エスクァイアの内装を画像で紹介!GiとXiのシートはどちらがおしゃれ?

エスクァイア 内装
男

エスクァイアを購入するときに気になるのが、以下のような内装や車内の様子だ。

  • エスクァイアの内装色は何色がある?
  • シートはおしゃれなの?
  • XiやGiの車内の様子を画像で見たい
笑

当ブログでは、エスクァイアの内装・車内の様子を画像で解説しています!

エスクァイアのシートをグレード別に解説!

男

エスクァイアのシートや内装色はグレードによって違うから、グレード別に解説するよ。

エスクァイアのシート全グレード共通機能

男

まずは、エスクァイアのシートで全グレード共通に採用された機能から。

  1. 前席はシートヒーターを標準装備
  2. ガソリン車のXiを除く全ての車両の前席にはシートヒーターを標準装備。

    2段階に温度調節もできる。

    シートヒーター

  3. 7人乗りの2列目キャプテンシートは810mmの超ロングスライド
  4. 7人乗りの場合、2列目がキャプテンシートとなるが、このシートはマルチスライドレバーで簡単に前後左右に移動可能。

    しかも、前後には810mmもスライドする。

    1. マルチスライドレバー

      マルチスライドレバー
    2. 横方向にスライド

      横方向にスライド
    3. 縦方向にスライド

      縦方向にスライド
    4. 広々とした空間

      広々とした空間

  5. 8人乗りの2列目ベンチシートも580mmのロングスライド
  6. キャプテンシートには及ばないが、6:4に分割可能な2列目ベンチシートも580mmスライドする上、座面もチップアップ可能。

    3列目からの乗り降りも快適だ。

    2列目ベンチシート

  7. 5:5分割の3列目シートはワンタッチで格納できる
    1. シートのレバーを引く

      レバーを引く
    2. シートが上に持ち上がる

      シートが上に持ち上がる
    3. 広々としたスペース

      左右のシートを格納すれば広いスペースが出現。

      高い位置に持ち上がるので、出っ張りが少ないことがポイント!

      広々としたスペース
女

3列目シートは高い位置に持ち上がるから出っ張りが少ないのがいいな。

跳ね上げ式は出っ張ることが多いから。

男

でも、3列目の窓が覆われてしまうので、運転席から左後方の目視確認がしにくくなるというデメリットもあるよ。

以上エスクァイアのシートに関する全グレード共通の機能だ。

これ以降はグレード別の解説をするよ。

Xi系のシートは消臭機能付き

Xiのここがポイント!
  • シートの材質はファブリック
  • 色はブラックのみ
  • 消臭機能付きシート表皮採用
Xi シート
女

エスクァイアのベースグレードとなるハイブリッドXi/Xiのシートは、シート表皮がファブリックで色がブラックという下位グレードによくある組み合わせだね。

男

ただ、ファブリックの特性を生かし、消臭機能が付いていることがポイントと言えるだろう。

他グレードのシートにはない機能だ。

Gi系のシートは2色から選べる

Giのここがポイント!
  • シートの材質は合成皮革
  • シートの色は2色から選べる
  • 昇温降温抑制機能付シート表皮採用
バーガンディ&ブラック

Gi バーガンディ&ブラック

ブラック

Gi ブラック

女

ハイブリッドGi/Giのみはシート色が2色から選べるんだよね。

でも、上の画像を見てもあまり色の違いがわからない。

男

バーガンディーとはワインレッドのことだ。

よく見ると座面や背もたれの部分が少し赤いでしょ。

それから、シートの材質はいずれの色も合成皮革だけど、昇温降温抑制機能付シート表皮だから夏や冬でも快適だよ。

昇温降温抑制機能付シート表皮

昇温降温抑制機能付シート表皮

Giプレミアムパッケージ系のシートはおしゃれなバーガンディー

ここがポイント!
  • シートの材質はブランノーブ+合成皮革
  • シートの色はバーガンディー
Giプレミアムパッケージ バーガンディー
女

最後はハイブリッドGiプレミアムパッケージ/Giプレミアムパッケージだけど、このバーガンディーのシートはおしゃれな色だね。

エスクァイアが持つ高級感に合っていると思う。

ところで、シートに使われている「ブランノーブ」ってあまり聞かない材質だけど、これは何?

男

革の高品質であるヌバックをファブリックで表現したもので、耐久性と伸縮性が高いんだよ。

インパネや内装色を画像で解説!

男

続いて、インパネ周りや内装色を画像で見ていこう。

まずは、全グレード共通の内容を紹介するよ。

全グレード共通インパネ周辺の装備

  1. ハンドルとガソリン車のシフトノブは本革巻き
  2. 女

    ハンドルとガソリン車のシフトノブは本革巻きが全車標準装備だけど、ここはヴォクシーやノアと違うところだね。

    男

    ヴォクシー/ノアの下位グレードはウレタンだから、兄弟車といえどもエスクァイアが上位モデルであることを感じさせる。

  3. オプティトロンメーター
  4. オプティトロンメーター(ハイブリッド)

    オプティトロンメーター(ハイブリッド)

    オプティトロンメーター(ガソリン)

    オプティトロンメーター(ガソリン)

    男

    オプティトロンメーターは鮮やかで美しく、昼間でも見やすい。

  5. マルチインフォメーションディスプレイ
  6. マルチインフォメーションディスプレイ
  7. 左右独立温度コントロール機能付きフルオートエアコン
  8. 左右独立温度コントロール機能付きフルオートエアコン
男

次は、グレード別にエスクァイアのインパネ周りや内装色を紹介するよ。

Xi系のインパネ・内装色はスタンダードなブラック

男

ハイブリッドXi/Xiの内装色はブラックの1色となっている。

Xi インパネ ブラック
男

上記はハイブリッドXiの画像だけど、ガソリン車もインパネや内装は概ね同じだ。

ただ、ハイブリッド車は全グレードでエレクトロシフトマチックが採用されているところは大きく違う。

エレクトロシフトマチック

Gi系のインパネ・内装色は2色

男

シートと同様に、ハイブリッドGi/Giのインパネ・内装色は2色を用意している。

Xiとはハンドルの加飾など少し違うところがあるけど、色以外は概ね同じだ。

バーガンディー&ブラック

Gi 内装色 バーガンディー&ブラック

ブラック

Gi 内装色 ブラック

Giプレミアムパッケージ系はステアリングヒーターが標準装備

男

最後はGiプレミアムパッケージ。

こちらはGiと同一の「バーガンディー&ブラック」1色のみとなっている。

Giプレミアムパッケージ バーガンディー&ブラック
男

ただ、このGiプレミアムパッケージのみはステアリングヒーターが標準装備されている。

ステアリングヒーター

エスクァイアの収納は豊富

男

最後は収納を見ていくけど、エスクァイアの収納は十分確保されているからこの点については全く心配はない。

全車標準装備の収納

収納

1.助手席大型オープントレイ
助手席大型オープントレイ

2.オーバーヘッドコンソール
オーバーヘッドコンソール

3.助手席アッパーボックス
助手席アッパーボックス

4.グローブボックス
グローブボックス

5.センタートレイ
センタートレイ

6.センターロアボックス
センターロアボックス

7.センターマルチトレイ
センターマルチトレイ

8. 運転席ロアボックス+カードホルダー
運転席ロアボックス+カードホルダー

9.買い物フック
買い物フック

10.シートバックポケット(運転席・助手席)
シートバックポケット(運転席・助手席)

11.フロントドアポケット+ボトルホルダー
フロントドアポケット+ボトルホルダー

12.助手席シートバックテーブル
助手席シートバックテーブル

13.折りたたみ式サイドテーブル
折りたたみ式サイドテーブル

14.格納式センターボックス
格納式センターボックス

15.リヤスライドドアポケット+ボトルホルダー
リヤスライドドアポケット+ボトルホルダー

16.デッキトリムボトルホルダー
デッキトリムボトルホルダー
男

以上が全車標準装備だ。

実はこれが全てではなく、グレードによっては以下の収納も装備されている。

ガソリンXi以外は独立型センターコンソールボックスも装備

男

ガソリンXi以外は装備される独立型センターコンソールボックスは十分な容量を持つ。

充電用USB端子2個も付いているから便利だ。

独立型センターコンソールボックス
男

なお、ボックス内はガソリン車とハイブリッド車で以下のとおり少し異なる。

ボックス内

ここもチェック!

センターコンソールにはアクセサリーソケット(DC12V・120W)+充電用USB端子2個が全車標準装備されている。

アクセサリーソケット

スーパーラゲージボックスはパワートレインで異なる

3列目の後部は、下部に「スーパーラゲージボックス」と呼ばれる収納スペースがある。

ハイブリッドシステムの関係で、このスペースはガソリン車とハイブリッド車で異なり、ハイブリッド車の方は出っ張りが生じてしまう。

ハイブリッド車

6:4分割式のデッキボードを装備。

ハイブリッド車のスーパーラゲージボックス

ガソリン車

一体型のデッキボードで、ラゲージボックス内の容量がハイブリッド車よりも大きい。

ガソリン車のスーパーラゲージボックス

荷室の最大空間は7人乗りよりも8人乗りが有利

後席を倒して大きな荷物を運ぶこともあるだろう。

その際は、7人乗りよりも8人乗りの方が最大空間を広く確保できる。

8人乗りの2列目シートは座面がチップアップするので、チップアップできない7人乗りよりも前へ多くスライドするからだ。

8人乗り最大荷室空間

8人乗り最大荷室空間


7人乗り最大荷室空間

7人乗り最大荷室空間



笑

以上がエスクァイアの内装に関する情報になるけど、エスクァイアを買うなら下記の値引き交渉の情報も参考になると思うよ。

~エスクァイア購入レポート~

他のエスクァイア購入者はどのような値引き交渉をしたのか気になりませんか?

  • エスクァイアの値引き価格はいくらだった?
  • おすすめのオプションは何?
  • エスクァイアを選んだ理由は?

下記ページでエスクァイア購入者の値引き交渉過程を取材しました!

潜入取材!⇩⇩⇩
値引き相場も解説のエスクァイア交渉レポート!