トヨタ新型アクア



トヨタが販売するコンパクトハイブリッド「アクア」。

2011年の登場以来、抜群の燃費、コンパクトな車体、購入しやすい新車価格設定で大人気となった。

そんなアクアの購入検討者が気になるのは以下の内容ではないだろうか?

  • いくらで買えるの?アクアの新車価格一覧
  • グレードによる違いは?装備の比較
  • おすすめと売れ筋のグレードは?

当ブログではこれらの内容をわかりやすく解説!

新型アクアのグレード一覧と新車価格・装備の比較

以下に、新型アクアのグレード一覧と新車価格を示す(特別仕様車は除く常時設定グレード)。

当然のことであるが上位グレードほど価格が高くなるので、内容を比較して自分の用途や嗜好に合った最適なグレードを選ぼう。

アクアのグレードは4つ

男

まずはじめに、以下の内容を確認しておきたい。

アクアのここを確認
  • 全グレードが1500CCのハイブリッド
  • FFのみであり、4WDの設定はない
  • Crossoverを除き、グレードによる外観の差はほとんどない



男

次にアクアのグレード構成を以下に一覧として示すよ(数字が大きいほど高グレード)。

「G」と「Crossover」は同じ価格だから厳密には優劣がつけがたい。

  1. Crossover

※Gには「ソフトレザーセレクション」というサブグレードが存在する。

Crossoverとは?
外観をクロスオーバー風に見せたグレードである。

専用の外装パーツを装着しているためこのグレードのみ3ナンバーとなる。

価格的には「G」グレードと同一であるが、Crossoverは見た目にコストをかけているため、装備内容はGの方がよい。

アクアの新車価格

男

アクアの新車価格は性能を考えるとかなりコストパフォーマンスが高いと思うよ。

この価格を考えれば大人気になるのも当然だよね。

グレード 価格(万円)
179
S
189
G
205
※ソフトレザーセレクションは208万円
Cross
over
205

各グレードの違いを比較して解説 アクアのおすすめグレードは?

ここでは、グレードの低い順に各グレードの違いを解説する。

Lグレードは選ぶな

L
女

Lグレードって、一番安いグレードなのに全グレード中で最も燃費が良くて38.0km/lも走るんでしょ。

他のグレードは全て34.4km/lだから、絶対お得だよね。

男

Lグレードはいわゆる「燃費スペシャル」だね。

女

燃費スペシャルって何?

燃費スペシャルとは正式な用語ではない。

一般的には、カタログに良好な数値を掲載するために実用性を度外視して見かけ状の燃費を良くするために設定されたグレードを差す。

燃費は車重の影響を大きく受けるため、快適装備を省けば車重が軽くなり燃費が良くなる。

そのため、自動車メーカーは広告で「燃費〇〇km/l達成!」とアピールするために、装備を省いて軽量化した最廉価グレードを用意し、そのグレードで達成した燃費をアピールすることが多い。

アクアの場合は「L」グレードが該当する。

そのため、Lは価格は一番安い(グレードは一番低い)が燃費は最もよくなるという現象が起きる。

快適性に欠けるため、一般的には売れないグレードとなる。

女

なるほど、そういう事情だったのね。

男


そのことを最もよく表すのが、Lグレードはリヤがパワーウインドウではなく手動開閉であることだ。

L 手動ウインドウ

女怒

今の時代に手動開閉って‥

男

それ以外にも以下の装備が省かれている。

Lのみで省かれる主な装備
  • リヤワイパー
  • オーディオ操作用ステアリングスイッチ
  • 4.2インチTFTマルチインフォメーションディスプレイ



女

リヤワイパーまでないのね。

男

そう。

その上、主要オプションである「ナビレディパッケージ」や「スマートエントリーパッケージ」も選択ができない

あと、ヘッドレストの高さ調節ができなくて、シート表皮の材質がL専用のファブリックとなっている。

L シート

女

それなら10万円高くてもその上のSグレードを選んだほうが良さそうね。

【Lが絶対におすすめできないわけではない】

Lについては一つ上のグレードとの価格差が10万円ということで費用対効果の意味でおすすめはしていないが、リヤワイパーとリヤパワーウインドウがなくても構わないという人ならば購入もありだ。

実は、Lグレードは「サイドターンランプ付きオート電動格納式リモコンカラードドアミラー」が採用されている。

これは、ドアの施錠・開錠に連動して自動的にドアミラーが開閉するものだが、上位車種でもオプション設定のことが多いににもかかわらず、アクアではLグレードでも標準装備となっている。

その他、最低限の装備は全て揃っているので、特に車に対するこだわりがないという人なら大きな不満はないだろう。

Sが事実上のスタンダードグレードでおすすめ

アクアS

アクアでは費用対効果の意味ではこのSがおすすめだ。

上述した「Lのみで省かれる主な装備」が採用される以外にも、主な装備の違いとしては以下の内容が異なる。

  • フロントガラスが高遮音性
  • 運転席・助手席ドアガラスが撥水機能付きスーパーUVカット
  • ハンドルにテレスコピック機能採用
  • リヤシートが6:4分割に分割可(Lは一体型)
  • ヘッドレストが上下調節可能となっており(Lは不可)、シート表皮はS専用ファブリック
  • S シート
男

これ以外にも内外装や収納を比較すると細かな違いがある。

10万円の差ならSを選んだ方がよいだろう。

Gは各種装備が充実した上位グレード

アクアG

GとSにおける価格差は17万円だが、装備を比較すると大きな違いがある。

Sから追加された主な装備は以下のとおりだ。

  • Toyota Safety Sense
  • ハンドルが本革巻き
  • スマートエントリーシステム
  • クルーズコントロール
  • 運転席にアームレスト装備
  • シート表皮がスエード調ファブリック
  • G シート

※ソフトレザーセレクションはシート表皮が合成皮革

G ソフトレザーセレクション
女

17万円という価格差以上に装備に違いがある気がする。

男

Toyota Safety Senseとスマートエントリーシステムの2つは特に大きな違いだよね。

ただ、この2つはSでもオプションで付けられて、それぞれ5.4万円、4.3万円だから、Sを購入してオプションとしてつけるという手もある。

女

17万円の価格差が気になる人はその方がいいかもね。

Crossoverはデザインが個性的なモデル

アクア Crossover

Crossoverは外眼のデザインに重点を置いたモデルだ。

外装において以下の変更がある。

  • 16インチアルミホイール採用(他グレードは15インチスチールホイール)
  • 外装に専用パーツ装備(フロントグリル、フロントバンパー、フロントスキッドプレート、サイドマッドガード、フェンダーアーチモール、リヤバンパー、リヤスキッドプレート、ルーフモール)
男

価格はGと同じだけど、外装にお金をかけているからGからは以下の装備を省いている。

  • スマートエントリーシステム
  • クルーズコントロール

内装の違いは少ないよ。

アクアの売れ筋グレードは?

男

ここでは、アクアの売れ筋グレードをランキング形式で発表するよ。

  1. S

    女

    1位は予想通りSだね。

    迷ったら売れ筋のSを選べば無難よね。

    男

    Gと比較して不足と感じるものは、スマートエントリーパッケージとToyota Safety Senseかな。


    それぞれオプションで43200円と54000円だから、Sにこれを追加するというのがおすすめだ。

  2. G(ソフトレザーセレクション含)

    G

    女

    2位はGだね。

    男

    装備に対してお得な価格設定となってるGもおすすめできる。

    Sから17万円アップだけど、追加される装備はそれ以上の価格になるからね。

  3. Crossover

    Crossover

    女

    これは趣味性の高いグレードだね。

    男

    比較的若い人で車にこだわりがある人に選ばれている。

    16インチアルミホイールが採用されているところにも注目したい。

  4. L

    女

    4位はやはりこれね。

    男

    まあ、Sとの装備の違いを比較すると10万円高くてもSを選ぶ人が多いだろうからねえ。
    ただ、外観の違いはほとんどないし、リヤウインドウの開閉が手動であることに耐えられればこのグレードもありだと思う。



笑

以上がアクアの価格やグレードに関する情報になるけど、アクアを買うなら下記の値引き交渉の情報も参考になると思うよ。

~アクア購入者徹底追跡~

アクアを買った人の値引き交渉の仕方や値引き額って気になりませんか?

  • いくらの値引き価格でアクアを買ったの?
  • ディーラーでは何回交渉した?
  • アクア以外の候補車種は何?

そんなアクア購入の値引き交渉過程を追いました。

潜入取材!⇩⇩⇩
値引き目標も解説したアクア交渉レポート!