新型シエンタ 値引き

トヨタの新型シエンタ/ハイブリッドを購入する際の商談において、値引き交渉は欠かすことができません。

特に、以下の内容は誰もが知りたいところだと思います。

  • 他の購入者はいくら値引いてもらってるの?
  • シエンタ/ハイブリッドの最新値引き相場の推移や目標は?
  • シエンタを実際に購入した人の値引き商談口コミレポートを読みたい。
  • 決算期なら40万円の値引きが可能?
  • シエンタ/ハイブリッドの値引きを限界にする交渉の仕方は?
客

このブログでは上記のような情報を満載していますので、値引き交渉の際は参考にしてくださいね。

2018年2月 新型シエンタ値引き相場の推移と限界値・目標値

シエンタ最新値引き価格相場の推移

<2018年2月最新値引き相場>

24万円(オプション等込み)
(ガソリン/ハイブリッド共通)

シエンタ/ハイブリッド最新値引き相場推移

年 月
オプション等込
値引き価格
(万円)
2018年2月
24
2018年1月
22
2017年12月
22
2017年11月
21
2017年10月
22
2017年9月
21
2017年8月
18
2017年7月
19
2017年6月
18
2017年5月
19
2017年4月
19
2017年3月
19

<相場の推移>
ここ数カ月の値引き価格相場は20~22万円で安定していたが、直近のデータでは若干拡大している。

値引きの傾向
値引き価格はモデルチェンジによって大幅に引き締められ、期間の経過とともに徐々に拡大していき、しばらくしたら横ばいになることが一般的だ。

シエンタの場合も2015年7月にフルモデルチェンジを行ってから値引きが引き締められたが、そこから2017年中旬まで緩やかに拡大を続けた。

目標を決めて限界までシエンタの値引きを拡大する

<2018年2月 値引きの目標>

車両本体から21万円
(ガソリン/ハイブリッド共通)

限界まで値引きを拡大するには?
「フリードとの競合」⇒「シエンタ同士の競合」が王道

シエンタのライバル車両はフリードであり、ホンダ・トヨタ双方の営業マンも互いに強く意識している。

よって、フリードをぶつけて値引きを煽り、しばらくはフリードVSシエンタの競合により値引きを拡大させる。

ここで十分な値引きを引き出したら、経営の異なるトヨタのディーラーに出向きシエンタ同士を競合させてさらに値引きを拡大できれば完璧だ。

以下に具体的な手順を示す。

<シエンタ値引き手順1>
フリードとの競合

まず、シエンタ/ハイブリッドはトヨタのディーラー全4系列(ネッツ店、カローラ店、トヨタ店、トヨペット店)で取り扱いがあるが、このうち1店を捨て駒(当て馬)に決める(自宅から遠いなど、購入する可能性が低いディーラーを選ぶとよい)。

この1店VSフリードを競合させる構図で値引き交渉を行い、可能な限り限界までシエンタの値引きを拡大させておく。

ここでの値引き目標金額はシエンタの車両本体から18万円だ。

値引き拡大のポイント1

この時点では、トヨタのディーラーには上記で選んだ1店舗以外には接触しないこと。

手順2でシエンタ同士の競合をさせるために温存しておくのだ。

<値引き手順2>
シエンタ同士の競合

手順1において、ある程度値引きされたシエンタの見積書を手に入れているはずだ。

今度は、この見積書における値引き額をベースに、トヨタ全4系列のディーラーにおいてシエンタの同士競合を行う。

基本的に後に商談するディーラーのほうが値引き金額を拡大させやすいので、「自宅から近い」あるいは「購入したい営業マンがいる」などで優先順位の高いディーラーがあれば、交渉を最後に行うとよい。

値引き拡大のポイント2

シエンタの同士競合をする際、車種はシエンタ1本に絞っていることを必ず伝えること。

車種が決まっているお客は決まっていないお客よりも購入意欲・購入確率が高いと認識されているので、値引き額が拡大しやすい。

<値引き手順3>
契約直前のダメ押し

印鑑を押して契約する寸前が最も値引きのチャンスと言える。

ここでは、シエンタ本体からの現金値引きよりも、オプション・付属品を攻めた方が成功の確率は高い。

2~3万円程度の付属品を1つだけ見積もりから外しておき、契約寸前に「この付属品をサービスしてくれたら今すぐに契約しますよ」とやれば効果的だ。

シエンタ/ハイブリッドの場合、以下の装備を要求するとよいだろう。

フロアマット(ベーシック)
価格は31320円。

シエンタ フロアマット

  • シエンタ車両価格から21万円の値引き目標は達成できた?
  • 以上の手順でシエンタの車両本体から21万円以上の値引きを引き出せたら合格だ(付属品との合算値引きの場合は、「21万円+付属品の合計金額から20%の値引き」であればOK)。

こんな客は値引きが少ない

必要以上に何度も値引き交渉を行うことは「購入する可能性の低い面倒な客」という印象を与えるため、値引き拡大には逆効果となる。

営業マンは、客がシエンタの値引きを引き出すために、フリードやトヨタディーラー同士を競合させていることを知っており、これをとても嫌がる。

営業マン

あのお客、また来たよ。

どうせ、フリードか競合ディーラーの当て馬だろ。

相手にしてられないよな。


シエンタの値引きを最大にする裏技ってないの?
ありますが推奨しません

値引きの裏技

<シエンタ値引きの裏技>

最大まで値引きを拡大させたいという人には以下のような値引きテクニックもある。 

それは、高額なオプションもたっぷりとシエンタの見積書に入れて総支払額が高い状態で値引き交渉を行い、契約直前にそのオプションを外すことだ

オプションは利益率が高く、営業マンはそれを加味した値引きを提示してくるので、このオプションを利用してシエンタの値引き額を最大にするのだ。

契約直前にオプションを外しても、一度提示した値引き額を減らすということは営業マンも言い出しにくい。

シエンタの高額オプションには以下のようなものがある。

  1. T-Connectナビ DCMパッケージ ナビレディパッケージ用
  2. ¥203,040
    シエンタ T-Connectナビ DCMパッケージ ナビレディパッケージ用

  3. 195/50R16 タイヤ&16×6J アルミホイール
  4. ¥82,080
    シエンタ 195 50R16 タイヤ&16×6J アルミホイール

  5. エアロパーツセット(Sporty ver.)
  6. ¥102,600
    シエンタ エアロパーツセット(Sporty ver.)


値引き 最大

決算期等はシエンタの値引きが40万円になる?

購入時期による値引き金額の差は少ない

一般的には、「決算期やボーナス時期などはセールをやるから値引きが拡大する」と思われがちである。

しかし、現在では決算期等の季節要因によって値引きが拡大したという傾向はあまり見られない(上述したシエンタ値引き推移の表を見ても明らかである)。

相場より値引きが大きい場合は、「下取り車を安く査定して、浮いた差額で見かけ上のシエンタの値引きを拡大させただけ」であることが多い。

下取車を使ったシエンタの値引き操作例
下記の見積書における支払総額は同じだ

見積書1
【値引き40万円 下取り車75万円】

見積書2
【値引き30万円 下取り車85万円】

見積書3
【値引き20万円 下取り車95万円】 

シエンタ/ハイブリッド 値引き商談口コミレポート!

元湾岸最高速ランナーであり自動車業界に勤務する管理人があらゆる人脈を駆使してシエンタ購入者から聞いた値引き交渉内容の口コミをレポート!

(参考)
特別仕様車シエンタG Cueroを検討している場合はこちらがおすすめ↓
シエンタG Cuero値引きレポート

  1. 購入者
  2. 30代男性

  3. 購入の経緯
  4. 車にこだわりはなく、単なる移動手段と割り切って車体も維持費も安い軽自動車に乗り続けていました。

    しかし、3人いる子供が大きくなってきて軽自動車に5人乗るのはさすがに狭くなってきたので普通車を購入することにしました。

  5. 購入車両/グレード
  6. シエンタ/X

  7. 他に検討した車両
  8. フリード

  9. シエンタを選択した理由は?
  10. 3列目を格納した時の荷室の広さですね。

    シエンタの3列目シートは2列目シートの下にダイブイン格納できるので、フリードの左右跳ね上げ方式よりも格納時の荷室が広いんです。

  11. グレードを選択した理由は?
  12. グレードについては特にこだわりもないので、ガソリン車で一番安い「X Cパッケージ」を選択しようとしたのですが、このグレードはドアミラーが電動で格納できないとの事でした。

    さすがに手動でドアミラーをたたむ姿は想像できないので、ワンランクアップさせて「X」を選択しました。

  13. お勧めのオプションを1つ教えて下さい
  14. オートリトラクタブルミラーです。

    ドアのロック/アンロック時に連動してドアミラーが自動的に格納・展開されるものです。

    取り付け費用込みで2万円程度と安いですから、これはあったほうが便利です。

    シエンタ オートリトラクタブルミラー
  15. 購入時期
  16. 2017年11月

  17. 値引き金額
  18. 22万円(オプション/付属品込み)

  19. 購入ストーリー
  20. <ホンダディーラー>
    最初はフリードを見に行きました。

    展示車があったのですが、実物を見ると写真とイメージが違う。

    その上、左右跳ね上げ方式の3列目シートのでっぱりが気になるという口コミをみていたので実際に3列目を格納してもらったところ、やはりでっぱりが大きい

    「うーん、無理」と思い、見積もりもとらず15分程度で店を出た(もちろん値引き交渉もなし)。


    <トヨタネッツ店>
    続いて、シエンタを見にトヨタネッツ店へ。

    展示車両を見るとデザイン的にはこちらのほうが好みだ。

    営業マンに3列目シートを格納してもらうとダイブイン格納式なので出っ張りがなく、すっきりしている。

    これでシエンタを購入することは確定。

    しばらく説明を受けた後、グレードはXに決めて見積もりをもらう。

    値引きは総額で12万円が示されたが、少し少ない気が。

    念のため他店も回ることにする。


    <トヨタカローラ店>
    翌日、カローラ店を訪問。

    シエンタ1本に決めたことを告げてホット客であることをアピールし、昨日のネッツ店の値引きが12万円だったのでこれ以上の値引きがないとカローラ店では購入できないことを伝える。

    すると、「うちは15万円の値引きができますよ」とのこと。

    まだまだこれから。

    この数値を持ってトヨタ店に向かう。


    <トヨタ店>
    シエンタ1本に絞っていることとこれまでの経過を伝えて値引き交渉開始。

    いきなり値引きの話をしたためか、あまり気が乗らない様子であった。

    少し考えてから「うちでも15万円ですね」とのことだったので、「それなら先に提示してくれた方を優先します」と伝えるも、それ以上値引きは拡大せず。

    ここは期待できないので最後に残されたトヨペット店へ向かう。


    <トヨペット店>
    最後の砦、トヨペット店においては、トヨタ店での失敗からいきなり値引きの話はせずに多少の雑談を交えてうちとけたところでこれまでの値引き交渉の過程を全て話し、見積もりをもらう。

    すると、営業マンは「わかりました。他店に負けない値引きをご用意しますのでしばらくお待ちください」と言って、奥に引っ込む。

    しばらくして「これでいかがでしょうか」とのことで22万円の値引きが記載された見積書を提示。

    おお、いい金額だ、満足する金額だったのでここで契約。

    ただし、下取り車の査定が38万円と安かったので、ネットで見つけた一括査定で49万円で売却。



値引き レポート

営業マンは下取り車を値引きの調整弁に使っており、シエンタが値引きされることを見込んで、この下取り車を甘く(安く)査定している。
営業マン営業マン

お客様のシエンタですが20万円値引きさせて頂きました。

客

でも、下取り車の査定がたったの75万円じゃないですか。

買取専門店の査定は95万円だから、総支払額で考えると値引きは0ですよ(その手口知ってますから)。

最新値引き

自動車雑誌読者が比較した実例
新車値引き

<実際のページ>
値引き 口コミ