プリウス グレード
トヨタの新型プリウスは、2015年12月にフルモデルチェンジが行われ、4代目に突入した。

この新型プリウスは単に4代目のプリウスというだけではなく、「もっといいクルマづくり」具現化のための構造改革「トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー(TNGA)」の第1号車でもある。

ここでは、4代目となった新型プリウスの価格やグレード構成・装備などを比較して紹介する。


ポイント1
燃費が大幅にアップ!最高燃費はなんと40.8km/l

主

先代モデルは32.6km/lであるからかなりの進化と言ってよい。
フルモデルチェンジで最も注目すべき点だろう。

ポイント2
ついに4WDも登場した!

主

エスティマなどでお馴染みの、電動モーターで後輪を駆動させるE-Fourがされ、雪国などで選択の幅が広まった。

ポイント3
新型プラットフォームを採用し、ゆとりある空間と安定した走りを実現!

主

車体設計の新コンセプト「TNGA」に基づく低重心プラットフォームを実現。
リヤサスペンションもトーションビームからダブルウィッシュボーンに変わった。

新型プリウスのグレード一覧と価格・装備の比較

以下に、新型プリウスのグレード一覧と価格を示す(特別仕様車は除く常時設定グレード)。

当然のことであるが上位グレードほど価格が高くなるので、内容を比較して自分の用途や嗜好に合った最適なグレードを選ぼう。

注意

今回の新型から4WDも選択できるようになったが、最低グレードのEには設定がない。

プリウスのグレードは4つ

プリウスのグレード構成は以下の一覧のとおりだ(数字が大きいほど高グレード)。

  1. Aプレミアム

※エンジンは全グレード共通の1800CC

また、それぞれのグレード内において”ツーリングセレクション”というサブグレードが用意されている(Eは除く)。

ツーリングセレクションて何?
ツーリングセレクションとは、各グレード内に設定されたスポーティな走りとルックスを志向するサブグレードである(Eには設定なし)。

最も大きな違いはベース車両のホイール・タイヤサイズがいずれも15インチ・195/65であるのに対し、ツーリングセレクションは17インチ・215/45と2インチもアップすることだ。

価格はベース車両から9万円~15万円程度プラスされる。

プリウスの新車価格

プリウスの新車価格
グレード 価格(万円)
243(FFのみ)
S
248(FF)
267(4WD)
※ツーリングセレクションは
各12万円高
278(FF)
297(4WD)
※ツーリングセレクションは
各12万円高
Aプレミアム
311(FF)
FF330(4WD)
※ツーリングセレクションは
各9万円高

各グレードの違いを比較して解説 プリウスのおすすめグレードはどれ?

ここでは、グレードの低い順にプリウスにおける各グレードの解説を行う。

Eグレードは選ぶな

女

Eグレードって、全グレード中で最も燃費が良くて40.8km/lも走るんでしょ。

他のグレードは全て37.2km/l(4WDは34.0km/l)だから、絶対お得だよね。

男

Eグレードはいわゆる「燃費スペシャル」だね。

女

燃費スペシャルって何?

燃費スペシャルとは正式な用語ではない。

一般的には、カタログに良好な数値を掲載するために実用性を度外視して見かけ状の燃費を良くするために設定されたグレードを差す。

燃費は車重の影響を大きく受けるため、快適装備を省けば車重が軽くなり燃費が良くなる。

そのため、自動車メーカーは広告で「燃費〇〇km/l達成!」とアピールするために、装備を省いて軽量化した最廉価グレードを用意し、そのグレードで達成した燃費をアピールすることが多い。

そのため、価格は一番安い(グレードは一番低い)が燃費は最もよくなるという現象が起きる。

快適性に欠けるため、一般的にはほとんど売れないグレードとなる。

女

なるほど、そういう事情だったのね。

男

ただし、プリウスの場合は比較的良心的だ。

リヤワイパーがないのは非常に不便だが、それ以外にはオプションの選択肢が少ないとか、(なくてもさほど困らない)他の細かい装備が若干省かれている程度だ。

燃費スペシャルはドアミラーが手動格納であることが多い中、プリウスは電動格納だし、ヘッドライトもしっかりLEDとなっている。

Eで省かれる主な装備
軽量化を目的とし、リヤワイパー以外にも主に以下の装備を省いている。

  • トノカバー
  • フロントフロアアンダーカバー
  • リヤスタビライザー
  • リヤセンターアームレスト
  • リヤスピーカー
  • 大型コンソールボックス etc‥



女

それなら、Eグレードも選択肢に入るんじゃない?

男

でも、その上のSグレードとの価格差はたったの5万円だ

最廉価グレードはリセールバリューも低いし、5万円の差ならSグレードにしたほうがいい。

事実、Eを選択している人は1%しかいない。

注意

Eは軽量化のためガソリンタンクの容量が38Lとなっており、他グレードの43Lより小さい。

その分、航続距離が短いが、燃費の良いプリウスではあまり気にしなくてよいだろう。

Sが事実上のスタンダードグレードでおすすめ

プリウスが欲しいけど特に車に対するこだわりがないという人には、このSがおすすめだ。

上述したEで軽量化対策された内容が通常に戻り、さらに以下の違いもある。

  • ハンドルがEグレードの「ウレタン」⇒「合成革巻き」に変更
  • 運転席のシート調整がより細かくできる
  • シート表皮が「ファブリック」⇒「上級ファブリック」に変更
ファブリック
プリウス E

上級ファブリック
プリウス 上級ファブリック

Aは安全装備が充実した上位グレード

AとSにおける最も大きな違いは安全装備である。

厳密には内外装にも若干の差異があるが、30万円の価格差の多くは安全装備の違いと言ってよい。

Aに採用された安全装備は以下のとおりだ。

Aの安全装備
  • Toyota Safety Sense P
  • Aは衝突回避支援パッケージであるToyota Safety Sense Pが標準装備となる。

    安全装備に気を遣うのであればこれは外すことが出来ない。

  • ブラインドスポットモニター
  • ドアミラーの死角に存在する車両を知らせる装備。

    車線変更時に効果を発揮。

    プリウス ブラインドスポットモニター

  • インテリジェントクリアランスソナー
  • 駐車場などにおける低速時の取り回し時において、壁や障害物に接触することを回避する。

    プリウス インテリジェントクリアランスソナー

  • シンプルインテリジェントパーキングアシスト
  • スイッチを押すだけで駐車スペースにうまく停められるようハンドル操作を支援。

    シンプルインテリジェントパーキングアシスト

その他の違いは?
安全装備以外に異なる点でチェックしたいのは以下の3点だ。

  • カラーヘッドアップディスプレイ
  • フロントガラスに速度等の情報を投影。

    視線の移動を少なくでき、安全運転に貢献する。

    カラーヘッドアップディスプレイ

  • LEDフォグランプが追加

  • ドアミラーがヒーター付きに

Aプレミアムは本革を使用した最上級グレード

Aとの価格差は約33万円であるが、その多くはシートとハンドルが本革になっていることによる。

その他細かい違いはあるが、チェックしておきたいのは以下の2点のみ。

  • フロントシートにはヒーター機能が付く
  • AC100Vコンセントが装備

機能面・安全面での差はほとんどなく、純粋な贅沢仕様と言えるだろう。

プリウスの売れ筋・販売データ

プリウスがどのような買われ方をしているのか、販売から1ヶ月間に受注した結果を調査したので、以下にそのデータを示す。

どのディーラーで買ってるの?

男

プリウスはトヨタ系列の全ディーラーで販売しているけど、実際の購入者がどのディーラーから購入したのか気になる人もいるだろうからデータを公開するよ。

プリウス販売台数の割合
販売割合
ネッツ店
33%
カローラ店
27%
トヨタ店
20%
トヨペット店
20%

プリウスの売れ筋グレードは?

  • E:1%
  • S:48%
  • A:51%(プレミア含)

グレードについてはほぼ予想通りEはほとんど売れず、SとAに人気が集中した。

Aはプレミアムとの合算で51%だから、単独で48%を獲得したSが実質的な人気No1で売れ筋と言えるだろう。

~ドキュメンタリー プリウス購入~

プリウスを購入した他人の値引き金額や交渉内容って気になりませんか?

  • 何でプリウスを買ったの?
  • 値引きはいくらだった?
  • プリウスでお勧めのオプションは?

そんなプリウス購入の交渉過程を追いました。

潜入取材!⇩⇩⇩
実録プリウス購入値引き交渉レポート!