CX-8のグレード一覧と新車価格・装備の違いを比較!売れ筋とおすすめは?

CX-8 価格
男

2017年12月に発売されたマツダCX-8。

このCX-8購入検討者がまず最初に知りたいのは以下の情報だろう。

  • CX-8はいくらで買えるの?新車価格表の一覧
  • グレードによる違いは何?装備の比較
  • CX-8の売れ筋とおすすめのグレードはどれ?
笑

当ブログではCX-8の価格や装備の情報をわかりやすく解説!

CX-8のグレード構成と新車価格表

ここがポイント!
  • CX-8のパワートレインは2200CCのディーゼルエンジンのみでガソリン車の設定はなし
  • 3グレードが用意されており、それぞれにFFと4WDを設定
  • 全グレードにおいて、同一価格で6人/7人から選択可能

CX-8新車価格表(万円)
グレード 駆動 新車価格
XD
FF
320
4WD
343
XD
プロアクティブ
FF
354
4WD
377
XD
Lパッケージ
FF
396
4WD
419

※一万円未満四捨五入

女

CX-8はなかなか高額な車だね。

男

そう、そこで頭をよぎるのがCX-8と同一のエンジン(SKYAKTIVE-D2.2)を搭載するCX-5の存在だ。

CX-5ならば上級グレードLパッケージ(330万円)を選択してもCX-8の中間グレードであるプロアクティブより24万円も安い。

装備が多少異なるので単純比較はできないがLパッケージ同士を比べると66万円も違うから、3列目シートの必要性がどこまであるかよく検討すべきだろう。

グレードによる装備の違いとCX8のおすすめグレード

男

CX-8のグレードは3つあるけど、ここではグレードによる装備の違いとおすすめのグレードを紹介するよ。

下位グレードのXDはおすすめしない

XD
女

まずはCX-8のべースとなる「XD」だけど、これはどう?

男

このXDはおすすめではないな。

一つ上のグレードであるプロアクティブとは約34万円の違いだけれども、価格差以上に装備が違うと感じるはずだ。

プロアクティブとの装備の違いは以下の通りたくさんある。

【プロアクティブとXDの装備の違い】

  • スマート・ブレーキ・サポート&マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール全車速追従機能付き(XDは一般的なクルーズコントロール)
  • アダプティブLEDヘッドライト
  • レーンキープアシストシステム
  • ドライバーアテンションアラート
  • 交通標識認識システム
  • ヘッドランプユニット内シグネチャーLEDランプ
  • パワーウインドウの自動反転機構およびワンタッチ&タイマーが運転席のみ(プロアクティブは各窓の座席で可能)
  • ドアミラーのオート格納機能
  • ヒーテッドドアミラー
  • マルチインフォメーショディスプレイ
  • アクティブ・ドライビング・ディスプレイ
  • ステアリングヒーター
  • 運転席パワーシート
  • 助手席ラチェット式シートリフター
  • 前席シートヒーター
  • センターアームレストの充電用USB×2+小物入れ(7人乗り仕様車)
  • 6スピーカー(XDは4スピーカー)
  • 19インチアルミホイール(XDは17インチ)
  • アドバンストキーレスエントリーシステム
男

上記以外にも内装の加飾に少し違いがある。

女

これだけ違いがあれば、34万円の価格差があるといってもプロアクティブを選ぶべきだよね。

エクステリアを見ても、XDの17インチアルミホイールとプロアクティブの19インチアルミホイールでは後者の方が断然カッコいいし。

17インチアルミホイール

17インチアルミホイール

19インチアルミホイール

19インチアルミホイール

費用対装備の優れたプロアクティブがおすすめ

プロアクティブ
男

結論から述べると、CX-8ではこのプロアクティブがおすすめのグレードだ。

上位グレードのLパッケージとの価格差は42万円だけれども、価格差と装備内容を考えるとこのプロアクティブがコストパフォーマンスに優れる。

Lパッケージとの装備の違いを見てみよう。

【Lパッケージとプロアクティブの装備の違い】

  • LEDフロントフォグランプ
  • リアウィンドーサンシェード
  • パワーリフトゲート
  • ルーフレール
  • マップランプ、リアルームランプがLED
  • オーバーヘッドコンソールLEDダウンライト
  • グローブボックス内植毛加工
  • 助手席パワーシート
  • 2列目アームレスト付きコンソールボックス
  • 2列目シートヒーター
  • シートの材質がナッパレザー
  • 19インチアルミホイールに高輝度塗装
男

上記以外にもLパッケージではトリムに本物の「木」を使用するなど内装も高級に仕上げている。

しかし、豪華ではあるけど上記装備の必要度合いはあまり高くないよね。

CX-8のフラッグシップ「Lパッケージ」

Lパッケージ
女

最上級のLパッケージは、装備の充実というより内装が豪華という感じだね。

男

シートはベンツなどの高級車に採用されるナッパレザーだし、本杢トリムも採用している。

近頃はウッドトリムに見えても実際は樹脂に木の模様をプリントしただけであることがほとんどだが、CX-8ではマツダとしては約20年ぶりに本物の木を採用したんだ。

女

車両本体価格も約400万円になるけど、高級車にも劣らない豪華仕様だね。

CX-8の売れ筋グレードは「Lパッケージ」

女

ところで、CX-8の人気グレードというか売れ筋グレードを知りたいんだけど。

男

OK!

では、CX-8の売れ筋販売データを以下に示すよ。

CX-8グレード別売れ筋データ
グレード 販売割合
Lパッケージ
81.5%
プロアクティブ
18.5%
XD
女

なんと、購入者の大部分がLパッケージを選択しているのね。

XDが売れないのはわかるけど、この結果には驚いたわ。

男

CX-8はマツダのSUV系モデルのフラッグシップにあたり、高級車の部類に入る。

この価格クラスの車を買う人は、グレード間の30~40万円の価格差なんて気にせず購入する傾向があるから上位グレードがよく売れる。

女

デミオみたいなコンパクトカーでは価格の安い低グレードが売れるのとは対照的ね。

男

あと、CX-8のLパッケージは2列目シートの快適性が極めて高い。

要人をもてなすことにも使える車両だから、そのような需要もあるね。

以上がCX-8の価格やグレードに関する情報になるけど、CX-8を買うなら下記の値引き交渉の情報も参考になると思うよ。

~CX-8購入者徹底追跡~

CX-8を買った人の値引き交渉の仕方や値引き額って気になりませんか?

  • いくらの値引き価格でCX-8を買ったの?
  • ディーラーでは何回交渉した?
  • CX-8以外の候補車種は何?

そんなCX-8購入の値引き交渉過程を追いました。

潜入取材!⇩⇩⇩
値引き目標も解説したCX-8交渉レポート!