フルモデルチェンジした新型フォレスターの内装は安っぽい?画像で検証

フォレスター 内装
女

フルモデルチェンジした新型フォレスターの内装が安っぽいという人がいるんだけど、どうなの?

男

そんなことはない、明らかな誤解だと思う。

以下に画像を示すから、一緒に見てみよう。

フォレスターの内装は安っぽくない!シートはすごいよ!

ここがポイント!
  • 全車に前席・後席シートヒーターを標準装備
  • シート表皮はグレードにより3種類
  • 本革シートはPremiumとAdvanceのみにオプション設定
女

ちょっと、前席・後席にシートヒーターが全車標準装備ってすごいじゃない。

このクラスで他に類を見ないと思うよ。

男

だから言ったじゃない。

新型フォレスターの内装はきちんと作り込まれていて全然安っぽくないよ。

PremiumとAdvanceの前席は3段階に温度調節もできるしね(下記画像:上段が前席、下段が後席)。

シート 温度調節
男

それ以外に以下の機能も採用されている。

運転席&助手席8ウェイパワーシート
シートリフター・前チルト・前後スライド・リクライニング機能(運転席はシートポジションメモリー付き)。

運転席&助手席8ウェイパワーシート
  • 標準装備
  • Premium・Advance

  • メーカーオプション
  • Touring・X-BREAK


運転席シート自動後退機能
乗車時、ドアを開けると運転席のシートを自動的に後退させる機能であり、Advanceのみに標準装備。

運転席シート自動後退機能
女

Advanceのシートは、これまで紹介したもの全てが標準装備ということじゃない。

豪華仕様と言ってもいいね。

ところで、シート表皮の材質ってどうなってる?

男

シート表皮はグレードにより3パターンが設定されている。

  1. PremiumとAdvance
  2. 男

    メインがファブリック、サイドがトリコット+合成皮革が標準仕様となっている。

    標準仕様

    PremiumとAdvance シート

    男

    オプションでは、両グレードとも本革が用意されている。

    色はPremiumがブラックのみ、Advanceはブラックに加えてブラウンも選択できる。

    本革仕様(ブラック)

    本革シート ブラック

    本革仕様(ブラウン)

    本革シート ブラウン


  3. X-BREAK
  4. 男

    メインが撥水ファブリック、サイドが合成皮革。

    レッドオレンジステッチがアクセントになっている。

    X-BREAK シート

  5. Touring
  6. 男

    メインがファブリック、サイドがトリコット+合成皮革というのはPremium・Advanceと同じだが、Touring専用の仕上がりになっている。

    Touring シート

ハンドル&シフトノブも全車本革仕様でインパネ周りも豪華!

これが全車標準装備だ!
  • ハンドル&シフトノブが本革
  • ステアリングヒーター(茶色が加温箇所)
  • ステアリングヒーター

  • 左右独立温度調整機能付きフルオートエアコン
  • 左右独立温度調整機能付フルオートエアコン

  • マルチファンクションディスプレイ
  • マルチファンクションディスプレイ

  • マルチインフォメーションディスプレイ付メーター
  • マルチインフォメーションディスプレイ付きメーター

女

上記の装備が標準装備とは豪華だね。

新型フォレスターでは、シートヒーターだけでなくステアリングヒーターまで全車に採用とは!

ところで、「マルチファンクションディスプレイ」と「マルチインフォメーションディスプレイ付きメーター」があるけど、ディスプレイ画面が2つもあるのね。

男

そう。

ざっくり言うと、「マルチインフォメーションディスプレイ付きメーター」のディスプレイは走行状態に関する情報を表示する。

もう一方の「マルチファンクションディスプレイ」は、アイサイトやX-MODEなど新型フォレスターに装備された機能についての情報を表示する。

具体的に表示される内容は以下のとおりだ。

マルチファンクションディスプレイ
  • 先進装備画面
  • 先進装備画面

  • X-MODE画面
  • X-MODE画面

  • 燃費画面
  • 燃費画面

  • FAVORITE画面
  • FAVORITE画面


マルチインフォメーションディスプレイ付きメーター
  • ウェルカム演出
  • ウェルカム演出

  • スピードメーター
  • スピードメーター

  • 車線逸脱警報
  • 車線逸脱警報

  • 燃費表示
  • 燃費表示

女

ディスプレイ画面は、気持ちが盛り上がる。

ところで、インパネ周りのデザインも気になるんだけど。

男

では、新型フォレスターのインパネ・ハンドルの画像をグレードごとに見てみよう。

  1. Advance
  2. Advance インパネ・ハンドル
    男

    上記画像は、オプションの本革シートで色はブラウンだ。

    このブラウンを選択すると新型フォレスターの雰囲気がガラリと変わる。

    女

    アルミパッド付スポーツペダルも見た目がカッコいいね。

  3. Premium
  4. Premium インパネ
    男

    Premiumのインパネや運転席周りは、ほぼAdvanceと同一と考えてよい。

    前述のAdvanceの画像はオプションでブラウンの本革シートを選択しているから雰囲気が違って見えるが、それ以外ではセンタートレイの加飾が異なるなど、わずかな違いがあるだけだ。

  5. X-BREAK
  6. X-BREAK インパネ
    男

    ご覧のとおり随所にX-BREAKを象徴するアクセントカラーとしてレッドオレンジの加飾がちりばめられている。

  7. Touring
  8. Touring 内装画像
    男

    下位グレードのTouringでも、他グレードと比較して内装(インパネ周り)が安っぽいということはなく、細かい加飾が多少異なるくらいで上位グレードとの違いは少ない。

LEDなどのドレスアップパーツでおしゃれにカスタムできる!

内装 カスタム
男

新型フォレスターでは、LEDなどで内装をおしゃれにカスタムできるドレスアップパーツがディーラーオプションとして販売されている。

ドリンクホルダーイルミネーション

ドリンクホルダーイルミネーション


フットランプ

フットランプ

新型フォレスターの収納

男

新型フォレ―スターの収納はさほど多くはなく、これといった特徴もないが、このクラスの車両はどれも似たようなものだ。

オーバーヘッドコンソールボックス
オーバーヘッドコンソールボックス

センタートレイ&USB電源
センタートレイ&USB電源

フロアコンソールボックス
フロアコンソールボックス

フロントシートバックポケット
フロントシートバックポケット

リヤシートセンターアームレスト(カップホルダー付き)
リヤシートセンターアームレスト(カップホルダー付き)

後席USB電源
後席USB電源

前席カップホルダー
前席カップホルダー

後席荷室は新型フォレスターのキャラクターが表れている!

男

以下の画像のとおり、後席の荷室の設計から新型フォレスターはアウトドアユースを強く意識していることがわかるだろう。

後部荷室

後部荷室は520Lの大容量であり、その下にはカーゴフロアマルチボックスも用意されている。

後部荷室

カーゴフロアマルチボックス(Advance)

カーゴフロアマルチボックス Advance


カーゴフロアマルチボックス(Advance以外)

カーゴフロアマルチボックス Advance


シートアレンジで荷室拡大

後席シートは6:4で分割可倒できるので、荷物の大きさに合わせて利用できる。

片側を倒した状態

片側を倒した状態


両側を倒した状態

両側を倒した状態


カーゴフック
カーゴフック

リヤゲートフック
リヤゲートフック



笑

以上がフォレスターの内装に関する情報になるけど、フォレスターを買うなら下記の値引き交渉の情報も参考になると思うよ。

~フォレスター購入レポート~

他のフォレスター購入者はどのような値引き交渉をしたのか気になりませんか?

  • フォレスターの値引き価格はいくらだった?
  • おすすめのオプションは何?
  • フォレスターを選んだ理由は?

下記ページでフォレスター購入者の値引き交渉過程を取材しました!

潜入取材!⇩⇩⇩
値引き相場も解説のフォレスター交渉レポート!