2019年7月タント/カスタム新車値引き額相場の推移・情報や実例をレポートするブログ

タント 値引き
男

ダイハツタント/カスタムの新車を買うときに気になるのが値引き額。

特に、以下のようなタント/カスタムの値引き情報は購入予定者なら誰もが気になると思います。

  • 2019年7月における新型タント/カスタム新車値引き額の相場や推移は?
  • ダイハツタントの新車を実際に購入した人の値引き交渉の実例をレポートして!
  • タントの支払総額を限界まで下げるには下取りなしが有利って本当?
  • タントの見積書を見てみたい!
笑

当ブログでは、ダイハツタント/カスタムの新車値引き情報だけでなく、カスタムRSトップエディションSAⅢ交渉の実例もレポートしています!

2019年7月新型タント/カスタム新車値引き額相場の推移と情報

【2019年7月新型タント/カスタム新車値引き額相場】

オプション等込み値引き額5万円
(タント/カスタム共通)

タント新車値引き額相場の推移
年 月
オプション等込み
値引き相場
(万円)

2019年7月

5
フルモデル
チェンジ
2019年6月
23
2019年5月
23
2019年4月
19
2019年3月
19
2019年2月
19
2019年1月
18
2018年12月
18
2018年11月
18
2018年10月
18
2018年9月
18
2018年8月
18
2018年7月
18

【新型タント新車値引き額相場情報】

2019年7月にフルモデルチェンジが実施される。

そのため、新型タントの値引き額はかなり渋く、このようなときは下取り車の売却価格を吊り上げることが鉄則だ

値引きの傾向
タントも含めた一般論として、値引き額は新規登場やモデルチェンジ直後には渋いが、期間の経過とともに徐々に拡大していき、モデルチェンジで再び渋くなるというサイクルを繰り返す(決算期等の季節要因よりもこの要素が強い)。

決算期等は新型タントの値引き価格が拡大する?

タントに限らず購入時期による値引き価格の差は少ない

一般的には、「決算期やボーナス時期などはセールをやるから新型タントの値引き価格が拡大する」と思われがちである。

しかし、上述した新型タント値引き推移の表を見ても明らかであるが、現在では決算期等の季節要因によって値引き価格が拡大したという傾向はあまり見られない。

値引き価格が大きい場合、「下取り車を安く査定して、浮いた差額で見かけ上のタントの値引き価格を拡大させただけ」であることが多い。

新型タントの値引き交渉時にこの手法がよく使われていることは覚えておいたほうがよいだろう。

下取車を使ったタントの値引き操作例
下記見積書におけるタントの支払総額は同じだ

見積書1
【値引き30万 下取り車25万】

見積書2
【値引き25万 下取り車30万】

見積書3
【値引き20万 下取り車35万】

営業マン営業マン

タントの値引き額なんて、下取り車を使えば自由に操作できちゃうよ。

正直な営業マンならタントの「下取りなし」を提案してくれる

セールスマンは、客によってタントの値引き価格に差をつけているのと同様に、下取り車の査定価格にも差をつけている。

しかし、通常は買取専門店よりも安い金額しかつけられないため、正直なセールスマンはタントの値引き交渉の際、下記自動車雑誌記事のように「下取りなし」にして買取専門店への売却をすすめてくれる(記事中では買取専門店のほうが16万円高い査定になった)。

下取りなし
↓拡大
拡大

価格

目標を決めてダイハツタントの値引き率を限界まで最大にする

【2019年7月タント値引きの目標】

タントの車両本体から8万円
(タント/カスタム共通)


目標や限界までタントの値引き率を最大にする3つのコツ

  • 車両本体の競合
    ライバル車やタント同士を競合させる
  • オプションの値引き
    タントのオプションからは20%の値引き率を目標とし、取り付け工賃は無料サービスを目指す
  • 下取り車の競合
    タントの下取り車は、ディーラーと買取専門店を競合させる

上記3つの中でも、タントの下取り車を買取専門店と競合させることは特に効果的だ(ほとんどの場合、下記自動車雑誌体験談のように買取専門店の方が高い)

最大

タント本体の値引き率を最大化するための競合は多数のディーラーに出向く必要があり面倒だが、下取り車の売却価格を最大化するための競合はネットの無料一括査定サイトを使えば自宅で簡単にできる。

目標

ズバット車買取比較

タントカスタムRSトップエディションSA3値引き交渉の実例を当ブログでレポート!

自動車業界に勤務する当ブログの管理人が、あらゆる人脈を駆使してタントカスタムRSトップエディションSA3の新車購入者から聞いた値引き交渉の実例をレポート!
  1. タント購入者の属性
  2. 40代女性

  3. 契約時期
  4. 2019年2月

  5. 購入グレード
  6. カスタムRSトップエディションSA3

  7. 値引きは額は?
  8. 値引き総額約23万円でした

  9. タント購入の経緯
  10. 我が家には普通車が2台あるのですが、私がメインに運転する車は小回りの利く小さな車のほうがよいので、買い替えることにしました。

  11. グレードで「カスタムRSトップエディションSA3」を選択した理由は?
  12. 価格の安い「X SA3」の未使用車もすすめられたのですが、思ったよりも高く、新車で車を買うことは滅多にないので装備の充実した上位グレードを選びました。

ダイハツタント新車値引き交渉の実例レポート!見積もり書画像あり

タントカスタムRSトップエディションSA3の値引き交渉1回目

限界までタントカスタムRSトップエディションSA3の値引きを拡大するためには事前の情報収集が欠かせない。

入念にタント新車値引き額の相場・推移や実例のレポートなどを調べた後、近所のダイハツディーラーに出向き、出迎えてくれた営業マンにタントカスタムの購入を検討していることを伝える。

すると、そのディーラーに展示されていたタントカスタムRSトップエディションSA3で以下のような説明をしてくれた。

  1. ミラクルオープンドアが便利
  2. 営

    助手席側の柱をなくし、1490mmの大開口部を確保しています。

    ミラクルオープンドア

  3. SA3(スマートアシストⅢ)で安全も確保
  4. 営

    ダイハツ最新の安全装備、SA3(スマートアシストⅢ)が装備されています(グレード別設定)。

    SA3

  5. 残価設定でタントを購入すればお得
  6. 営

    残価設定でタントを購入されますと、月々のお支払いが楽ですし、ワンダフルパスポート(メンテナンスパック)も無料でついてきます。

    残価設定



タントの実物を見ると、思ったよりも室内が広いしミラクルオープンドアも魅力的だ。

購入を急ぐ気持ちが抑えられず、商談・値引き交渉に入るために席に移動して詳しくタントの説明を聞く。

まず、グレードは先ほど展示車両として見たカスタムRSトップエディションSA3を選択。

続いてオプションの選択に入るが、タントカスタムは装備が充実しておりメーカーオプションは必要なく、最低限のディーラーオプションで十分

というわけで、ディーラーオプションは以下の3つだけとなった。

  1. 8インチスタンダードナビドラレコプラン
  2. 8インチスタンダードナビドラレコプラン

  3. カーペットマット
  4. カーペットマット

  5. ETC車載器

画像出典:ダイハツタント公式サイト

続いて、支払方法であるが、ダイハツの営業マンは残価設定をすすめてくる。

残価設定は支払総額が高くなると思い渋っていると、営業マンは「残価設定にするとワンダフルパスポート(メンテナンスパック)が無料でついてくるからお得なんです!」と自信たっぷりに述べる。

残価設定「あり」と「なし」で見積もりを作って支払総額の比較をしてくれるとのこと。

残価設定ありの見積もり
残価設定ありの見積もり
残価設定なしの見積もり
残価設定なしの見積もり
営

ご説明させて頂きますと、残価設定で頭金を110万円にしますと金利を含めた支払総額は約224.4万円になります。

一方、現金一括購入の場合は、残価設定と同じ条件で比較するにはワンダフルパスポート(メンテナンスパック)を有料として計算しますから、支払総額は222.9万円となります。

残価設定の方がやや高いですが、頭金を増額すれば支払総額が下がって現金一括購入よりもお安くなります

なるほど、残価設定のほうが支払総額が安くなる仕組みは理解できたが、これはワンダフルパスポート(メンテナンスパック)を申し込むという前提になっている。

これが必要かどうか検討する意味も含めて一旦持ち帰ることにするが、帰り際にタントカスタムの値引き額を聞くと10万円との事であった。

別のダイハツディーラーでタントX SA3の交渉をするも値引きは渋い

念のため、他の店舗でも値引きなどの話を聞いてみたいと思い、隣接する県のダイハツディーラーへ出向く。

ディーラーについてタントの購入を考えていることを伝えると「タントでしたら未使用車をお安くご提供できますよ」とのことで、「タントX SA3」を案内される。

どうやら担当した客のキャンセル車両らしいが、安く買えるのならカスタムにこだわらずに購入を検討したいところだ。

ところが、見積もりをもらうと思ったよりも安くはなく、新車で普通にX SA3を購入するのとあまり価格が変わらない

値引き交渉をしても8万円と渋いので、この未使用車タントX SA3を購入しようという気は失せる。

あまり印象の良い営業マンではなかったこともあり、早々とこのダイハツディーラーを後にした。

限界値引き23万円でタントカスタムを契約

最初にタントカスタムの見積もりをもらったダイハツディーラーへ再び出向き、2回目の値引き交渉を行う。

まず、頭金が少ないので残価設定型だと支払総額が高くなりデメリットが大きいと判断。

銀行ローンを使うことにしたので、その場合はダイハツディーラーからすれば現金一括払いと同じということになり、現金一括の見積もりをベースに値引き交渉をすすめる。

そして、タントカスタムの値引きを限界まで拡大するために以下のことを伝える。

  • 近県の別のダイハツディーラーでもタントの交渉を行っている
  • 納得する値引き額が提示されれば本日契約する

すると、ダイハツの営業マンも「それでは20万円の値引きでいかがでしょうか」と、いきなり10万円も拡大した

ネットで調べた値引き相場には達しておりタントカスタムの支払総額は約202.9万円となったが、2.9万円の端数はキリが悪い。

これをカットするように交渉すると「もう限界です」と言われ、ここからはなかなか値引きが拡大しない。

ここからしばらくやり取りがあったものの、最終的に要求が通り、値引き総額約23万円、支払総額200万円ジャストで契約。

ただし、タントカスタムの下取り車は査定額が45万円と安かったので、ネットの一括査定で63万円の値が付いた買取専門店に売却。

【タント値引き交渉レポート(完)】


値引き レポート

営業マンは下取り車を値引きの調整弁に使っており、タントが値引きされることを見込んで、この下取り車を相場より甘く(安く)査定している。
営業マン営業マン

お客様のタントカスタム、23万円値引きさせて頂きましたので限界です。

客

でもタントカスタムの下取り車となると、査定額がたったの45万円になるんですね。

買取専門店の査定は63万円だから、支払総額で考えたら実質的な値引きは5万円ですよ(その手口は知ってますので)。

相場

交渉

自動車雑誌読者が比較した実例
限界

<実際のページ>
口コミ

↓拡大
支払総額

下取り車


【タント値引き情報まとめ】

  1. タント/カスタムは2019年7月にフルモデルチェンジとなり、値引き額の相場は渋い
  2. 2019年7月のタント/カスタム値引き相場は、オプション込で5万円
  3. 支払総額を下げるためには、タントの下取り車をズバット車買取比較で売却すると効果的