セレナ2018年12月値引き価格相場や推移の情報!70万まで拡大可能?

セレナ 値引き
男

日産の新型セレナを購入する際の商談において、値引き交渉は欠かすことができません。

特に、以下のセレナ値引き情報は誰もが知りたいところだと思います。

  • e-POWERの値引き価格ってどうなの?
  • 2018年12月のセレナ値引き相場の推移や目標は?
  • セレナを実際に購入した人は乗り出し価格をいくらで買った?
  • 決算期なら70万や80万の値引きが可能?
  • セレナの値引きを限界まで拡大する交渉の仕方は?
笑

このブログではセレナの値引き情報を満載していますので、交渉の際は参考にしてくださいね。

2018年12月新型セレナ値引き価格相場・推移の情報

2018年12月
セレナ値引き価格相場情報

28万円(オプション等込み)

e-POWER除く。e-POWERの情報は『セレナe-POWER値引き情報

セレナ値引き価格相場推移
年 月
オプション等込
値引き相場
(万円)

2018年12月

28
2018年11月
30
2018年10月
27
2018年9月
25※一部改良
2018年8月
35
2018年7月
35
2018年6月
35
2018年5月
34
2018年4月
34
2018年3月
34
2018年2月
35
2018年1月
35

【セレナ値引き価格相場情報】

セレナの値引きは2018年9月の一部改良でやや渋い相場にあったが、緩やかに回復している。

あと2~3ヵ月もすれば以前の値引き相場に戻るだろう。

値引きの傾向
セレナも含めた一般論として、値引き率はモデルチェンジによって一気に渋い相場となり、期間の経過とともに徐々に拡大していき、しばらくしたら横ばいになることが一般的だ(決算期等の季節要因よりもこの要素が強い)。

決算期等はセレナの値引き価格が70万や80万に拡大する?

セレナに限らず購入時期による値引き価格の差は少ない

一般的には、「決算期やボーナス時期などはセールをやるからセレナの値引き価格が拡大する」と思われがちである。

しかし、上述したセレナ値引き推移の表を見ても明らかであるが、現在では決算期等の季節要因によって値引き率が拡大したという傾向はあまり見られない。

値引き価格が70万や80万であった場合でも、実際は「下取り車を安く査定して、浮いた差額で見かけ上のセレナの値引きを拡大させただけ」であることが多い。

セレナの値引き交渉時にこの手法がよく使われていることは覚えておいたほうがよいだろう。

下取車を使ったセレナの値引き操作例
下記見積書におけるセレナの支払総額は同じだ

見積書1
【値引き80万円 下取り車110万円】

見積書2
【値引き70万円 下取り車120万円】

見積書3
【値引き40万円 下取り車150万円】

営業マン営業マン

セレナの値引き額なんて、下取り車を使えば自由に操作できちゃうよ。

正直な営業マンならセレナの「下取りなし」を提案してくれる

セールスマンは、客によってセレナの値引き額に差をつけているのと同様に、下取り車の査定価格にも差をつけている。

しかし、通常は買取専門店よりも安い金額しかつけられないため、正直なセールスマンはセレナの値引き交渉の際、下記自動車雑誌記事のように「下取りなし」にして買取専門店への売却をすすめてくれる(記事中では買取専門店のほうが16万円高い査定になった)。

下取りなし
↓拡大
拡大

価格

目標を決めて限界までセレナの値引き率を拡大する

2018年12月
セレナ値引き価格の目標

セレナ車両本体価格から28万円

※e-POWERを除く


限界・目標までセレナの値引き率を拡大する3つのコツ

  1. ヴォクシーやステップワゴンなどのライバル車やセレナ同士を競合させる
  2. ディーラーオプション等、セレナの付属品からは20%の値引き率を目標にする
  3. 支払総額を下げるためにセレナの下取り車は買取専門店とも競合させる

上記3つの中でも、セレナの下取り車を買取専門店と競合させることは特に効果的だ(ほとんどの場合、買取専門店の方が高い)

セレナの値引きを最大化するための競合は多数のディーラーに出向く必要があり面倒だが、下取り車の売却価格を最大化するための競合はネットの無料一括査定サイトを使えば自宅で簡単にできる。

目標

かんたん車査定ガイド

セレナの乗り出し価格をいくらで買った?口コミを当ブログでレポート

自動車業界に勤務する当ブログの管理人があらゆる人脈を駆使してセレナハイウェイスター購入者から聞いた値引き交渉の口コミをレポート!

【セレナハイウェイスター購入者データ】

  • 属性
  • 50代男性

  • 契約時期
  • 2018年10月

  • 購入車両
  • セレナハイウェイスター

  • 値引き額
  • オプション等込み値引き総額40万円

セレナハイウェイスターから40万の値引きを獲得した口コミをレポート!

まず初めに、価格コムなどでセレナ値引き率や相場の推移など、他の人はいくらで買っているか情報を収集した。

セレナハイウェイスターを買うには予算が厳しいので、最低でも40万円程度の値引きが得られなければ新古車も検討する予定だが、2018年9月の一部改良で値引きは渋いようだ。

限界までセレナハイウェイスターの値引きを拡大するために、気合を入れてディーラーへ向かう。

日産A店はセレナハイウェイスターの値引きが渋い

セレナの値引き情報を確認してから、家から最も近い日産ディーラーA店に行く。

不祥事の影響だろうか、休日の午後なのに客は誰もいない。

出迎えてくれた営業マンに、セレナハイウェイスターの購入を検討していることを伝える。

すると、e-POWER以外のセレナについては、2018年9月に一部改良が行われて安全性能や使い勝手が良くなったというので説明してくれた。

  1. ハイビームアシストを採用
  2. 営

    e-POWERに標準設定されていて好評だったのですが、自動でハイビームロービームを切り替える「ハイビームアシスト」を採用しました。

    ハイビームアシスト

  3. 標識検知機能の追加
  4. 営

    標識検知機能に「最高速度」と「一時停止」を新たに追加しました。

    標識検知機能の追加

  5. 踏み間違い防止アシストの機能向上
  6. 営

    踏み間違い防止機能アシストについては、前方の歩行者も検知できるようになりました。

このように安全性能が高くなったにもかかわらず、新車価格はわずかしか変わっていないのがうれしい。

その後、オプション等の説明を受けるが、セレナに限らず日産車全般に言えることとしてオプションが多くて複雑である。

我が家の予算ではあまりたくさんのオプションをつけることが出来ないので、じっくり吟味する必要がある。

オプションやボディーカラー等を全て選んだ後に出来上がったセレナハイウェイスターの見積書は、乗り出し価格340万円

ここから、値引き交渉を行うものの2018年9月に一部改良が行われたばかりとの事で値引きは25万円、乗り出し価格は315万円となった。

予算は支払総額で300万円だからオーバーでしていることを伝える。

我が家の予算は300万円です。300万円を超えるようならば新車をあきらめて新古車でも構いませんし、正直なところ、日産は不祥事が多くて印象がよくないのでセレナにはこだわっていません。」と伝える。

すると、営業マンは5万円値引きを拡大してくれ、乗り出し価格は310万円まで下がったものの、価格コムや各種ブログで見た値引き情報から判断して値引き率が限界とは思えない。

日産A店でのセレナハイウェイスターの値引き交渉は一旦ここまでとした。

日産B店で限界値引きに挑戦し40万円まで拡大

値引き拡大にはセレナ同士の競合は不可欠であるため、経営の異なる日産ディーラーB店でも値引き交渉を行う。

60万や70万の値引きは無理だとしても、40万円まで値引きが拡大すれば乗り出し価格で300万円になるので、値引き価格の目標は40万円とする。

日産B店で出迎えてくれた営業マンは30歳前後の若い営業マンでセレナハイウェイスターを検討していることを伝えると、「2018年9月の一部改良で安全性能がアップしていますのでおすすめですよ」と笑顔で説明。

簡単に説明を受けたあと、これまでの経緯を話し、

  • 我が家の予算は乗り出し価格で300万円であること
  • オプション等は削りたくないので40万円の値引きが必要であること
  • この条件がクリアできれば本日すぐに契約するが、無理ならば新古車も検討すること

を伝える。

すると、営業マンは店長に相談すると言って奥に戻り、店長を連れて戻ってくる。

店長は「セレナは改良されたばかりで以前のような値引き率はお出しできないのですが、本日契約していただけるなら40万円でやらせて頂きますが、うちではこれで限界です。」とのこと。

一部改良直後ということを考えればこれくらいが限界だろうからこれで契約。

ただし、セレナハイウェイスターの下取り車は60万円と安かったので、ネットの一括査定で78万円の値が付いた買取専門店に売却。
(完)


値引き レポート

営業マンは下取り車を値引きの調整弁に使っており、セレナが値引きされることを見込んで、この下取り車を甘く(安く)査定している。
営業マン営業マン

お客様のセレナ、30万円値引きさせて頂きました。

客

でもセレナの下取り車となると、査定額はたったの110万円になるんですね。

買取専門店の査定は130万円だから、総支払額で考えると値引きは10万円ですよ(その手口知ってますから)。

相場

交渉

自動車雑誌読者が比較した実例
限界

<実際のページ>
口コミ

↓拡大
支払総額

下取り車


【セレナ値引き情報まとめ】

  1. セレナの値引き価格は2018年9月の一部改良でやや渋い
  2. セレナの2018年12月値引き相場は28万円
  3. 支払総額を下げるためには、セレナの下取り車を買取専門店(かんたん車査定ガイド )で査定(売却)すると効果的