しの悪いT字路など
狭い路地から大通りに出るときなど、フロントカメラが左右から来る自転車や車を映し出してくれる。

マルチビューカメラシステム
☑バック駐車するとき

リヤのカメラが後方を映し、接触を防ぐ。

マルチビューカメラシステム2
☑狭い駐車場でぎりぎりに止めたいとき

壁のぎりぎりまで車を寄せることが出来る。

マルチビューカメラシステム3
☑障害物を確認するとき

駐車してから時間が経過しているとき、周囲に思わぬ障害物が存在していることがあるので、その確認ができる。

マルチビューカメラシステム4
☑対向車と狭い路地ですれ違う時

脱輪や壁・対向車との接触を防ぐ。

マルチビューカメラシステム5

こんな機能も付属している!

新型ステップワゴンのマルチビューカメラシステムには、こんな便利な機能が付属している。

☑Hondaスマートパーキングアシストシステム

新型ステップワゴンを含め、ミニバンは車体が大きく、運転が得意ではない人の中には駐車が苦手な人もいるだろう。

そんなときにこのシステムが役に立つ。ハンドル操作は車両が自動で行い、運転手はアクセルとブレーキ操作だけになる。

バック駐車
新型ステップワゴン スマートパーキングシステム
縦列駐車
新型ステップワゴン スマートパーキングシステム2

主

右への縦列駐車には対応していないことに注意してくれ。


客

私、縦列駐車は苦手なのに。


主

右側だったら直接目で見た方が早いだろ。

☑後退出庫サポート
駐車スペースから後ろ向きで出るときに、横から車が来た際、音とモニター表示で警告してくれる。

後退出庫サポート

その他便利な装備

トリプルゾーンコントロール・
フルオートエアコン

エアコンの温度設定を以下の3つのゾーンで独自に設定できる。

  • 運転席
  • 助手席
  • 後部座席
エアコン

主

俺とお前はいつも温度設定で喧嘩になっていたけど、これで大丈夫だな。


客

あなた、夏場に温度冷やし過ぎなのよ。

シベリアみたいに寒いわ。


両側パワースライドドア

大きく重いミニバンのスライドドア。3つのパターンで簡単に開閉ができる。

1.運転席の開閉スイッチ
スライドドア
2.スマートキーの操作
スマートキー
3.ドアノブにワンタッチ
ドアノブ
スマートキー

スマートキーはスライドドアの開閉だけではなく、所持しているとキーをポケットから取り出さなくてもドアのロック/アンロックができる。

荷物を持っているときなどに便利。

スマートキー
シートヒーター

冬でもシートが温かく快適。運転席と助手席に用意されている。

シートヒーター
ロールサンシェード

スライドドアには、両側ともロールサンシェードが用意されている。

昼寝やプライバシー保護に。

ロールサンシェード
リヤエンターテイメントシステム

後部座席でもDVDなどを見ることが出来る。

小さい子供がいる家庭には大いに役立つだろう。

リヤエンターテイメントシステム

新型ステップワゴン(RP型)の居住空間は快適か?

2列目・3列目のシートアレンジ

ミニバンのシートアレンジは、もはや熟成しており車種による差は少ない。

新型ステップワゴンに関して言えば、2列目のシートがチップアップでもタンブルシートでもなく前方にずらすだけなので、相対的には荷室の最大空間が若干不利かもしれないが、それでもスペース的には十分な広さが確保されている。

なお、下記の写真は全グレードに標準のキャプテンシートの例だが、オプションのベンチシートのアレンジも同じである。

☑荷室最大スペース
新型ステップワゴンRP型シートアレンジ1
☑4名乗車時のシートアレンジ1
シートアレンジ2
☑4名乗車時のシートアレンジ2
シートアレンジ3
☑4名乗車時のシートアレンジ3
シートアレンジ4
☑長尺物を積むときの最長空間
シートアレンジ5
☑2-3列目で横になる
シートアレンジ6
☑1-2列目で横になる
シートアレンジ6

ママも気になる!収納スペースは?

ミニバンは家族で出かける場面が多く、小物類などの収納スペースは気になるところだが、新型ステップワゴンには十分すぎるほどの収納スペースが設けられている。

1列目シート付近
  • 1列目シートサイドのコンビニフック
    収納
  • フロントドア内側 ポケット・ボトルホルダー
    ボトルホルダー
  • センターロアポケット
    センターロアポケット
  • ダッシュボード中央部センターテーブル
    センターテーブル
  • 運転席ドリンクホルダー
    ドリンクホルダー
  • ダッシュボード中央部助手席者用ドリンクホルダー
    ドリンクホルダー2
  • ダッシュボード左側助手席者用ドリンクホルダー
    ドリンクホルダー3
  • 運転席側インパネ上部
    運転席インパネ
  • ダッシュボード中央上部
    ダッシュボード
  • 助手席側ダッシュボード
    ダッシュボード2
  • グローブボックス
    グローブボックス
2列目シート付近
  • 1列目シート後部設置のテーブル
    助手席後ろテーブル
  • 1列目シート後部アッパーポケット
    助手席後ろアッパーポケット
  • 助手席シート後部ポケット
    助手席後ろポケット
  • 2列目シートサイドフック
    シートサイドフック
  • スライドドアドリンクホルダー
    ドリンクホルダー
3列目シート付近
  • 3列目シート両サイドドリンクホルダー
    ドリンクホルダー

  • 後部ラッゲージスペース
    後部ラッゲージスペース
  • 後部ラッゲージスペースサイドポケット
    後部ラッゲージスペースサイドポケット

客

十分すぎるほどの収納スペースね。


主

ドリンクホルダーは16本分もある。


客

多すぎるくらいね。

新型ステップワゴンのデザインは古くさい!?

新型ステップワゴンの購入者や購入検討者の意見において、新型ステップワゴンの写真を見た第一印象として、デザインが古くさくてカッコよくないという意見が多いことが気になったのでライバル車両と比較して検証してみた。

☑ライバルのセレナ、ヴォクシー/ノアのデザイン

まずは、ライバル車両から

<C27セレナ>
白黒

<80ヴォクシー>
80ヴォクシー ホワートパール

この2台の共通点として、ヘッドライトが吊り目型という点が共通する。いや、この2台以外の車両でも、近年の新型車両は吊り目型のライトが多い。
☑新型ステップワゴンのデザイン

では、新型ステップワゴンのデザインを見てみよう。

<RP型ステップワゴン>
標準

ヘッドライトは吊り目ではない

少し古いデザインと感じる理由はこれだろう。

個人的に、新型ステップワゴンは2代前のセレナ(C25型)に似ていると感じる。

<C25型セレナ>

ナンバーワンエディションナビパッケージ

フロントグリルとライトの形状が似ていると思うがどうだろうか?
☑実物は悪くない

写真で見た第一印象はあまりよくない場合でも、実物を見たら思ったよりも悪くないという意見が多かった。

車で写真写りが悪いとは聞いたことがなかったが、実際にそのような口コミが多いのだ。

近年流行の吊り目型ライトは攻撃的な印象も与えるため、女性では否定的な意見も多い。

吊り目型を好まない人には新型ステップワゴンのデザインが好意的に受け入れられるだろう。

安全性能も抜群!Hondaセンシング搭載

Hondaセンシングって何だ?

客

Hondaセンシングって、聞いたことはあるけど何のことかしら?

主

Hondaセンシングとは、Hondaが開発した安全運転支援システムパッケージの総称だ。

安全運転を支援する以下の8つの機能から構成されている。

Hondaセンシングの8つの機能
  • 衝突軽減ブレーキ(CMBS)
  • 歩行者事故低減ステアリング
  • ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)
  • LKAS(車線維持支援システム)
  • 路外逸脱抑制機能
  • 誤発進抑制機能
  • 先行車発進お知らせ機能
  • 標識認識機能
主

ただし、この8つの機能が全て装備されるとは限らない。

車種によっては搭載されていない機能もあるんだ。

新型ステップワゴンの場合は、「歩行者事故低減ステアリング」を除く7項目が装備されている。

客

それでも十分ね。安心して運転できるわ。

ところで、この機能って、どんな仕組みになっているのかしら?

Hondaセンシングの仕組み

Hondaセンシングは、以下の2種類の異なる役割を持つセンサーによって周囲を認識することにより機能している。
<レーダー>
設置場所:フロントグリル内
役割:対象物の位置・速度の把握

<単眼カメラ>
設置場所:フロントウインドウ中央上部
役割:対象物の属性・大きさの把握

新型ステップワゴンに搭載されたHondaセンシングの機能

前述したとおり、新型ステップワゴンには7つの機能が搭載されているので、個別に説明する(車種により機能ごとの動作は若干異なる)。

☑追突軽減ブレーキ(CMBS)

歩行者や前走者・対向車と衝突しそうになった時、ドライバーに警告を発し、場合によっては自動でブレーキが作動する。

追突軽減ブレーキ
☑ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)

高速道路において、前走車との距離を適切に保ちながら追従する機能である。

前走車がいないときは、設定速度で走行する。

ACC
☑LKAS(車線維持支援システム)

高速道路において、車線から逸脱しないように運転するための支援システムである。

車線から逸脱しそうになったら運転者に警告を行い、車線からはみ出さないためのハンドル操作支援を行う。

車線維持支援システム
☑路外逸脱抑制機能

車線を逸脱しないように支援するシステム。上記のLKASと似ているが、こちらは警告音+ハンドル操作操作支援だけでなく、ブレーキによる制御も加わる。

路外逸脱防止装置
☑誤発進抑制機能

アクセルペアルを踏み込んだとき、前方の車などにぶつかると車両が判断したら、音やディスプレイで運転手に警告する。

誤発進抑制機能
☑先行車発進お知らせ機能

信号待ちなどで停車していた場合、前の車が発進したらそのことを知らせてくれる機能。

先行車発進お知らせ機能
☑標識認識機能

道路標識を運転者に知らせてくれる。

標識認識機能
主

Hondaセンシングは基本的には便利な装備だが、現状では100%確実な技術ではない。

それは、日産のプロパイロットなど他社の技術も同様だ。

以下の口コミも参考にして、安全運転の補助装置と考えるべきであろう。

<購入者の口コミ>

一般道の複雑な状況及び地形には完全に対応しきれないです。

例えば、ACCについては、カーブで前車が視界から外れたとき、自車はカーブを目指して速度を上げて進入するなどの挙動が見られます(前車がいないときは設定速度まで加速する仕組みなので)。

あと、車間距離も広めに確保されるので、前に車が割り込まれることが多いのですが、これもACCの特性上仕方がないと思います。

ただ、高速道路など単調な環境では割と安心して使えますね。

Hondaセンシング以外の安全支援機能

☑VSA

いわゆる横滑り防止機能である。

VSA
☑エマージェンシーストップシグナル

急ブレーキをかけた際、後続車に追突されないようハザードランプを点滅させる。

エマージェンシーストップシグナル
☑サイドビューサポートミラー

運転席から死角になる左前輪付近を、2枚の鏡を使って映し出す。

サイドビューサポートミラー

新型ステップワゴン(RP型)最新値引きレポート2018年2月

新型ステップワゴン最新値引きデータ

新型ステップワゴン(RP型)値引き手順

手順1 ライバル車両のセレナ、ヴォクシー/ノアと競合させろ

新型ステップワゴンの値引きの王道は、ライバル車両と徹底的に競合させることだ。

ステップワゴンのライバルは、言うまでもなくセレナ、ヴォクシー/ノアであり、まず最初にこれらの車両と競合させてある程度大きな値引きを引き出しておく。

ここで手に入れたステップワゴンの見積金額は、手順2でホンダ同士の競合に持ち込んだ際に、商談のベースとなる金額となる。

よって、低ければ低いほど良い。

なお、この時点では、ホンダのディーラーには1店舗のみしか接触しないこと

後に同士競合に持ち込むので、この時点では他店には接触しないほうが良い。

手順2 ホンダ同士の競合に持ち込め

手順1で十分に値引かれた見積書を手に入れたら、今度は、資本の異なるホンダ販売店同士の競合に持ち込む(ホンダの車はトヨタと異なり、全ての販売店で全ての車種を取り扱っている)。

何店舗か回って、手順1で手に入れた見積金額よりも低い金額を引き出せたら作戦は成功だ。

資本の異なるホンダ販売店の見分け方
ホンダカーズ〇〇(〇〇は地名)の、〇〇(地名)の部分が異なれば、別資本の別会社である。

例えば、「ホンダカーズ東京」と「ホンダカーズ東京中央」は別会社であり、同士競合ができる。



値引き レポート

営業マンは下取り車を安く見積もって、その差額を値引きに回すといった操作を日常的に行っている。
営業マン営業マン

通常の値引きは25万円が限界なのですが、今回は店長の決済を受けたので特別に35万円引きになっています。

客

でも、下取り車の下取り価格が60万円じゃないですか。

ネット査定では80万円だったから、それでもまだ10万円損してるんですけど。

最新値引き

自動車雑誌読者が比較した実例
新車値引き

<実際のページ>
値引き 口コミ


新型ステップワゴンの価格・グレード・装備を徹底解説!

新型ステップワゴンのグレード体系は、先代までと同様、標準モデルエアロモデル(スパーダ)が存在する。

新型ステップワゴンのグレード体系はライバルよりシンプルで非常にわかりやすいが、2015年4月に新型が登場して以来、グレード体系の変更や特別仕様車の投入が行われている。

各グレードの装備とともに、グレードの変更・特別仕様車の追加履歴を以下に示す。

フルモデルチェンジ当時(2015年4月)のグレード体系と装備

標準モデル

新型ステップワゴンRP型

(1)標準モデルのグレード体系
わずか3グレードしか存在せず、低い方から順に以下のようになる。

低 B ⇒ G ⇒ G・EX 高

(2)標準モデル各グレードの主要装備

基本装備

  • タイヤ
    205/60R16(スチールホイール)
  • ヘッドライト
    ハロゲン
  • エアコン
    FF車はフロントオートエアコン+リヤはクーラーのみ
    4WD車はフロント・リヤともにオートエアコン

その他装備

  • イモビライザー
  • ヒルスタートアシスト機能
  • UVカット機能付きフロントウインドウガラス
  • LEDドアミラーウインカー
  • リヤコンビネーションランプ(LED)
  • 2列目キャプテンシート(両側アームレスト付き)
  • 大型アシストグリップ(スライドドア/テールゲート)
  • 3列目分割床下格納シート
  • 大容量ラッゲージアンダースペース
  • インフォメーションディスプレイ
  • ヘッドライトオートオフ機能
  • サイドビューサポートミラー
  • VSA
  • エコアシスト機能(ECONモード、コーチング機能)
  • アイドリングストップ機能
上記Bから、主に以下の箇所が追加されている。
主な追加装備

  • わくわくゲート
  • ヒーテッドドアミラー
  • IRカット/UVカット機能付きフロントウインドウガラス
  • IRカット/UVカット機能付きフロントドアガラス
  • ハーフシェイド・フロントウインドウ
  • 室内確認用ミラー付きサングラスボックス
  • ロールサンシェード(スライドドア両側)
  • パワースライドドア(助手席側)
  • スライドドア・イージークローザー(後席両側)
  • スマートキー
  • クルーズコントロール
  • セキュリティーアラーム
G・EX
上記Gから、主に以下の箇所が変更・追加されている。
基本装備の主な変更

  • ホイールがアルミホイールに変更(サイズは同一)
  • FF車のリヤが、クーラーのみからエアコン(暖房付き)に変更
  • 前席にシートヒーター装備

主な追加装備

  • フロントドアアームレストパッド
  • スライドドアライニングパッド
  • センターテーブル

注意

上記装備は新型ステップワゴンが登場した2015年4月時点のものであり、随時、変更が加えられる。

(3)価格
グレード名 価格
(万円)
FF:228
4WD:254
FF:248
4WD:271
G・EX
FF:258
4WD:280

スパーダ

ステップワゴン スパーダ

(1)スパーダのグレード体系
スパーダのグレード体系は、「スパーダ」と「スパーダ・クールスピリット」の2種である。

(2)スパーダ各グレードの主要装備
スパーダ
標準モデルのG・EXに対し、主に以下の変更・追加を行っている。
基本装備の主な変更

  • スパーダ専用アルミホイール(サイズは同一)
  • LEDヘッドライト

主な追加装備

  • スパーダ専用LEDアクセサリーランプ内臓フロントグリル
  • スパーダ専用バンパー(フロント/リヤ)
  • スパーダ専用カラードサイドシルガーニッシュ
  • スパーダ専用テールゲートスポイラー
  • スパーダ専用サスペンション(FF車のみ)
  • インテリアイルミネーション
  • 本革巻きステアリングホイール
  • アクティブコーナーリングライト
  • LEDハイマウント・ストップランプ
  • フォグライト
  • ダブルホーン
スパーダ・クールスピリット
上記「スパーダ」に対し、主に以下の変更・追加を行っている。
基本装備の主な変更

  • スパーダ専用アルミホイールが16インチから17インチに(FF車のみ)

主な追加装備

  • リヤライセンスガーニッシュ
  • LEDドアミラーウインカー
  • パドルシフト
  • センターテーブル
  • LEDカーテシランプ
  • その他内装外装に小変更

注意

上記装備は新型ステップワゴンが登場した2015年4月時点のものであり、随時、変更が加えられる。

(3)価格
グレード名 価格
(万円)
スパーダ
FF:272
4WD:296
スパーダ・
クールスピリット
FF:288
4WD:308
☑売れ筋グレードはこれだ!

新型ステップワゴン(RP型)が登場してから約1ヶ月で1万5千台の受注があった。

その時点におけるグレード別販売割合を示す。

新型ステップワゴングレード別販売割合(2015年6月)

グレード 販売割合(%)
1
20
G・EX
10
スパーダ
34
スパーダ・
クールスピリット
35

客


Bは一番安いのに1%しか売れていないのね。


主

わくわくゲートが装備されていなかったり、マルチビューカメラシステムがオプションで選択できなかったりと、新型ステップワゴン自慢の装備が省かれているからな。


客

エアロモデルのスパーダ系が約7割も占めていることも特徴よね。


主

そうなんだ。

この割合はセレナやヴォクシー/ノアでも同じで、セレナであれば「ハイウェイスター」、ヴォクシーであれば「煌」といったエアロモデルが販売の約7割を占める。

このクラスのミニバンは、エアロモデルが主流といってよい。

グレードの変更・特別仕様車の販売履歴

新型ステップワゴンは、2015年4月の登場以来、グレードの小変更や特別仕様車の投入を行っており、その履歴を時系列で示す。

特別仕様車 スパーダ系に「アドバンスパッケージα」設定(2015年12月)

スパーダ及びスパーダ・クールスピリットのそれぞれに、特別仕様車としてアドバンスパッケージαを設定した。

主な特別装備
  • Hondaセンシング
  • 右側がパワースライドドア
  • Hondaインターナビ+リンクアップフリー+ETC車載器
  • リヤエンターテイメトシステム

   その他詳細はホンダ公式サイト
   ⇒ステップワゴン特別仕様車

グレード名 価格
(万円)
スパーダ
アドバンス
パッケージα
FF:306
4WD:329
スパーダ
クールスピリット
アドバンス
パッケージα
FF:321
4WD:340

特別仕様車 スパーダ系に「アドバンスパッケージβ」設定(2016年1月)

上記の「アドバンスパッケージα」に引き続いて「アドバンスパッケージβ」を発売。

ステップワゴンスパーダ アドバンスパッケージβ
主な特別装備
  • Hondaセンシング
  • 右側がパワースライドドア
  • ナビ装着用スペシャルパッケージ
  • ETC車載器

   その他詳細はホンダ公式サイト
   ⇒ステップワゴン特別仕様車

グレード名 価格
(万円)
スパーダ
アドバンス
パッケージβ
FF:284
4WD:307
スパーダ
クールスピリット
アドバンス
パッケージβ
FF:299
4WD:318

グレード小変更(2016年5月)

これまで、Hondaセンシングはオプション設定だったが、今回、「B」を除く全グレードに対して標準装備とし、それに伴い各グレード名にも「Hondaセンシング」を表記した。

その他、一部の装備も小変更している。

主な変更点
  • Hondaセンシングとナビ装着用スペシャルパッケージ+ETC車載器を全グレードに標準装備(「B」を除く)
  • 右側パワースライドドアを全グレードに標準装備(「B」「G Hondaセンシング」を除く)
  • 「1列目シートi-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム」を全グレードに標準装備(「B」を除く)

   その他詳細はホンダ公式サイト
   ⇒ステップワゴン一部改良

新グレード名(全グレード)

グレード名 価格
(万円)
FF:228
4WD:254
G・Honda
センシング
FF:261
4WD:284
G・EX Honda
センシング
FF:283
4WD:304
スパーダ・Honda
センシング
FF:284
4WD:307
スパーダ・クールスピリット
Hondaセンシング
FF:299
4WD:318

新グレード追加「ステップワゴン Modulo X」(2016年12月)

最上位に位置する新グレードとして「Modulo X」を発売した。

主として内装外装に専用パーツを装備したモデルである。

FFのみの設定で価格は約366万円である。

ステップワゴン Modulo-X
主な装備
  • エアロパーツ等、内装外装にModulo X専用装備
  • Hondaセンシング
  • 専用サスペンション
  • 専用17インチアルミホイール

   その他詳細はホンダ公式サイト
   ⇒ステップワゴンModulo X

マイナーチェンジ(2017年9月)

ステップワゴンマイナーチェンジ情報(2017年9月)

ライバルのセレナ、ヴォクシー/ノアと比較せよ

ステップワゴンのライバルは、言うまでもなくセレナ、ヴォクシー/ノアである。

それぞれに独自の魅力があり、購入を検討する際は非常に悩むことになるだろう。

実際、このクラスのミニバンを購入する客層は、ほとんどがこの3車で比較をするそうである。

よって、以下を読んで徹底的に比較していただきたい。

新型80系ヴォクシー/ノアの価格・値引き・燃費・口コミ!

新型セレナC27の価格・値引き・評価・燃費を徹底解説