2018年ヴィッツ特別仕様車の値引き、評価・口コミ、内装等の違い

ヴィッツ Safety Edition 2 値引き

男

2018年5月31日、ヴィッツ/ハイブリッドにおいて、Fグレードに対する特別仕様車“Safety EditionⅡ”及び”Amie”(アミー)が販売された。

口コミでは大変お得であるとの評価であるが、このヴィッツ特別仕様車”Safety EditionⅡ”、”Amie”の購入予定者が知りたいのは以下のような内容ではないだろうか?

  • ヴィッツ特別仕様車の値引きは少ない?
  • ベース車両との内装や装備の違いはどこ?
  • ヴィッツ特別仕様車の評価・口コミはいいの?
笑

当ブログでは、ヴィッツ特別仕様車F”Safety EditionⅡ”、F”Amie”に関する上記の情報を紹介するよ。

ヴィッツ特別仕様車の装備は何が違うの?
ベース車両との違いは下記値引き交渉レポートで詳しく説明しています。
特別仕様車F”Safety EditionⅡ”、F”Amie(アミー)”の値引き相場は?
一般的に特別仕様車も値引き相場はベース車両と同等ですが、ヴィッツ特別仕様車は販売されてから間もないので少し渋いです

2018年9月の値引き相場は14万円(オプション等込み)


ヴィッツ特別仕様車の値引き、ここに注意!

営業マンは「下取り車を安く査定して、浮いた差額で見かけ上のヴィッツ特別仕様車の値引きを拡大させる」というセールステクニックをよく使う。

この手法がよく行われていることは覚えておいたほうがよいだろう。

下取車を使ったヴィッツ特別仕様車の値引き操作例
下記見積書におけるヴィッツ特別仕様車の支払総額は同じだ

見積書1
【値引き20万円 下取り車40万円】

見積書2
【値引き15万円 下取り車45万円】

見積書3
【値引き10万円 下取り車50万円】

営業マン営業マン

ヴィッツ特別仕様車の値引き額なんて、下取り車を使えば自由に操作できちゃうよ。


セールスマンは、客によってヴィッツ特別仕様車の値引き額に差をつけているのと同様に、下取り車の査定価格にも差をつけている。

しかし、通常は買取専門店よりも安い金額しかつけられないため、正直なセールスマンは下記の自動車雑誌記事のように、ヴィッツ特別仕様車の「下取りなし」にして買取専門店への売却をすすめてくれる(記事中では買取専門店のほうが16万円高い査定になった)。

下取りなし
↓拡大
拡大

価格

目標を決めて限界までヴィッツ特別仕様車の値引きを拡大する

2018年9月
ヴィッツ特別仕様車値引き目標

オプション等込み値引き総額19万円


目標・限界までヴィッツ特別仕様車の値引きを引き出す3つのコツ

  1. ライバル車やヴィッツ特別仕様車同士を競合させる
  2. ディーラーオプション等、ヴィッツ特別仕様車の付属品からは20%の値引き率を目標に
  3. 支払総額を下げるためにヴィッツ特別仕様車の下取り車両は買取専門店とも競合させる

上記3つの中でも、ヴィッツ特別仕様車の下取り車を買取専門店と競合させることは特に効果的だ(ほとんどの場合、買取専門店の方が高い)

ヴィッツ特別仕様車を値引きさせるための競合は面倒だが、下取り車の競合はネットの無料一括査定サイトで簡単にできる。

目標

かんたん車査定ガイド

ヴィッツ特別仕様車F”Safety EditionⅡ”値引き交渉の口コミをレポ―ト!

自動車業界に勤務する当ブログの管理人があらゆる人脈を駆使してヴィッツ特別仕様車F”Safety EditionⅡ”購入者から聞いた値引き交渉内容の口コミをレポート!

【購入者データ】

  • 購入者
  • 50代女性

  • 契約・交渉時期
  • 2018年5月

  • 購入車両
  • ヴィッツ特別仕様車1.0F Safety editionⅡ

  • 値引き額
  • 8万円(付属品込み)

【購入の経緯】

子供が成人してマイカーを持つようになり、現在乗っているヴォクシーは最大でも夫婦2人でしか乗ることがなくなった。

最近はガソリンも値上がりしており、燃費の良いコンパクトカーへ買い替えることにしました。

ヴィッツ特別仕様車の値引き交渉開始

ヴォクシーを購入したネッツ店に出向き、担当の営業マンにヴィッツへの買い替えを検討していることを伝える。

すると、営業マンから価格の割に装備がお得ということなので特別仕様車をすすめられる。

営

特別仕様車のベース車両はFグレードとなります。

設定された特別仕様車は”Safety EditionⅡ”と”Amie”(アミー)の2種類となり、価格は以下のとおりです。

特別仕様車Amie新車価格
グレード 新車価格
(万円)
ガソリン
1000CC
FF:151
ガソリン
1300CC
FF:173
4WD:183
ハイブリッド
1500CC
FF:201

※千円未満四捨五入


特別仕様車Safety EditionⅡ新車価格
グレード 新車価格
(万円)
ガソリン
1000CC
FF:137
ガソリン
1300CC
FF:156
4WD:169
ハイブリッド
1500CC
FF:190

※千円未満四捨五入

同じ特別仕様車でも、AmieとSafety EditionⅡでは10万円以上も違うので何が違うのか聞いてみた。

営

AmieとSafety EditionⅡの主な違いは3点です。

  • Amieはインストルメントパネル周辺にカッパー加飾を施している。
  • Amieはスエード調ファブリックと合成皮革を組み合わせた専用シートを特別装備し、上質感を演出している。
  • Amieはインテリジェントクリアランスソナーが標準装備ではなくオプション設定となる(Safety EditionⅡは標準装備)。

これならなら10万円以上安いSafety EditionⅡのほうがよいので、そちらに興味を持って商談(値引き交渉)をすすめる。

特別仕様車Safety EditionⅡは、ベースグレードのFとは違いは何かと聞くと、以下の装備が標準装備であることが違うとの事。

ヴィッツ特別仕様車の装備

  • Toyota Safety Sense
  • Toyota Safety Sense

    単眼カメラとレーザーを用いた安全運転支援システムであり、プリクラッシュセーフティーシステム、レーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビームをセットにしたパッケージ。

    2018年5月の一部改良で、プリクラッシュセーフティーは昼間の人も検知できるようになった。

  • 先行車発進告知機能
  • 先行車発進告知機能

    信号待ちなどの停止時、前の車が発進したことを知らせてくれる機能。

  • インテリジェントクリアランスソナー
  • インテリジェントクリアランスソナー

    駐車場などで万が一アクセルを踏み間違えたときに、衝突回避をサポートするシステム(※1000CCのガソリン車は装備なし)。

    2018年5月の一部改良で新たに装備された。

  • スマートエントリーシステム
  • スマートエントリーシステム

    キー操作を行わず、ドアハンドルに触れるだけで施錠・開錠ができる。



営

上記ですでに約9万円分の装備です。

また、内装の違いは大きく、特別仕様車には以下の加飾や変更が行われています。

ベース車両と特別仕様車の内装の違い

  • 前席シート
  • 内装 シート

    シートは、特別仕様車専用ファブリックと専用のステッチを採用。

    また、ベース車両はヘッドレストが一体式であるのに対し、特別仕様車では分離式となっている。

  • インパネオーナメント
  • インパネオーナメント

    特別仕様車にはインパネオーナメントに「塗装+レーザー表面処理」がされている。

  • フロントドアドアトリムオーナメント表皮
  • フロントドアトリムオーナメント

    表皮に専用ファブリック(ブルーブラック)を採用。

  • フロントパワーウインドゥスイッチベース
  • フロントパワーウインドゥスイッチベース

    特別仕様車にはブラックマイカ塗装がされている。

  • シフトレバーベゼル
  • ヴィッツ特別仕様車 シフトレバーベゼル

    シフトレバーベゼルもブラックマイカ塗装となっている。

  • メッキ加飾
  • 以下の箇所がメッキ加飾となっている。
    ・インサイドドアハンドル
    ・サイドレジスターノブ・ベゼル
    ・エアコンのダイヤル(ガソリン車)
    ・センターレジスターノブ

  • イルミネーテッドエントリーシステム
  • ハイブリッド車ではパワースイッチ、ガソリン車ではエンジンスイッチに採用。



営

エクステリアの違いは下記の1か所だけです。

特別仕様車のエクステリアの違い

  • ドアハンドルのメッキ加飾
  • ヴィッツ ドアハンドル加飾



これだけの装備がついてベース車両と5~10万円しか違いがないのなら(パワートレインにより差額は異なる)、迷わず特別仕様車のSafety EditionⅡを選択するしかない。

1000CCのガソリン車を選択し見積もりをもらうと、オプション等含めて、総支払額は約155万円。

さて、ここからいくら値引いてもらえるか交渉すると、値引き金額は5万円との事。

特別仕様車Safety EditionⅡは販売されたばかりなので、値引きが渋いようだ。

自宅でヴィッツ特別仕様車の値引き・口コミ・評価を調べる

自宅に帰って、特別仕様車の値引きや口コミ評価をネットで調べてみたが、一部改良前の情報しかない。

口コミについては一部改良後の「Safety EditionⅡ」ではなく、一部改良前の「Safety Edition」においては良いものばかりで、特に欠点も見当たらないようであった。

目立った口コミ・評価としては以下のようなものだ。

『内装の質感がベース車両とは違います。この価格のコンパクトカーとしては十分でしょう。』

『Toyota Safety Senseや、スマートキー、豪華な内装の加飾など装備されて、価格を考えるとバーゲンプライスだと思います。』

ヴィッツ特別仕様車の値引き交渉再開

一部改良されたばかりといっても、値引きが5万円では契約できない。

再度、ディーラーに出向き、値引き交渉を行う。

この営業マンからは過去に2台の車を買っているが、フィットも購入候補に入れていると伝えると、少し慌てた様子で店長に相談してきますと言って席を外す。

5分後に戻ってくると3万円なら値引きを上乗せできますとのこと。

特別仕様車“Safety EditionⅡ”が発売直後であることを考慮し、これで契約。

ただし、下取り車のヴォクシーの査定が40万円と安かったので、ネットの一括査定で62万円の値が付いた買取専門店へ売却。
(完)


値引き レポート

営業マンは、客が要求してくるヴィッツ特別仕様車の値引き対策として、あらかじめ下取り車を甘く(安く)査定している。
営業マン営業マン

お客様のヴィッツ特別仕様車ですが、10万円値引きさせて頂きましたのでこれが限界です。

客

でもヴィッツ特別仕様車の下取り車となると、査定額がたったの30万円になるんですね。

買取専門店の査定は38万円だから、実質的に値引きは2万円ですよ。

相場

交渉

自動車雑誌読者が比較した実例
限界

<実際のページ>
口コミ

↓拡大
支払総額

下取り車