2018年7月カローラスポーツ値引き相場推移や口コミ・目標をレポート

カローラスポーツ 値引き
男

カローラスポーツを購入する際に、値引き情報の収集は欠かすことができません。

特に、カローラスポーツに関する下記の値引き情報は誰もが知りたいところだと思います。

  • カローラスポーツの最新値引き相場の推移や目標とする値引き額は?
  • カローラスポーツを実際に購入した人の口コミや値引きレポートを読みたい。
  • 決算期なら最大40万円の値引きが可能?
  • カローラスポーツの値引きを限界まで拡大する交渉の仕方は?
笑

このブログではカローラスポーツの値引き情報を満載していますので、交渉の際は参考にしてくださいね。

カローラスポーツ値引き相場の推移をレポート

【2018年7月】
カローラスポーツ最新値引き相場

オプション等込み値引き総額10万円

カローラスポーツ値引き相場推移
年 月
オプション等込み
値引き総額
(万円)

2018年7月

10
2018年6月
10

【カローラスポーツ値引き相場レポート】

カローラスポーツは2018年6月に発売されたばかりであるから、当然、値引きは渋い。

このようなときは値引き拡大よりも、下取り車の売却価格を拡大させることに注力するほうが総支払額を下げるためには有効だ。

値引きの傾向
カローラスポーツも含めた一般論として、ニューモデル登場時には値引きが渋く、期間の経過とともに徐々に拡大していき、モデルチェンジで再度渋くなるというサイクルを繰り返す(決算期等の季節要因よりもこの影響が大きい)。

カローラスポーツは2018年6月の発売だから、当面の間、渋い値引き相場が続くだろう。

決算期等はカローラスポーツの値引きが拡大する?

カローラスポーツに限らず購入時期による値引き金額の差は少ない

一般的には、「決算期やボーナス時期などはセールをやるからカローラスポーツも値引きが拡大する」と思われがちである。

しかし、現在では決算期等の季節要因によって値引きが拡大したという傾向はあまり見られない。

値引きが相場よりも大きい場合は「下取り車を安く査定して、浮いた差額で見かけ上のカローラスポーツの値引きを拡大させただけ」であることが多い。

この手法がよく行われていることは覚えておいたほうがよいだろう。

下取車を使ったカローラスポーツ値引き操作例
下記の見積書における支払総額は同じだ

見積書A
【値引き20万円 下取り車80万円】

見積書B
【値引き15万円 下取り車85万円】

見積書C
【値引き10万円 下取り車90万円】

営業マン営業マン

カローラスポーツの値引き額なんて、下取り車を使えば自由に操作できちゃうよ。


セールスマンは、客によってカローラスポーツの値引き額に差をつけているのと同様に、下取り車の査定価格にも差をつけている。

しかし、通常は買取専門店よりも安い金額しかつけられないため、正直なセールスマンは下記の自動車雑誌記事のように、カローラスポーツの「下取りなし」にして買取専門店への売却をすすめてくれる(記事中では買取専門店のほうが16万円高い査定になった)。

下取りなし
↓拡大
拡大

推移

目標を決めてカローラスポーツの値引きを限界まで引き出す

【2018年7月】
カローラスポーツ値引き目標

カローラスポーツの車両本体から12万円


限界・最大までカローラスポーツの値引きを拡大する3つのコツ

  1. インプレッサ等のライバル車やカローラスポーツ同士を競合させる
  2. ディーラーオプション等、カローラスポーツの付属品からは20%の値引き率を目標にする
  3. 支払総額を下げるためにカローラスポーツの下取り車は買取専門店とも競合させる

上記3つの中でも、カローラスポーツの下取り車を買取専門店と競合させることは特に効果的だ(ほとんどの場合、買取専門店の方が高い)

カローラスポーツを値引きさせるための競合は面倒だが、下取り車の競合はネットの無料一括査定サイトで簡単にできる。

最も高値が付きやすいと言われており、実際の売値に近い概算価格が今すぐ(入力後すぐ)わかるのは「かんたん車査定ガイド」。

かんたん車査定ガイド

カローラスポーツの値引き交渉の口コミを当ブログでレポートします!

自動車業界に勤務する当ブログの管理人が、あらゆる人脈を駆使してカローラスポーツ購入者から聞いた値引き交渉内容の口コミをレポート!
  1. 購入者の属性
  2. 40代男性

  3. 契約時期
  4. 2018年6月

  5. 購入車両/グレード
  6. カローラスポーツ/GZ(ガソリンターボ)

  7. 値引きは総額いくらだった?
  8. 値引き総額10万円(車両本体7万円+ディーラーオプション等3万円)。

  9. カローラスポーツ購入の経緯
  10. 現在乗っているインプレッサが間もなく3回目の車検を迎えるが、車検を通さずに買い替えを検討。

    トヨタからスポーツタイプの新型車がでると聞いて興味を持ちました。

  11. グレード(GZ)を選択した理由は?
  12. まず、雪国であり4WDが必要なこと、ターボ車しか10速スポーツシーケンシャルシフトマチックを選択できないことから、ターボにしました。

    それから、カローラスポーツはグレード間の価格差が小さいので、装備の内容を考えても上位グレードを選んだ方が良いと思いますね。

  13. お勧めのオプションを1つ教えて下さい
  14. AVSです。

    走行状態や路面に応じてショックアブソーバーの減衰力を電子制御するものですが、営業マンが「新型サスペンションとの相性は非常に良いですよ」と強くすすめてきたので選択しました。

    AVS

    標準では3段階のドライブモードセレクトが5段階に拡大されますし、今から楽しみです。

    1. ドライブモードセレクト
      【標準では3段階】

      3段階ドライブモードセレクト

    2. AVSを装備すると5段階に拡大

      5段階ドライブモードセレクト

カローラスポーツ値引き交渉の口コミをレポート!

トヨタカローラA店において値引き交渉

まずは家から一番近いカローラ店へ。

事前にネットで名前や値引きを調べたところ、正式名称は公表されておらず、「カローラハッチバック」または「カローラスポーツ」という名乗るようであったが、いずれの名前であれ値引き目標は10万円とした。

店に着いて、「カローラハッチバックというんですかね、カローラスポーツ?みたいなのが発売になると聞いたんですけど」と言うと、営業マンは「はい、ご案内させて頂きます」と、席へ誘導してくれる。

正式発表前のため、展示車や試乗車もなく簡易カタログのみでスペックや価格・内装等の説明を受ける。

諸々説明を受けると、4WDが設定されているのはガソリンターボのみであること、エンジンのカタログスペックはC-HRと同じであることなどがわかった。

ここで、できれば試乗してみたいところだが、正式発表前で試乗車があるわけもない。

すると、営業マンが「C-HRと同じエンジンになりますので、C-HRでよければ試乗してみますか」と気の利くことを言ってくれるので、試乗してみることに。

試乗後に装備やオプションを決め、早速、値引き交渉に入ると「カローラスポーツは新型車ですので値引きは5万円になります」とのこと。

予想していた通りカローラスポーツの値引きは渋く、目標額には到達しなかったので、一旦持ち帰ることにして店を出る。


トヨタカローラB店において値引き交渉

念のため、経営の異なるカローラ店Bに出向き、こちらでもカローラスポーツの値引き交渉を行うことにした。

カローラ店Aと同様、カタログのスペックや価格の説明を受けて早々と値引きの話題を切り出す。

すると、このB店でもA店と同じく5万円が提示される。

A店でも同じ金額であることを伝え、「それなら家から近いA店にします」と言ったものの効果がなく、B店は候補から外す。


トヨタカローラA店において値引き交渉

再度、カローラA店に出向き、「B店は10万円の値引きでした」とカマをかけると営業マンは奥へ戻り店長を連れて戻ってきた。

店長は「うちも10万円でやらせてもらいますがこれ以上は無理です」とのことだったので、これで契約。

ただし、下取り車の査定は38万円と安かったので、55万円の値が付いた買取専門店に売却。
(完)



値引き レポート

営業マンは下取り車を値引きの調整弁に使っており、カローラスポーツが値引きされることを見込んで、この下取り車を甘く(安く)査定している。
営業マン営業マン

お客様のカローラスポーツですが、10万円値引きさせて頂きました。

発売されたばかりですのでこれが限界です。

客

でも、下取り車の査定がたったの45万円じゃないですか。

買取専門店の査定は55万円だから、支払総額で考えたら値引きは0ですよ(その手口は知ってますので)。

相場

交渉

自動車雑誌読者が比較した実例
限界

<実際のページ>
値引き 口コミ

↓拡大
支払総額

下取り車