2018年7月9日追記

ノートe-POWERは2018年7月5日に一部改良が行われており、価格等が変更になっているので、ネット上の更新されていない古い情報に注意!(このブログは一部改良後の最新情報です)。

ノートe-POWER
ノートe-POWER

2016年11月2日、日産ノートに「エンジンで発電した電力」によってモーターのみで走行する新開発技術を搭載した「ノートe-POWER」が発売になった。

そんなノートe-POWERの購入検討者が気になるのは以下の内容ではないだろうか?

  • いくらで買えるの?ノートe-POWERの新車価格一覧
  • グレードによる違いは?グレードごとの装備を比較
  • ノートe-POWERの売れ筋とおすすめのグレードは?
笑

当ブログでは、ノートe-POWERについてグレードによる違いや価格などの情報をわかりやすくお伝えしますので、グレード選びの参考にどうぞ!

ノートe-POWERのグレード一覧と新車価格・装備の違いを比較

全グレード共通

ノートe-POWERのここがポイント!

  • 搭載された発電専用のエンジンは1200CCであり、この電力により100%モーターのみで走行する。
  • モーターは基本的にはリーフと同一
  • 駆動方式はFFのみ(2018年7月5日の一部改良で、4WDが追加になった)。
  • アクセル操作のみのワンペダルでブレーキングも可能



男

以下に、ノートe-POWERのグレード一覧と新車価格を示すよ(特別仕様車は除く常時設定グレード)。

ノートe-POWERのグレード構成と新車価格

ノートe-POWERのグレードは以下のとおりだ。

基本は「S」「X」「メダリスト」という3グレードだが、「」と「メダリスト」には『ブラックアロー』というサブグレードも存在する。

ノートe-POWER新車価格
グレード名 駆動 新車価格
(万円)
FF
190
FF
202
(211 ※1)
4WD
224
(233 ※1)
メダリスト
FF
235
(242 ※1)
4WD
257
(264 ※1)

※1:( )はブラックアローの価格
※2:千円未満は四捨五入

「ブラックアロー」って何?
「ブラックアロー」とは、「X」及び「メダリスト」に設定されたサブグレードの名称だ。

ベースグレードに対して主に内装・外装の一部を名前のとおり「ブラック」化するなど、スタイリッシュなデザインに仕上げている。

ベースグレードに対しての主な違いは見た目に関する内容であり、装備の差はほとんどない。

ブラックアロー

各グレードの違いを比較して解説 ノートe-POWERのおすすめグレードは?

男

ここでは「S」「X」「メダリスト」の各グレードを比較し、ノートe-POWERでおすすめのグレードを徹底検証するよ。

最もおすすめしないグレード「S」

男

まずは最廉価グレードの「S」から紹介。

S

Sグレードはこんな内容
  • このグレードの燃費が最も良く、JC08モードで37.2km/l(他グレードは34.0km/l)
  • リヤウインドウの開閉が手動であるなど装備がかなり省かれており、全く売れていないグレード



女

最も安くて燃費がいいのに、おすすめでも売れ筋でもないのはどうして?

男

それはあまりに装備が省かれているにもかかわらず、その1つ上のグレードと12万円しか変わらないからだよ。

特に以下の5つを知らずに買うと大変なことになる。

Sグレードの装備の注意点

  1. リヤパワーウインドウなし
  2. 純正カーナビの装着不可
  3. リヤワイパーなし
  4. ドアミラーは手動で格納
  5. フロント2スピーカーすらオプション



男

これ以外にもいろいろ装備が省かれていて一つ上の「X」グレードと12万円しか変わらないんだからこのグレードはおすすめできない。

女

さすがに装備が省かれ過ぎているわね。

でも、最も燃費がいいグレードなんでしょ?

男

装備を省いて車重が軽いから、価格も安く燃費も良くなるんだよね。

このようなグレードを設定することによって、自動車メーカーは「安い価格」「良い燃費」で宣伝できるというメリットがあるんだ。

実際にほとんど売れていないし、メーカーもそれを承知で設定したグレードだ。

売れ筋No1は「X」

男

次は中間グレードのXを見てみよう。

X

Xグレードはこんな内容
  • 実用的な装備が全て装備されている標準となるグレード
  • 売れ筋No1



女

「S」と外観は変わらないように見えるけど。

男

外観はホイールのサイズが違うだけだね。

女

「X」は売れ筋で標準的な装備のグレードなんでしょ?

男

うん、「S」の項目で説明した装備以外に追加されるのは以下の内容だ。

  1. ハイビームアシスト
  2. インテリジェントオートライト
  3. リヤシートが6:4に分割可倒
  4. 運転席シートリフター
  5. ホイールサイズが15インチ→14インチに変更(小さくなっていることに注意)
  6. インテリジェントエマージェンシー
  7. 車線逸脱警報
  8. 踏み間違い衝突防止アシスト(2018年7月5日の一部改良で追加された



男

細かい違いは上記以外にもあるけど、これだけたくさんの違いがあって12万円しか変わらないのだからノートe-POWERでこのグレードが売れ筋なのは納得できるだろう。

おすすめNo1のグレードだ。

豪華装備の「メダリスト」

男

最後は上級グレードの「メダリスト」を紹介するよ。

MEDALIST



女

「メダリスト」は「X」と比較して一気に36万円も高くなるのね。

「X」とは何が違うのかしら?

男

「メダリスト」が「X」から付加される主な装備は次のとおりだ。

  1. LEDヘッドライト
  2. 本革巻きステアリング
  3. ステアリングスイッチ
  4. ナビ取り付けパッケージ
  5. 運転席&後席アームレスト
  6. 15インチアルミホイール
  7. インテリジェントクルーズコントロール
  8. インテリジェントLI(車線逸脱防止支援)
  9. ヒーター付きドアミラー



女

「X」と「メダリスト」の36万円という価格差は大きいけど、装備内容も大きく違うわね。

男

これだけ違えば36万円の価格差と言えども迷ってしまうだろうね。

女

実際に売れている割合が気になるわ。

男

ノートe-POWERについては2016年11月に発売した直後に集計した売れ筋データがあるから紹介するよ。

ノートe-POWERグレード別販売割合
グレード名 販売割合
0%
61%
メダリスト
39%



女

Sが0%というのが極端ね。

男

まあ、ノートe-POWERは実質2グレードだね。

その中でも売れ筋No1はやはり「X」だ。

以上がノートe-POWERの価格やグレードに関する情報になるけど、ノートe-POWERを買うなら下記の値引き交渉の情報も参考になると思うよ。

~ノートe-POWER購入者徹底追跡~

ノートe-POWERを買った人の値引き交渉の仕方や値引き額って気になりませんか?

  • いくらの値引き価格でノートe-POWERを買ったの?
  • ディーラーでは何回交渉した?
  • ノートe-POWER以外の候補車種は何?

そんなノートe-POWER購入の値引き交渉過程を追いました。

潜入取材!⇩⇩⇩
値引き目標も解説したノートe-POWER交渉レポート!