セレナ/e-POWER2019年11月値引き情報をレポート!新車値引き価格相場の推移や目標も

セレナ e-POWER 値引き
男

日産の新型セレナ/e-POWERを購入する際の商談において、値引き交渉は欠かすことができません。

特に、以下のセレナ値引き情報は誰もが知りたいところだと思います。

  • 2019年11月のセレナ/e-POWER新車値引き相場の推移や目標は?
  • セレナを実際に購入した人は乗り出し価格をいくらで買った?
  • 決算期ならセレナの値引き価格が60万や70万まで拡大する?
  • セレナの値引きを限界まで最大にする交渉の仕方は?
笑

このブログではセレナ/e-POWERの値引き情報を満載していますので、交渉の際は参考にしてくださいね。

2019年11月セレナ新車値引き額相場や推移の情報

2019年11月
セレナ値引き額相場

31万円(オプション等込み)

セレナ新車値引き額相場の推移
年 月
オプション等込
値引き相場
(万円)

2019年11月

31
2019年10月
25
2019年9月
18
2019年8月
13
マイナー
チェンジ
2019年7月
37
2019年6月
36
2019年5月
36
2019年4月
36
2019年3月
36
2019年2月
34
2019年1月
32
2018年12月
28
2018年11月
30

【セレナ新車値引き額相場推移の情報】

セレナは2019年8月1日にマイナーチェンジを実施し、新車値引きは渋い相場である。

このようなときは、下取り車の売却価格を吊り上げてセレナの支払総額を下げることが鉄則だ。

値引きの傾向
セレナも含めた一般論として、モデルチェンジによって値引き額は一気に渋い相場となるが、期間の経過とともに徐々に拡大していき、しばらくしたら横ばいになることが一般的だ(決算期等の季節要因よりもこの要素が強い)。

決算期等、購入時期によっては新型セレナの値引き価格が60万や70万に拡大する?

セレナに限らず購入時期による値引き価格の差は少ない

一般的には、「決算期やボーナス時期などはセールをやるから新型セレナの値引き価格が拡大する」と思われがちである。

しかし、上述した新型セレナ値引き推移の表を見ても明らかであるが、現在では決算期等の季節要因によって値引き価格が拡大したという傾向はあまり見られない。

値引き価格が60万や70万であっても、「下取り車を安く査定して、浮いた差額で見かけ上のセレナの値引き価格を拡大させただけ」であることが多い。

新型セレナの値引き交渉時にこの手法がよく使われていることは覚えておいたほうがよいだろう。

下取車を使ったセレナの値引き操作例
下記見積書におけるセレナの支払総額は同じだ

見積書1
【値引き70万 下取り車110万】

見積書2
【値引き60万 下取り車120万】

見積書3
【値引き40万 下取り車140万】

営業マン営業マン

セレナの値引き額なんて、下取り車を使えば自由に操作できちゃうよ。

正直な営業マンならセレナの「下取りなし」を提案してくれる

セールスマンは、客によって新型セレナの値引き価格に差をつけているのと同様に、下取り車の査定価格にも差をつけている。

しかし、通常は買取専門店よりも安い金額しかつけられないため、正直なセールスマンはセレナの値引き交渉の際、下記自動車雑誌記事のように「下取りなし」にして買取専門店への売却をすすめてくれる(記事中では買取専門店のほうが16万円高い査定になった)。

下取りなし
↓拡大
拡大

価格

目標や限界を決めて限界までセレナの値引き率を最大にする

2019年11月
セレナ値引き価格の目標

セレナ車両本体価格から28万円


目標や限界までセレナの値引き率を最大にする3つのコツ

  • 車両本体の競合
    ヴォクシー等のライバル車やセレナ同士を競合させる
  • オプションの値引き
    セレナのディーラーオプションからは20%の値引き率を目標とし、取り付け工賃は無料サービスを目指す
  • 下取り車の競合
    セレナの下取り車は、ディーラーと買取専門店を競合させる

上記3つの中でも、セレナの下取り車を買取専門店と競合させることは特に効果的だ(ほとんどの場合、下記自動車雑誌体験談のように買取専門店の方が高い)

最大

セレナ本体の値引き率を最大化するための競合は多数のディーラーに出向く必要があり面倒だが、下取り車の競合はネットの無料一括査定サイトを使えば自宅で簡単にできる。

目標

ズバット車買取比較

マイナーチェンジしたセレナe-POWER値引き交渉の口コミをレポート

自動車業界に勤務する当ブログの管理人があらゆる人脈を駆使してマイナーチェンジしたセレナe-POWERハイウェイスターV購入者から聞いた値引き交渉の口コミをレポート!

【セレナe-POWER購入者データ】

  • 属性
  • 30代男性

  • 契約時期
  • 2019年8月

  • 購入車両
  • セレナe-POWERハイウェイスターV

  • 値引き額
  • オプション等込み値引き総額15万円

マイナーチェンジしたセレナe-POWERハイウェイスターV値引き交渉の口コミ

夏のボーナスが入り、前から欲しかったセレナe-POWERハイウェイスターVを購入するために値引き相場などを調べていると、2019年8月1日にマイナーチェンジという情報を発見。

この時点では正式発表前なのであまり情報がなく、8月1日の正式発表を待つことにした。

マイナーチェンジ後の値引きは渋い!日産A店でセレナの値引きは10万円

2019年8月1日金曜日、この日は有休を使って会社を休み、3連休としてセレナ値引き交渉に全力で挑む。

まず、近所の日産A店に出向くと、担当となったのはベテランという風貌の営業マンで値引き交渉は厳しくなりそうだと気合が入る。

セレナe-POWERハイウェイスターVの購入を検討していることを伝えると、マイナーチェンジした内容を詳細に説明してくれた。

営

マイナーチェンジした新型セレナは、以下の箇所が改良されました。

  1. デザインの変更
  2. 営

    ハイウェイスター系はダブルVモーショングリルなど、フロントマスクを中心にデザインを変更しました。

    マイナーチェンジ e-POWERハイウェイスターV

  3. 全方位運転支援システムの採用
  4. 営

    全方位運転支援システムを全車標準装備としました。

    具体的な機能は、下記の7つです。

インテリジェントエマージェンシーブレーキ
カメラ+レーダーで昼間だけでなく夜間にも対応。

フロントに設置したカメラで車両や歩行者を検知し、衝突の可能性が高まるとメーター内ディスプレイへの警告表示とブザーでドライバーにお知らせ。

それでもドライバーが安全に減速できなかった場合には、緊急ブレーキを作動させます。

インテリジェントエマージェンシーブレーキ
標識検知機能
以下の3つの標識を認識し、必要に応じて音やディスプレイで警告。

一時停止

一時停止

最高速度

最高速度

車両進入禁止

車両進入禁止

踏み間違い衝突防止アシスト

ブレーキと間違えてアクセルを踏み込んだ際、エンジン出力を抑制しブレーキを制御して壁や人との衝突を回避 。

踏み間違い衝突防止アシスト
インテリジェント LI+LDW
インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)+LDW(車線逸脱警報)により車線のはみだしを防止します。

インテリジェント LI+LDW
インテリジェント BSI+BSW
インテリジェント BSI(後側方衝突防止支援システム)+BSW(後側方車両検知警報)は、車線変更時に後方から来る車両との接触を防ぎます。

インテリジェント BSI+BSW
RCTA
RCTA(後退時車両検知警報)は、後退時、死角から近づいてくる車両の存在を警告。

RCTA
アダプティブLEDヘッドライトシステム
ハイビーム時、対向車が来ると部分的に光源をカットし、ハイビームを維持(グレード別設定)。

アダプティブLEDヘッドライトシステム

注意

アダプティブLEDヘッドライトシステムを搭載しないグレードは、ハイビームのオンオフを自動で切り替える「ハイビームアシスト」となる。

ハイビームアシスト

上記以外では、グレード構成や内装、ボディーカラーラインナップにも変更があったようだが、マイナーチェンジの主な内容はエクステリアと安全装備の改良だと感じた。

グレードはマイナーチェンジ前におけるe-POWERの最上級グレードe-POWERハイウェイスターVを選択。

マイナーチェンジ後ではe-POWERハイウェイスターGという上位グレードが設定されたというが、20万円以上高いので断念した。

メーカーオプション、ディーラーオプション等を選んで見積もり書をもらうと、セレナe-POWERハイウェイスターVの支払総額は410万円となった。

ここから値引き交渉を行うと、セレナはマイナーチェンジしたばかりとの事で値引きはたったの10万円との事。

マイナーチェンジといっても安全性能以外は大して変わっていないという印象なので、マイナーチェンジ前の35万や40万といった値引き相場からすると10万円では話にならない。

粘って値引き交渉を続けるも、拡大の気配はないので、ここで打ち切ることに。

日産ディーラーB店で15万円の値引きでe-POWERハイウェイスターVを購入

自宅に戻ってマイナーチェンジ後のセレナの値引き相場を調べるが、ほとんど情報はない。

仕方ないので、経営の異なる日産ディーラーB店でもセレナの値引き交渉を行うことに。

日産ディーラーB店に出向いて、セレナe-POWERハイウェイスターVの購入を検討していることを伝え、交渉を行う。

グレードや装備は決まっているので、商談は短く、このことから営業マンは他のディーラーでも値引き交渉を行っていることを悟ったようだ。

日産A店でも値引き交渉を行っており、値引きは10万円だったと正直に話す。

すると、営業マンは少し考えてから「うちでは15万円ですね」と言う。

ここから値引き拡大を目指すが、セレナはマイナーチェンジ後というだけあって値引き拡大は難しそうだ。

購入後の付き合いのことも考えると、あまり嫌なお客にはなりたくないので、これで契約。

ただし、セレナの下取り車は54万円と安かったので、ネットの一括査定で79万円の値が付いた買取専門店に売却。

【セレナ値引き交渉レポート(完)】


値引き レポート

営業マンは下取り車を値引きの調整弁に使っており、セレナが値引きされることを見込んで、この下取り車を相場より甘く(安く)査定している。
営業マン営業マン

お客様のセレナ、15万円値引きさせて頂きましたのでこれが限界です。

客

でもセレナの下取り車となると、査定額はたった54万円になるんですね。

買取専門店の査定は79万円だから、支払総額で考えると値引きは10万円ですよ(その手口知ってますから)。

相場

交渉

自動車雑誌読者が比較した実例
限界

<実際のページ>
口コミ

↓拡大
支払総額

下取り車


【セレナ値引き情報まとめ】

  1. セレナは2019年8月1日マイナーチェンジで値引き相場は渋い
  2. セレナの2019年11月値引き相場は、オプション込で31万円
  3. 支払総額を下げるためには、セレナの下取り車をズバット車買取比較で売却すると効果的

値引きだけじゃない!セレナの支払総額を最小で購入する方法

下取り車は支払総額を下げるカギを握っているので、これまで紹介した内容は、主に下取り車を中心としたセレナ値引き交渉の仕方であった。

これ以下は、より一層セレナを安く購入したい人向けに、「下取り車以外」で支払総額を最小で購入する方法や値引きテクニックを紹介しよう。

ローンの金利は値引き以上にセレナの支払総額に影響する

セレナは本体価格だけで約300万円もするミニバンだからローンを組んで購入する人が多いだろう。

しかし、金利による影響は値引き以上に大きいので、ここでは金利によるセレナ支払総額の違いを検証する。

まず、セレナ購入時にディーラーのローンを使うと、金利は高いことを覚悟しよう。

ディーラーが用意したローン会社でセレナを購入すると、ディーラーにバックマージンが入る仕組みになっているので、こういったコストなどが金利に上乗せされているからだ。

よって、セレナ購入時にローンを組むなら、ディーラーローンではなく、自分で別の金融機関から借り入れを行うほうが絶対にお得だ(おすすめは「ジャパンダ・ネットマイカーローン」)。

「諸費用+メーカーオプション」の金額は頭金とし、「セレナの車両本体価格+ディーラーオプション」をローン元金とした場合、金利による支払総額の違いをシュミレーションしてみよう。

前提条件
  • ディーラーの金利は7.8%とする
  • ジャパンダ・ネットマイカーローンの金利は2.0%とする
  • 60回払いの元利均等返済
セレナS
項目
条件・結果
本体価格
244万円
ディーラー
オプション
40万円
値引き総額
25万円
ローン元金
259万円
支払総額
金利
7.8%
313.6万
金利
2.0%
272.4万
差額
41.2万円
セレナX VセレクションⅡ
項目
条件・結果
本体価格
266万円
ディーラー
オプション
45万円
値引き総額
30万円
ローン元金
281万円
支払総額
金利
7.8%
340.2万
金利
2.0%
295.5万
差額
44.7万円
セレナハイウェイスターVセレクションⅡ
項目
条件・結果
本体価格
287万円
ディーラー
オプション
45万円
値引き総額
30万円
ローン元金
302万円
支払総額
金利
7.8%
365.7万
金利
2.0%
317.6万
差額
48.1万円
セレナe-POWER XV
項目
条件・結果
本体価格
313万円
ディーラー
オプション
45万円
値引き総額
30万円
ローン元金
328万円
支払総額
金利
7.8%
397.2万
金利
2.0%
344.9万
差額
52.3万円
セレナニスモ
項目
条件・結果
本体価格
342万円
ディーラー
オプション
50万円
値引き総額
30万円
ローン元金
362万円
支払総額
金利
7.8%
438.3万
金利
2.0%
380.7万
差額
57.6万円
セレナe-POWERオーテックV
項目
条件・結果
本体価格
362万円
ディーラー
オプション
50万円
値引き総額
35万円
ローン元金
377万円
支払総額
金利
7.8%
456.5万
金利
2.0%
396.5万
差額
60万円

グレードやオプション・値引き条件によっても異なるが、最低グレードのSでも約41万円、e-POWERオーテックになると約60万円も支払総額に差が生じる。

セレナ車両本体からの値引き額が大きくても金利が高ければ相殺されてしまうので、ローンを組むならジャパンダ・ネットマイカーローンがよいだろう。

残価設定ローンはセレナの支払総額が高くなる

残価設定

残価設定ローンでは月々の支払を抑えながらもセレナを購入できるので、選択する人も多いようだ。

しかし、金利は残価にもかかっているので、セレナを購入するときに残価設定を選択するなら覚えておこう。

月々の支払が安いのはセレナに設定された残価の元金を払っていないためであり、支払総額で考えると残価設定ローンの方が逆に高くなるからだ。

残価設定車両を買取店に売却すればお得

日産ディーラーが設定したセレナの残価設定金額よりも、買取専門店の買取価格のほうが高いことが一般的だ。

よって、セレナの返却期限を迎えたら日産ディーラーに返却せずに買取専門店に売却して清算すれば差額がお得になるので、ズバット車買取比較で査定・売却してみよう。

新古車は短納期でセレナが安く購入できるので検討に値する

セレナに限らず、新車の納期は1~2ヶ月程度かかることが一般的だ。

しかし、新古車(登録済み未使用車)なら納期は約2週間程度なので、セレナを一刻も早く購入したいという人は検討に値するだろう。

ただし、新古車(未使用車)でもしっかりと値引き交渉を行わないと、大幅値引きの新車と支払総額の違いが少ないこともあるので、両方のセレナを比較する必要がある。

セレナ新古車の実例
新古車
  • グレード
    特別仕様車ハイウェイスターVセレクションⅡ(FF)
  • 新車価格
    287.5万円
  • 中古車店での新古車価格
    登録後2ヶ月で219.8万円
  • 差額
    57.3万円

注意

メーカーオプションまたはディーラーオプションがついていれば差額は57.3万円以上になるので、さらにお得感がある。

下取り車は買取専門店に売ること

中古車店におけるセレナ下取り車の査定価格は店により差が大きく、ヘタをしたらディーラーよりも安い買取価格になる

よって、セレナの新古車を中古車店で購入するならば、その下取り車はズバット車買取比較といった買取専門店に売らないと、支払総額では損をすることもある。

ステップワゴンやヴォクシー等と競合させて値引きを拡大させる

セレナの値引きを限界まで最大にするには、ステップワゴンやヴォクシー等のライバル車との競合は欠かせない。

ここでは、セレナの値引き交渉で競合させるライバル車と値引きを拡大させる交渉方法の一例を紹介しよう。

ステップワゴンとの競合

ステップワゴン

セレナe-POWERの場合なら、ステップワゴンハイブリッドが競合となる。

動力性能は明らかにステップワゴンハイブリッドが上回るので、この点に魅力を感じていると指摘する。

そして、値引き次第ではセレナの購入も考えると交渉しよう。

参考

ヴォクシーとの競合

ヴォクシー

ヴォクシーもセレナの競合には欠かせない。

ヴォクシーと競合させるときは、不祥事が少なく完成度の高いトヨタの品質に魅力を感じていることを伝える。

その上で、値引き次第ではセレナの購入も検討すると交渉しよう。

参考

セレナの最新値引きがどれくらいかは価格コムの報告も目安になる

価格コム セレナ

価格コムには、最新のセレナ値引き金額が報告されている。

70万や80万は難しいが、50万や60万といった事例はあるようだ。

匿名掲示板だから信憑性は担保されていないが、セレナからどれくらい値引きされているか、最新の情報が報告されているから目安にはなるだろう。

価格コムにおけるセレナの値引き情報
  • セレナ車両本体の値引き額
  • セレナオプションの値引き額
  • 購入月
  • 購入地域など

価格コム以外に、みんカラヤフー知恵袋でもセレナの値引き情報が報告されている。

新潟や沖縄等、地方では都市部より値引きが渋い

価格コムなどでセレナの値引き情報を収集していると、新潟や沖縄といった地方は都市部に比べると値引き額が少ない傾向であるにこと気づく。

その理由は2つだ。

  • セレナの販売台数に応じてメーカーからディーラーに支給される奨励金が少ない
  • ディーラーの数も少ないので、セレナの同士競合も含め競争原理が働きにくい

よって、価格コムなどにおけるセレナの値引き報告では、どの地域の情報なのかも確認しておきたい。

男

以上がセレナの値引き情報になるけど、結論は以下のようになるよね。

結論

セレナの値引きも重要だが、それ以上に「下取り車の売却価格」「ローンの金利」で支払総額に大きな差がつく。

下取り車を高く売却するなら
ズバット車買取比較

金利の低い自動車ローンは
ジャパンダ・ネットマイカーローン