2018年9月新型フリード/ハイブリッド値引き相場推移と目標を当ブログでレポート!

フリード 値引き
男

ホンダの新型フリード/ハイブリッドを購入する際、値引き交渉は欠かすことができません。

特に、以下の値引き情報は誰もが知りたいところだと思います。

  • 新型フリード/ハイブリッドの最新値引き相場の推移や目標は?
  • フリードを実際に購入した人の値引きレポートを読みたい。
  • 決算期なら値引き価格が最大30万円になる?
  • フリード/ハイブリッドの値引きを限界まで拡大する交渉の仕方は?
笑

このブログではフリード/ハイブリッドに関する上記の情報を満載していますので、値引き交渉の際は参考にしてくださいね。

2018年9月新型フリード値引き価格相場の推移

2018年9月
フリード最新値引き相場

19万円(付属品込み)
(ガソリン/ハイブリッド共通)

フリード/ハイブリッド値引き相場推移
年 月
オプション等込み
値引き相場
(万円)

2018年9月

19
2018年8月
19
2018年7月
19
2018年6月
19
2018年5月
19
2018年4月
19
2018年3月
19
2018年2月
18
2018年1月
18
2017年12月
18
2017年11月
18
2017年10月
18

【フリード値引き相場の推移レポート】

フリードの値引き価格相場は18~19万円前後で極めて安定した推移となっている。

しばらく大きな変化はないだろう。

値引きの傾向
フリードも含めた一般論として、値引き金額はモデルチェンジによって渋い相場となるが、期間の経過とともに徐々に拡大していき、しばらくしたら横ばいになることが一般的だ(決算期等の時期要因よりもこの要素が強い)。

決算期等はフリードの値引き価格が最大30万円に拡大する?

フリードに限らず購入時期による値引き価格の差は少ない

一般的には、「決算期やボーナス時期などはセールをやるからフリードも値引き価格が拡大する」と思われがちである。

しかし、上述したフリード値引き推移の表からもわかるように、現在では決算期等の季節要因によって値引きが拡大したという傾向はあまり見られない。

値引きが30万円であったとしても「下取り車を安く査定して浮いた差額でフリードの値引き額を拡大させているだけ」である場合が多いので注意が必要だ。

フリードの値引き交渉時にこの手法がよく使われていることは覚えておいたほうがよいだろう。

下取車を使ったフリードの値引き操作例
下記見積書におけるフリードの支払総額は同じだ

見積書1
【値引き30万円 下取り車45万円】

見積書2
【値引き20万円 下取り車55万円】

見積書3
【値引き15万円 下取り車60万円】

営業マン営業マン

フリードの値引き額なんて、下取り車を使えば自由に操作できちゃうよ。

正直な営業マンならフリードの「下取りなし」を提案してくれる

セールスマンは、客によってフリードの値引き額に差をつけているのと同様に、下取り車の査定価格にも差をつけている。

しかし、通常は買取専門店よりも安い金額しかつけられないため、正直なセールスマンはフリードの値引き交渉の際、下記自動車雑誌記事のように「下取りなし」にして買取専門店への売却をすすめてくれる(記事中では買取専門店のほうが16万円高い査定になった)。

下取りなし
↓拡大
拡大

価格

目標を決めて限界までフリードの値引きを拡大する

2018年9月
フリード値引きの目標

フリード車両本体から18万円
(ガソリン/ハイブリッド共通)


限界・目標までフリードの値引きを拡大する3つのコツ

  1. シエンタ等のライバル車やフリード同士を競合させる
  2. ディーラーオプション等、フリードの付属品からは20%の値引き率を目標にする
  3. 支払総額を下げるためにフリードの下取り車は買取専門店とも競合させる

上記3つの中でも、フリードの下取り車を買取専門店と競合させることは特に効果的だ(ほとんどの場合、買取専門店の方が高い)

フリードを値引きさせるための競合は面倒だが、下取り車の競合はネットの無料一括査定サイトで簡単にできる。

目標

かんたん車査定ガイド

フリード/ハイブリッド値引き交渉の口コミを当ブログでレポートします!

自動車業界に勤務する当ブログの管理人が、あらゆる人脈を駆使してフリード購入者から聞いた値引き交渉体験談の口コミをレポート!
  1. 購入者
  2. 30代男性

  3. 納車時期
  4. 2018年6月初旬

  5. フリード購入の経緯
  6. これまでは経済的な理由で軽自動車に乗っていたのですが、少しゆとりがでてきたので普通車に買い替えようと思いました。

    夫婦+小学生の子供1人という家族構成なので、小さめのミニバンを候補としました。

  7. 購入車両/グレード
  8. フリード/Gホンダセンシング

  9. 値引きはいくらで買った?
  10. 車両本体18万円+オプション4万円

  11. フリードの他に検討した車両
  12. シエンタ

  13. フリードを選択した理由は?
  14. 安全運転支援システムの機能の差ですね。

    シエンタには「Toyota Safty Sense C」という装備がありますが、「Honda Sensing」よりも機能が少ないです。

  15. グレード(Gホンダセンシング)を選択した理由は?
  16. まず、価格的にハイブリッドは無理でした。

    ガソリン車ではBグレードは一番安いのですが、装備がかなり省かれているので却下。

    残りは「G」と「Gホンダセンシング」の2つですが、価格差は12万円です。

    「G」はホンダセンシングと両側パワースライドドアがオプションなので、それなら12万円高くてもその2つが標準装備の「Gホンダセンシング」を選んだ方が絶対に後悔しないと思います。

  17. フリードでお勧めのオプションを1つ教えて下さい
  18. オートリトラミラーです。

    ドアのロック/アンロック時に連動してドアミラーが自動的に格納・展開されるものです。

    フィットでさえ、ほぼ全グレードに標準装備なのに、フリードでは標準装備されていないんです。

    取り付け費用込みで2万円程度と安いですから、これはあったほうが便利です。

    フリード オートリトラミラー

フリード購入値引き交渉レポート!

トヨタディーラーでシエンタの値引き交渉

まず、シエンタを見に行きました。

安全装備については、事前に「Toyota Safty Sense C」のことを調べてある程度内容を把握していたのですが、直接説明を聞きたかったのです。

実際に説明を聞いても目新しい情報はなかったのですが、「Honda Sensing」のほうが機能が多いことを指摘すると、それに対して「作動する条件が限定的であったり、確実性に欠けますよ」とのこと。

「見積もりをお出ししましょうか」と申し出があったが、大きな値引きがあったとしても購入する気はなかったので、そのまま店を出る。


ホンダディーラーA店でフリードの値引き交渉

続いて、フリードを見にホンダのディーラーへ。

フリードを検討していることを伝えると試乗車があるとの事で試乗させてもらう。

ホンダセンシングを試してみたいと申し出ると、それはできないとの事。

試乗が終わると商談に入り、早速値引き交渉をすると示されたのは17万円引き。

検討すると言って持ち帰る。


ホンダディーラーB店でフリードの値引き交渉

同日、引き続き経営の異なるホンダディーラーB店へ。

シエンタとフリードで迷っていることを伝えると、この店で一番フリードに詳しいという営業マンを用意するとの事

現れたのは30歳前後の営業マンで、カタログを見なくてもフリードのスペックが頭に入っており、シエンタとの違いも細かく説明してくれた。

そのまま値引き交渉に入ると、提示されたのは20万円。

この数値を持って他のホンダディーラーに交渉に行きたかったが、この日は日曜日で時間も午後7時手前。

早く新しい車に乗りたくて仕方がないので契約も今日中にしたいところだ。

「最後にホンダA店に電話で確認させてください」と伝えると、今ここで契約してもらえれば値引きを22万円にするとの事。

時間もないし、その値引き額なら納得いくのでこれで契約。

ただし、下取り車の査定が28万円と安かったので、ネットの一括査定にて40万円で売却。



値引き レポート

営業マンは下取り車を値引きの調整弁に使っており、フリードが値引きされることを見込んで、この下取り車を甘く(安く)査定している。
営業マン営業マン

お客様のフリード、20万円値引きさせて頂きました。

客

でもフリードの下取り車となると、査定額がたったの90万円になるんですね。

買取専門店の査定は110万円だから、総支払額で考えると値引きは0ですよ(その手口は知っていますので)。

相場

交渉

自動車雑誌読者が比較した実例
限界

<実際のページ>
口コミ

↓拡大
支払総額

下取り車


【フリードの値引き交渉情報まとめ】

  1. フリードの値引き推移はかなり安定しており、ほとんど変化がない
  2. 2018年9月のフリード値引き相場は19万円
  3. 支払総額を下げるためには、フリードの下取り車を買取専門(かんたん車査定ガイド )で査定(売却)すると効果的