【2018年】ヴェゼルの評価・評判は?辛口の口コミも

ヴェゼル 評価・評判
男

ヴェゼルを買うときに事前に確認しておくべきことは、実際にヴェゼルを買った人の評価・評判だ。

当ブログでは、管理人の人脈を生かして、購入者や関係者から直接聞いたヴェゼルの評価・評判をまとめてみた。

辛口の口コミもあるよ。

なお、「RS」はやや特殊なグレードだから、別ページにまとめたよ。

ヴェゼルのエクステリアの評価は普通~やや良い

「マイナーチェンジでヘッドライトがカッコよくなった」と評判

『ヴェゼルは2018年2月15日にマイナーチェンジが行われましたが、ヘッドライトがインライン式に変更になりました。

マイナーチェンジ前よりも明らかにカッコよくなって気に入っています。

これが全グレードに標準装備というのですから、ヴェゼルのコスパは最高だと思いますね。』

ヴェゼル マイナーチェンジ後 LEDヘッドライト

LEDヘッドランプ



男

マイナーチェンジで採用されたこのインラインタイプのLEDヘッドライトは評判が良いね。

女

マイナーチェンジではフロントバンパー・グリルのデザインも変更になり、見た目が明らかにカッコよくなってる。

男

ただ、こんな辛口の口コミ評価もある。

「シーケンシャルターンランプを採用すべきだった」という辛口の評価

『ヴェゼルの最大のライバルであるC-HRには採用されているシーケンシャルターンランプを採用して欲しかった。

マイナーチェンジでのLEDヘッドライトのインライン化もいいですが、シーケンシャルターンランプを優先して採用すべきだったのではないでしょうか。

ヴェゼルのオーナーは誰もがC-HRのシーケンシャルターンランプを羨ましいと思っていますよ。』



女

あの流れるウインカーは確かにかっこいい。

オプションでもいいからヴェゼルにも設定して欲しかったね。

リヤドアのアウターハンドルは賛否両論の口コミ

評価 リヤドア
『リアドアのアウターハンドルが外観からわかりにくいようにデザインされていて2ドア風に見えるデザインが気に入っています。

コンパクトSUVでは、このようにリヤドアを小さく見えるようにデザインしないと”おしりでっかち”に見えてしまいます。

某M社の新型車と迷いましたが、ヴェゼルに決めた理由の一つはリヤドア周りのデザインのよさですね。』



男

ヴェゼルのデザインの特徴のひとつがリヤドアのアウターハンドルだ。

ウインドウフレームに溶け込むようにデザインされていて、初見の人は2ドアに見えるだろう。

見た目ではカッコいいが、通常の位置と違う場所に取り付けることによる弊害も全くないわけではない。

『小さい子供がいるのですが、リヤのアウターハンドルの位置が高いのと開閉角度の関係から、自分では開けることが出来ません。

デザインはすっきりしていますが、背の低い子供にとっては使い勝手が良くないですね。』



女

伝統的に受け継がれているデザインや形状には理由があるのだと考えさせられる。

男

大人が開閉するには全く問題ないけど、万人の使い勝手を考えたら通常の位置と形状がベストだろうね。

ヴェゼルの内装は平均的との評判

男

ヴェゼルの内装は、クラス平均という評価・口コミが多い。

細かい指摘はあるが、大きな欠点は見当たらない。

「収納は少な目」という口コミ

『内装の質感は悪くないですが、収納がやや少なめと感じました。

リヤにボックスティッシュを置く場所がないので、せめてラッゲージルームハードボード(後部荷室の上下仕切り板)は全車標準装備にして欲しかった(ヴェゼルは上位グレードのみに装備)。

後部荷室は広いのですから、有効に使えるようにして欲しいです。』



男

収納については、ヴェゼルに限らずこのクラス全般的に少な目であり、他車でも同様の口コミはあるね。

しかし、後部の荷室を上下に区切るラッゲージルームハードボードは下位グレードでもせめてオプションにして欲しかったところだ。

女

C-HRでは全グレード標準装備だしね。

「ヴェゼルの後席シートは長所と短所がある」との評判

後席シートの座面が持ち上がる「チップアップシート」はライバル車にはないヴェゼルの良さですね。

後席シートをチップアップさせると高さは1265mmにもなります。

後部荷室の高さは830mmですから、高さのある荷物を積載するのに便利です。

分割して片側だけ座面を持ち上げることもできますよ。



男

後席シートのチップアップは、センタータンクレイアウトであるヴェゼルの長所を生かした機能と言える。

一方で、後席シートには以下のような口コミもある。

『後席シートはリクライニングできる幅が少ないです。

後ろの荷室が広いのだから、もう少しリクライニングできるように設計できなかったのでしょうか?』



男

最後発のエクリプスクロスは9段階にリクライニングできるが、ヴェゼルは基本設計がやや古くなってきているからねえ。

デビュー当時はC-HRもエクリプスクロスもいなくて、ライバルなしの状態だったけど。

こんな口コミもあり

『特筆すべき内容はないですが、可もなく不可もなく、普通といったところです。

強いて言うならば、室内灯も全グレードでLEDになっているところはいいですね。

ヘッドライトも全グレードでLEDですし、ヴェゼルの価格を考えると良心的だと思います。』

「価格の割にヴェゼルの装備は充実している」との評価が圧倒的

『購入前に見た口コミや評価のとおり、ヴェゼルは全グレードにおいてホンダセンシング、LEDヘッドランプ、オートリトラミラー、電子制御パーキングブレーキ、オートブレーキホールドといった装備が標準であることはすごいと思います。

ヴェゼルガソリン車の最低グレードは、わすか207.5万円ですからね。

軽自動車だって200万円くらいの価格のモデルがありますから、ライバル車において車両自体の性能がヴェゼルを上回ることがあっても、コストパフォーマンスではヴェゼルがNo1でしょう。』



男

ヴェゼルのこの口コミ・評価について異論を述べる人はいないだろう。

ちなみに、個別の装備に対する評価としては、以下のような口コミがある。

『オートリトラミラーはそれ自体が便利ですが、それ以外にも鍵がかかっているか外からでも確認する目印にもなるので便利です。』

『オートブレーキホールドはと信号待ちなどでブレーキを踏まなくてよいので、足がかなり楽になります。

しかし、一度キーをオフにすると機能が解除されるので、乗車のたびにオンにするのは面倒です。』


『ホンダセンシングは、状況などによっては精度があまり高くないと感じる場面もありますが、ACCは多くの場面において使える機能です。

高速道路などは疲労感が全然違います。』

「加速性能は普通だが燃費はよい」という評価が多い

男

ヴェゼルの燃費・走行性能を評価する際に抑えておきたいポイントとしては、ヴェゼルのエンジンはガソリン車・ハイブリッド車ともにフィットと同一ということだ。

これを理解しておかないと的外れな評価をすることになってしまう。

『ハイブリッド車に乗っていますが、多くの口コミにあるように走行性能は至って普通でこれといった特徴はありません。

燃費は17~19km/lくらいで、車体の大きさを考えたら悪くないと思います。

ただ、発進時にEV走行のみの時間が短く、すぐにエンジンがかかってしまうので、ここをもう少し伸ばせたら燃費がさらに良くなると思います。』


『ヴェゼルはフィットと同一のパワートレインですので驚くような加速力はないですが、パドルシフトを使えばマニュアル車感覚で気持ちよく走れます。

ただ、パドルシフトを多用すると燃費は落ちますね。』


『ヴェゼル購入前の試乗でガソリン車とハイブリッド車を乗り比べましたが、加速力等に大きな違いは感じませんでした。

車両価格の安いガソリン車を購入しましたが、燃費は平均で14km/l程度走りますので、満足しています。

ネットの口コミにもありましたが、ガソリン代でハイブリッド車との価格差を回収することは難しいので、コスト重視ならガソリン車がおすすめです。』



笑

以上がヴェゼルの評価・評判に関する情報になるけど、ヴェゼルを買うなら下記の値引き交渉の情報も参考になると思うよ。

~ドキュメンタリー ヴェゼル購入~

ヴェゼルを購入した他人の値引き金額や交渉内容って気になりませんか?

  • 値引きはいくらだった?
  • ヴェゼルを買った理由は?
  • お勧めのオプションは何?

そんなヴェゼル購入の交渉過程を追いました。

潜入取材!⇩⇩⇩
値引き情報満載のヴェゼル交渉レポート!