2019年11月ハイエースワゴン/バン値引き価格相場の情報!新車値引きの限界や目標は?

ハイエース 値引き
男

トヨタハイエースワゴン/バンの新車を購入するときに気になるのが値引き価格の相場や目標・限界。

ハイエースワゴン/バンの値引き交渉前に、最低でも下記の最新情報は把握していおきたいところです。

  • 2019年11月における新型ハイエースの値引き相場や目標は?
  • 決算期等は、ハイエース新車値引きの最高額が50万に拡大する?
  • 実際にハイエースを購入した人の値引き交渉をレポートして!
  • ディーラーでの値引き交渉は下取りなしが有利って本当?
笑

このブログではトヨタハイエースワゴン/バンの最新値引き情報を満載していますので、交渉の際は参考にしてくださいね。

最新2019年11月ハイエース新車値引き額相場推移の情報

【最新2019年11月ハイエース新車値引き相場】

オプション等込み値引き額34万円
(ガソリン/ディーゼル共通)

ハイエース新車値引き額相場推移
年 月
オプション等込み
値引き相場
(万円)

2019年11月

34
2019年10月
34
2019年9月
32
2019年8月
30
2019年7月
28
2019年6月
28
2019年5月
28
2019年4月
28
2019年3月
28
2019年2月
27
2019年1月
26
2018年12月
26
2018年11月
26

【ハイエース新車値引き額相場の情報】

2017年11月のマイナーチェンジ以降、ハイエースの新車値引き額は緩やかに拡大している。

ただし現行モデルの登場は2004年と古く、幾度となくモデルチェンジの噂が出ては消えている状況だ。

値引きの傾向
ハイエースも含めた一般論として、値引き額は新規登場やモデルチェンジ直後には渋いが、期間の経過とともに徐々に拡大していき、モデルチェンジで再び渋くなるというサイクルを繰り返す(決算期等の季節要因よりもこの要素が強い)。

決算期等は新型ハイエースの値引き価格が最高額50万になる?

ハイエースに限らず購入時期による値引き価格の差は少ない

一般的には、「決算期やボーナス時期などはセールをやるから新型ハイエースの値引き価格が最高額まで拡大する」と思われがちである。

しかし、上述した新型ハイエース値引き推移の表を見ても明らかであるが、現在では決算期等の季節要因によって値引き価格が拡大したという傾向はあまり見られない。

値引きが最高額50万に達したと思っても、「下取り車を安く査定して、浮いた差額で見かけ上のハイエースの値引き価格を拡大させただけ」であることが多い。

ハイエースの値引き交渉時にこの手法がよく使われていることは覚えておいたほうがよいだろう。

下取車を使ったハイエースの値引き操作例
下記見積書におけるハイエースの支払総額は同じだ

見積書1
【値引き50万 下取り車100万】

見積書2
【値引き40万 下取り車110万】

見積書3
【値引き30万 下取り車120万】

営業マン営業マン

ハイエースの値引き額なんて、下取り車を使えば自由に操作できちゃうよ。

正直な営業マンならハイエースの「下取りなし」を提案してくれる

セールスマンは、客によってハイエースの値引き価格に差をつけているのと同様に、下取り車の査定価格にも差をつけている。

しかし、通常は買取専門店よりも安い金額しかつけられないため、正直なセールスマンはハイエースの値引き交渉の際、下記自動車雑誌記事のように「下取りなし」にして買取専門店への売却をすすめてくれる(記事中では買取専門店のほうが16万円高い査定になった)。

下取りなし
↓拡大
拡大

価格

目標を決めてハイエースの値引き率を限界まで最大化する

【2019年11月ハイエース値引き目標】

ハイエースの車両本体から28万円
(ガソリン/ディーゼル共通)


目標や限界までハイエースの値引き率を最大にする3つのコツ

  • 車両本体の競合
    NV350キャラバンと競合させる
  • オプションの値引き
    ハイエースのディーラーオプションからは20%の値引き率を目標とし、取り付け工賃は無料サービスを目指す
  • 下取り車の競合
    ハイエースの下取り車は、ディーラーと買取専門店を競合させる

上記3つの中でも、ハイエースの下取り車を買取専門店と競合させることは特に効果的だ(ほとんどの場合、下記自動車雑誌体験談のように買取専門店の方が高い)

最大

ハイエース本体の値引き率を最大化するための競合は多数のディーラーに出向く必要があり面倒だが、下取り車の売却価格を最大化するための競合はネットの無料一括査定サイトを使えば自宅で簡単にできる。

目標

ズバット車買取比較

ハイエースワゴングランドキャビン値引き交渉の口コミをレポート

自動車業界に勤務する当ブログの管理人が、あらゆる人脈を駆使してハイエースワゴングランドキャビンの新車購入者から聞いた値引き交渉内容の口コミをレポート!
  1. ハイエースワゴン購入者の属性
  2. 40代男性

  3. 契約時期
  4. 2019年8月

  5. 値引きは総額は?
  6. 値引き総額30万円でした

  7. ハイエースワゴン購入の経緯
  8. 仕事で使うため

  9. グレードでスーパーロンググランドキャビンを選択した理由は?
  10. ボディーもワイドで人も荷物もたくさん積めるので

トヨタディーラーA店でハイエースワゴングランドキャビンの値引き交渉

ワゴン グランドキャビン

まずは、みんカラなどでハイエースワゴンの値引き情報をチェックしてから、近所のトヨタディーラーA店へ向かった。

ハイエースはワゴンとバンがあり、その中でロング/スーパーロングやワイドボディー、ガソリン/ディーゼル、FF/4WDといった選択が必要になるので、非常に選択肢が広く、迷いやすい。

営業マンに車の使用方法を伝えると、以下のタイプがよいだろうとの事。

  • スーパーロング
  • ワイド
  • ガソリン
  • 4WD
  • ワゴン

バンのスーパーGLとも迷ったが、5人までしか乗れないので却下し、結局、ワゴンのグランドキャビンを選択した。

新車価格が400万円近いので一度は中古車も検討したが、営業マンは「ハイエースは人気があるから売るときも高く売れますよ」と言うので、やはり新車を買うことに。

ディーラーオプション等も決めて見積もり書を作成してもらうと、ハイエースワゴングランドキャビン4WDの支払総額は約500万円になった

ここから値引き交渉を行うと、ハイエースワゴンの値引きは25万円との事で、この日は一旦持ち帰る。

みんカラや価格comなどでハイエースの値引き情報を収集

みんカラ

自宅でみんカラや価格comなどを見てハイエースワゴンの値引き情報の収集を行う。

しかし記載されている値引きの情報が古いので、あまり参考にならない。

仕方ないので雑誌を買ってきてハイエースの最新値引き相場を調べると、30万円程度はいけそうだとわかる。

経営の異なるトヨペット店同士の競合も効果があるようなので試してみることにした。

トヨタディーラーB店でのハイエースワゴン/バンの値引きはいずれも20万円

自宅からやや遠いものの、経営の異なるトヨタディーラーB店においてもハイエースの値引き交渉を行うことにした。

ディーラーに到着すると、最初にお客様アンケートみたいなものを書かされる。

自宅の住所がやや遠かったこともあり、営業マンにそのことを指摘されると、地元のディーラーでもハイエースの交渉を行っていることを正直に伝える。

営業マンの表情は冴えないが、トヨタディーラーA店と同じようにハイエースワゴングランドキャビン4WDガソリン車の商談を行う。

既に商談を行っているため、カタログを見ながら簡単な説明を受ける。

A店と同じオプションを選んで交渉を行うと、ハイエースワゴングランドキャビンの値引きは20万円との事。

その後、念のためワゴンよりも新車価格の安いハイエースバンのスーパーGLワイドについても説明を受け、こちらも見積書を作成してもらい値引き交渉を行う。

バン スーパーGL

バン スーパーGL

すると、ハイエースバンスーパーGLの値引きも20万円との事だった。

自宅から遠いため営業マンも見込み客としては期待が薄いと判断したのか、提示されたハイエースの値引きは相場よりも安く、交渉の雰囲気から拡大の見込みも薄いのでここで断念した。

トヨタディーラーA店の2回目の値引き交渉でハイエースを契約

トヨタディーラーA店に出向き、2回目の値引き交渉に挑む。

ハイエースはトヨペット店しか取り扱っていないのでこの店で契約するしかないので、以下の内容を告げて勝負にでる。

  • トヨタディーラーB店でもハイエースの値引き交渉を行っている
  • 値引きが少なければ、新車価格の安いバンまたはワゴンの中古車も検討する

すると、営業マンは前回の交渉から3万円乗せしてきて28万円の値引きを提示。

どうせならキリよく30万円にして欲しいと伝えると、少し考えてから「わかりました。30万円でOKです」との返事があり、これで契約。

ただし、ハイエースワゴンの下取り車の査定額が53万円と安かったので、ネットの一括査定で70万円の値が付いた買取専門店に売却。

【ハイエースワゴン値引き交渉レポート(完)】


値引き レポート

営業マンは下取り車を値引きの調整弁に使っており、ハイエースが値引きされることを見込んで、この下取り車を相場より甘く(安く)査定している。
営業マン営業マン

お客様のハイエース、30万円値引きさせて頂きましたので、これが限界です。

客

でもハイエースの下取り車となると、査定額がたったの53万円になるんですね。

買取専門店の査定は70万円だから、支払総額で考えたら実質的な値引きは13万円ですよ(その手口は知ってますので)。

相場

交渉

自動車雑誌読者が比較した実例
限界

<実際のページ>
口コミ

↓拡大
支払総額

下取り車


【ハイエース値引き情報まとめ】

  1. ハイエースの値引きは緩やかに拡大している
  2. 2019年11月のハイエース値引き額相場は、オプション込で34万円
  3. 支払総額を下げるためには、ハイエースの下取り車をズバット車買取比較で売却すると効果的