新型プリウスの燃費

プリウス 燃費

プリウスを購入する動機で最も多いのは「燃費が良いから」ということ。

多くの人にとって、プリウスで最も気になるのは燃費。

特に以下の内容は誰もが気になるだろう。

 

  • カタログ燃費と実燃費ってどれくらい違うの?
  • 高速道路や市街地など走り方によって燃費は変わるの?
  • 冬場は燃費が悪くなったと聞くけど実際はどうなの?

   

ここでは上記について徹底検証しています!

新型プリウスは燃費が大幅に向上!歴代と比較してみる

2015年に登場した新型プリウスは4代目となる。

モデルチェンジのたびに燃費は向上してきたが、前モデルと比較して最も燃費の伸びが大きいのは今回登場した4代目だ。

歴代プリウスの燃費を以下に示して比較してみる(いずれもカタログ値)。

初代
初代

初代の燃費は28.0km/l。

今となっては大した数値ではないが、当時は画期的だった。




2代目
2代目

2003年に初のフルモデルチェンジが行われ、燃費は29.6km/lに向上した。

なお、燃費の計測方法が10・15モードからJC08モードへ変更となっているため、伸び率が若干少なく見える。




3代目
3代目

2009年に2回目のフルモデルチェンジが行われ、燃費は32.6km/lに向上している。




4代目
4代目

2015年に3回目のフルモデルチェンジが行われ、燃費は40.8km/lと大幅に向上した。

カタログ燃費のカラクリ

女

ねえ、カタログを見て思ったんだけど、新型プリウスの燃費が40.8km/lになっているのは最低グレードの「E」のみだね。

グレードが高い方が燃費が良いと思ったんだけど。

新型プリウスグレード別燃費
グレード 燃費(km/l)
E
40.8
E以外全て
37.2
(E-Fourは34.0)



男

そうなんだよ。

実は、燃費は車重の影響を大きく受けるんだ。

よって、快適装備を省けば車重が軽くなり燃費が良くなるから装備が省かれた低グレード車の方が燃費が良くなるという現象が起こる

自動車メーカーは広告で「燃費〇〇km/l達成!」とアピールするために、装備を省いて軽量化した最廉価グレードを用意し、そのグレードで達成した燃費をアピールすることが多い。

快適性に欠けるため、一般的にはほとんど売れないグレードとなる。

ここがポイント!
【Eグレードはもっとも軽い】

  • 1310kg(Eグレード)
  • 1360~1380kg(E以外)


  • ※1E-fourは70~80kg増加
    ※2ツーリングセレクションは10kg増加



男

ちなみにEグレードの燃費についてはカタログに次のような注釈がある。

「オプションを装着して車両重量が1320kg以上になった場合、39.0km/lとなります。」

女

たった10kgでそんなに違うの?

じゃあ、体重が50kgの人が運転した場合と70kgの人が運転した場合とでは燃費が違うということね。

男

考え方としてはその通りだ。

でも「運転者の体重により燃費が異なります」とは書けないよな。

ただ、燃費と車重にはそのくらい密接な関係があるということは覚えておいたほうがよい。

実際の燃費はどうなの?実燃費データを公開!

女

これまでの燃費はカタログ値で見てきたけど、実際の燃費はどうなっているの?

男

実際の燃費は一概に論じられないんだよ。

プリウスの燃費は以下の要因によって燃費は変わるからね。

【プリウスの燃費が異なる4つの要因】

  • 車重(グレード)
  • 気温(季節)
  • ドライブモード
  • 走り方(高速道路、市街地など)
男

それぞれについて説明するよ。

車重と実燃費の関係を深堀りする

車重とカタログ燃費の関係は前述したとおりであるが、車重と実燃費の関係も検証する。

比較車両
  • 車重が軽い「E」(1310kg)
  • 車重が重い「Aプレミアム E-Four」(1450kg)

【実燃費データ】

  • E ⇒ 25.5km/l
  • Aプレミアム(E-Four) ⇒ 21.8km/l



女

全く同一のパワートレインでも3.7m/lも違うのね。

でも、E-Fourは4WDだから駆動ロスも燃費に関係しているんじゃない?

男

E-Fourの場合、後輪はモーターだけで駆動させているからエンジンのみで考えればFFだ。

だから、駆動ロスはほぼ無視できる。

女

なるほど。

でも、140kgの差で3.7km/lも燃費が変わるなら、運転者の体重によっても燃費が変わるだろうね。

冬と夏は燃費が悪い

女

季節(気温)により燃費が違うと言われるけど、実際はどれくらい変わってくるのかな。

男

それなら、以下のデータがあるよ。

最低値は1月の21.2km/l、最高値は5月の24.8km/lだから、季節要因で3.6km/lも変化する。

プリウス月別平均実燃費
実燃費
(km/l)
1月
21.2
2月
21.4
3月
22.1
4月
23.6
5月
24.8
6月
24.7
7月
24.4
8月
23.7
9月
24.2
10月
24.3
11月
22.9
12月
21.6



女

夏と冬は燃費が悪くて、春と秋は良いね。

男

やはり、エアコンの使用は燃費に大きく影響を与えるんだ。

女

さっき、燃費の影響は車重の影響が大きいっていってたけど、エアコンの影響も受けるのね。

  • 燃費向上にはエアコンがポイント
  • カタログ燃費データはエアコンを使用しないで測定している。

    しかし、実際の利用ではエアコンを使うこともあるのだから、カタログ燃費と実燃費が剥離していることは当然だ。

    【冬場に燃費が悪化する理由】
    プリウスの空調用ヒーターの熱源は、普通の車と同様、エンジンの冷却水を利用している。

    しかし、プリウスはハイブリッド車でエンジンが停止している時間もあり、エンジンが停止していれば室内は暖まりにくい。

    よって、走行開始直後や気温が低いときはエンジンをかけて冷却水の水温を上げる必要がある。

    つまり、走行のためではなく、水温を上げるためにエンジンをかける場面が発生することが冬場の燃費悪化の主な理由だ。

ドライブモードと走り方の影響

まず、プリウスでは「ドライブモード」を選択できるようになっており、3種類の走行モードがある。

これは下記画像の中央のボタンによって切り替える。

プリウス ドライブモード1

  1. ノーマルモード

    ドライブモード ノーマル

    通常の走行モードである。

  2. パワーモード

    ドライブモード パワー

    このモードにすると、燃費は若干悪くなるがパワフルな走りが可能となる。

  3. エコモード

    ドライブモード エコ

    このモードは、パワーや加速を抑えた燃費重視の走行モードとなる。


  • 走行モードと走り方による実燃費を公開!
走行モード、走り方、車重の3要因による燃費の違いを検証するために以下のパラメーターで実験を行った。

  1. 車重
  2. 最も軽いEグレード(1310kg)と、最も重いAプレミアムのE-Four(1450kg)を同じ条件で比較。

  3. 走り方
  4. 市街地、郊外、高速道路で比較。

  5. 走行モード
  6. ノーマルモード、エコモード、パワーモードの3種類を比較。

【結果】

Eグレード
走り方 実際の燃費
市街地
21.9(エコモード)
18.3(ノーマル)
13.0(パワーモード)
郊外
27.0(エコモード)
25.5(ノーマル)
20.0(パワーモード)
高速道路
27.0(エコモード)
21.0(ノーマル)
20.6(パワーモード)

Aプレミアム(E-Four)
走り方 実際の燃費
市街地
18.8(エコモード)
15.3(ノーマル)
10.2(パワーモード)
郊外
24.5(エコモード)
21.8(ノーマル)
19.9(パワーモード)
高速道路
25.5(エコモード)
24.4(ノーマル)
20.3(パワーモード)
男

上記データから、車重、走行モード、走り方のいずれによっても同程度の影響があることがわかる。

これに、これに前述した月別データからは気温の影響を受けていることも明らかだから、燃費っていろんな要素で変わることがわかるね。

~ドキュメンタリー プリウス購入~

プリウスを購入した他人の値引き金額や交渉内容って気になりませんか?

  • 何でプリウスを買ったの?
  • 値引きはいくらだった?
  • プリウスでお勧めのオプションは?

そんなプリウス購入の交渉過程を追いました。

潜入取材!⇩⇩⇩
実録プリウス購入値引き交渉レポート!