【2018年】エスクァイアの口コミからみる評価・評判はどう?

エスクァイア 評判・評価・口コミ
男

エスクァイア購入時に気になるのが実際に買った人の評価・評判・口コミだ。

実際のエスクァイア購入者の評価は、グレード選びなどで迷う購入検討者にとって、大いに参考になるはずだ。

そこで、当ブログではエスクァイアを買った人の評価や口コミをまとめてみました。

エクステリアの評判は分かれている

男

エスクァイアのエクステリアはヴォクシー/ノアと比較してフロントグリルの個性が強く、好みがはっきりと分かれる。

「フロントグリルがカッコいい」との評判

『ヴォクシー・ノア・エスクァイアの3車種で迷ったのですが、決め手はフロントグリルのカッコよさ。

アルファードに似たゴージャスな感じが高級車のような風格を漂わせており、非常に満足しています。』

エスクァイア

エスクァイアフロントグリル

アルファード

アルファードフロントグリル

女

確かにエスクァイアのフロントマスクはアルファードに似ているね。

フロントグリルとヘッドライトの形状はかなり近い感じがする。

男

アルファードのエクステリアの評判も「派手で下品」というものと「ゴージャスでカッコイイ」というものに分かれているから、エスクァイアでも同様に評価が2分している感じだ。

「派手過ぎて乗るのが恥ずかしい」という評価もあり

『主人の好みでエスクァイアを買いましたが、グリルが派手過ぎて苦手です。

ノアの方が落ち着いた上品な感じでしたので、あちらのほうがよかったです。』

女

エスクァイアがカッコいいという口コミもあるけど、派手だというネガティブな評価も割と見かけるよね。

男

特にこのグリルね。

これは好みが分かれるのもわかる気がする。

グリル

「エアログレードを設定して欲しい」という口コミ

『ヴォクシーなら「煌」、ノアなら「W×B」という定番となるエアログレードが(特別仕様車として)存在しますが、エスクァイアにはそれがありません。

純正のエアロパッケージやTRD、モデリスタといったエアロキットがあるのですが、20万円くらいかかるのでそれならヴォクシー煌のように別グレードとして設定して欲しいです。』

男

確かに20万円も払ってオプションとしてエアロパーツをつけるなら、上位グレードとして設定されていたほうがリセールバリューも高いし、上のグレードに乗っているという満足感もあるよね。

ノア・ヴォクシーは煌やW×Bが売れ筋だから、エスクァイアにも同様のエアログレードがあっても良いと思う。

エアロパーツはよく似合うよ。

モデリスタエアロ

モデリスタエアロ

内装・インテリアの評判は概ね良好だが気になる点もあり

男

エスクァイアの内装については質感と広さを評価する口コミが多く、概ね評判が良い。

特に、2列目シートのロングスライドは誰もが高く評価している。

「2列目のロングスライドが快適」という口コミ

『2列目のスライド幅が大きくて、とても快適です。

我が家は4人家族なので7人乗りを選択しましたが、3列目シートを格納して2列目シートを最後方まで移動するシートアレンジがおすすめ。

後部が拾い荷室となり、2列目も広く確保できるのでゆとりある最高の空間になります。』

2列目ロングスライド
男

3人~4人家族ならエスクァイアのシートアレンジの利点を最大限に生かしたこのパターンが最適だろうね。

「内装は高級感がある」との評判が多い

『内装の質感は高く、高級感があります。

特に、バーガンディー&ブラックの内装色がおしゃれでおすすめ。

バーガンディー&ブラック 内装色

ただ、アームレストはもう少し太い方が使いやすいと思います。』

アームレスト
女

エスクァイアの質感も評判が良く、ネガティブな口コミは少ないね。

男

フロントグリルといった外装もゴージャスだけど、内装も見劣りしていないと思うよ。

ただ、内装で評価が低い口コミをあげるとすれば、次のような評判もある。

合成皮革のシートはすべりやすい

『エスクァイアのシート表皮の材質は、グレードによって「ファブリック」「合成皮革」「ブランノーブ+合成皮革」の3パターンがあります。

このうち「Gi」グレードの「合成皮革」はすべりやすく、急カーブや急ブレーキで体がずれるので注意が必要です。

助手席においたバッグなども同様で、強めのブレーキをかけると荷物が下に落ちることも。

革はすべりやすいだけでなく夏に熱く冬に冷たいという特性もあるので、それを嫌ってファブリックを選ぶ人もいると聞きます。』

女

革のシートについては、エスクァイアに限らず他車でもこのような評判があるよね。

男

ただ、飲食物をシートにこぼした時にふき取りやすいというメリットもあるし、エスクァイアの場合、上位グレードのプレミアムパッケージは中央部分にブランノーブを採用しているから比較的滑りにくくはなっているよ。

注意すべきはGiで、合成皮革のみだから気になる人は試乗や展示車で確認したほうがよいだろう。

走行性能はガソリンとハイブリッドで異なる評価

男

エスクァイアの場合、走行性能についてはガソリン車とハイブリッド車で評価が異なるから、それぞれ見ていこう。

ガソリン車の走行性能に不満は少ない

『エスクァイアのガソリン車に乗っていますが、走行性能は平均的で問題ないと思います。

加速なども普通ですし、パワー不足と感じる場面もなく快適です。

ハイブリッド車のようにパワーモードがないのは残念ですが、代わりに7速スポーツシーケンシャルシフトがあるので鋭い加速が必要な場面で重宝しています。

車体がそこそこ大きいので軽快に加速するというほどでもないですが、2000CCのミニバンということを考えれば不満はないレベルです。』

7速スポーツシーケンシャルシフト

7速スポーツシーケンシャルシフト

男

エスクァイアのガソリン車については上記の口コミが代表的な評価と言える。

エコモードをオンにして乗っている人が多いことも特徴だ。

このようにガソリン車の走行性能は多くの人が満足しているようだが、これがハイブリッド車になると少し違う評価になる。

ハイブリッド車はパワーが足りないと感じる口コミが多い

『一般道では許容範囲ですが、高速道路の合流や上り坂などではパワー不足を感じます。

パワーモードがあるので必要に応じて使用すれば不足分は補えますが、燃費が気になるので普段はノーマルモードで乗っています。』

男

ハイブリッド車のパワー感がないという評価はヴォクシーやノアでも同様だ。

ただ、口コミにもあるようにモードスイッチをパワーモードに切り替えれば問題はないだろう。

モードスイッチ

ハイブリッド車はこんな評価・口コミもあり

『アクセルを強く踏み込んで加速するときの下品な「ブロロロロ」という排気音?にはがっかりします。

それから、ミニバンの形状を考えると仕方ないかもしれませんが、風の影響を結構受けますので、風が強い日に高速道路を走ると少し怖いです。』

男

ハイブリッドは車内の静粛性や排気音に関する口コミがいくつかあるね。

静粛性は概ね良好との口コミが多いけど、排気音については確かに加速時に特有の音がしてこれが気になる人もいるようだ。

女

風の対策については何かあるの?

男

横方向の投影面積が大きいから横風を受けるのは仕方ない。

一応、サイドガラス部とリヤコンビネーションランプサイド部には、気流に小さな渦を発生させて車体を左右から押さえつけ安定させる小さなフィン(エアロスタビライジングフィン)を採用しているけどね。

エアロスタビライジングフィン
男

以上がエスクァイアの評価に関する情報になるけど、エスクァイアを買うなら下記の値引き交渉の情報も参考になると思うよ。

~ドキュメンタリー エスクァイア購入~

エスクァイアを購入した他人の値引き金額や交渉内容って気になりませんか?

  • 何でエスクァイアを買ったの?
  • 値引きはいくらだった?
  • エスクァイアでお勧めのオプションは?

そんなエスクァイア購入の交渉過程を追いました。

潜入取材⇩⇩⇩
値引き情報満載のエスクァイア交渉レポート!