ノートe-POWER 2018年7月最新値引き価格相場と目標をレポート

ノートe-POWER 値引き



男

日産のノートe-POWERを購入する際、値引き情報の収集は欠かすことができません。

特に、ノートe-POWERに関する以下の値引き情報は誰もが知りたいところだと思います。

  • ノートe-POWERの最新値引き相場の推移や目標は?
  • ノートe-POWERを実際に購入した人の値引き交渉の口コミレポートを読みたい。
  • 決算期なら最大30万円の値引きが可能?
  • ノートe-POWERの値引きを最大に拡大する交渉の仕方は?
笑

このブログではノートe-POWERに関する上記の値引き情報を満載していますので、交渉の際は参考にしてくださいね。

ノートe-POWER2018年7月最新値引き価格相場の推移

2018年7月
ノートe-POWER最新値引き相場

22万円(オプション等込み)

ノートe-POWER最新値引き相場推移
年 月
オプション等込み
値引き価格
(万円)

2018年7月

22
2018年6月
22
2018年5月
22
2018年4月
21
2018年3月
21
2018年2月
22
2018年1月
21
2017年12月
21
2017年11月
15
2017年10月
14
2017年9月
14
2017年8月
13

【ノートe-POWER値引き相場の推移】

2016年11月に登場以来、しばらくは渋い値引きが続いていた。

それが昨年末あたりから緩みだし、現在はクラス平均の値引き額に落ち着いている。

ノートe-POWERの車両本体価格を考えると、現在の値引き相場で横ばいが続くだろう。

値引きの傾向
ノートe-POWERを含めた一般論として、新型車のデビュー当初は値引きが渋いが、期間の経過とともに徐々に拡大していき、しばらくしたら横ばいになることが一般的だ(決算期等の時期要因よりもこの要素が強い)。

ノートe-POWERの場合も2016年11月のデビュー当初の値引きは渋い相場であったが、そこから緩やかに拡大を続け、現在は、ほぼ横ばいとなっている。

決算期等はノートe-POWERの値引きが最大30万円になる?

ノートe-POWERに限らず購入時期による値引き金額の差は少ない

一般的には、「決算期やボーナス時期などはセールをやるからノートe-POWERも値引きが拡大する」と思われがちである。

しかし、上述したノートe-POWER値引き推移の表を見ても明らかなとおり、現在では決算期等の季節要因によって値引きが拡大したという傾向はあまり見られない。

値引きが30万円であった場合でも実際は「下取り車を安く査定して、浮いた差額で見かけ上のノートe-POWERの値引きを拡大させただけ」であることが多い。

この手法がよく行われていることは覚えておいたほうがよいだろう。

下取車を使ったノートe-POWERの値引き操作例
下記見積書におけるノートe-POWERの支払総額は同じだ

見積書1
【値引き30万円 下取り車60万円】

見積書2
【値引き25万円 下取り車65万円】

見積書3
【値引き20万円 下取り車70万円】

営業マン営業マン

ノートe-POWERの値引き額なんて、下取り車を使えば自由に操作できちゃうよ。


セールスマンは、客によってノートe-POWERの値引き額に差をつけているのと同様に、下取り車の査定価格にも差をつけている。

しかし、通常は買取専門店よりも安い金額しかつけられないため、正直なセールスマンは下記の自動車雑誌記事のように、ノートe-POWERの「下取りなし」にして買取専門店への売却をすすめてくれる(記事中では買取専門店のほうが16万円高い査定になった)。

下取りなし
↓拡大
拡大

推移

目標を決めて限界までノートe-POWERの値引きを拡大する

2018年7月
ノートe-POWER値引きの目標

ノートe-POWER車両本体から19万円


限界・最大までノートe-POWERの値引きを拡大する3つのコツ

  1. アクア等のライバル車やノートe-POWER同士を競合させる
  2. ディーラーオプション等、ノートe-POWERの付属品からは20%の値引き率を目標にする
  3. 支払総額を下げるためにノートe-POWERの下取り車は買取専門店とも競合させる

上記3つの中でも、ノートe-POWERの下取り車を買取専門店と競合させることは特に効果的だ(ほとんどの場合、買取専門店の方が高い)

ノートe-POWERを値引きさせるための競合は面倒だが、下取り車の競合はネットの無料一括査定サイトで簡単にできる。

最も高値が付きやすいと言われており、実際の売値に近い概算価格が今すぐ(入力後すぐ)わかるのは「かんたん車査定ガイド」。

かんたん車査定ガイド

ノートe-POWER値引き交渉の口コミをレポート!

自動車業界に勤務する当ブログの管理人が、あらゆる人脈を駆使してノートe-POWER購入者から聞いた値引き交渉内容の口コミをレポート!
  1. 購入者の属性
  2. 60代男性

  3. 納車時期
  4. 2018年5月

  5. 購入車両/グレード
  6. ノートe-POWER/メダリストブラックアロー

  7. 値引きはいくらだった?
  8. 車両本体20万円+オプション3万円でした。

  9. ノートe-POWER購入の経緯
  10. 乗っていたフィット(ガソリン車)が車検を迎えるにあたり、買い替えの流れに。

    フィットを買ったホンダディーラーで試乗したフィットハイブリッドの静粛性が気に入り、当初はハイブリッド車を検討していた。

    一方で、モーターのみで走行するノートe-POWERにも興味を持ち、日産のディーラーで試乗。

    乗ってみると、静粛性は期待外れだったが、これまで体験したことのない独特の走りと加速が気に入り、e-POWERの購入に至った。

  11. ノートe-POWERの他に検討した車両
  12. フィットハイブリッド

  13. ノートe-POWERを選択した理由は?
  14. 何といってもその走りでしょう。

    あの加速感はやみつきになります。

  15. グレード(メダリストブラックアロー)を選択した理由は?
  16. LEDヘッドランプが標準装備なのはメダリストだけですし、本革巻きステアリングの皮の感触も気に入りました。

    ブラックアローにしたのは、ボディーカラーで2トーンカラーを選択できるからです。

    ドアミラーと車体色が違う車を見かけるたびにおしゃれだなあと思っていました。

    赤と黒の組み合わせが気に入っています。

    ガーネットレッド スーパーブラック

  17. お勧めのオプションを1つ教えて下さい
  18. ドアミラー自動格納装置です。

    降車してドアロックすると、自動的にドアミラーが折りたたまれます。

    たったの11,664円ですから絶対にあったほうがいいですよ。

    ノートe-POWER 自動格納ドアミラー

ノートe-POWER値引き交渉レポート!

ホンダディーラー

現在乗っているのは先代のフィット(ガソリン車)であり、車検の相談にいつものディーラーに行く。

すると営業マンからフィットハイブリッドへの買い替えの提案が。

試乗車もあるとのことで試乗してみたところ、音が静かでとても気に入った。

車検を通すつもりでディーラーを訪れたのだが、気持ちは買い替えに傾き、試乗後に見積書を作成してもらう。

値引きは10万円との事。

当初は車検の相談に来たので、このまま契約するはずもなく、一旦持ち帰る。


日産ディーラーA店でノートe-POWERの値引き交渉

念のため他車種も調査してみると、モーターのみで走るというノートe-POWERに興味を持つ。

早速日産のディーラーに行き、試乗させてもらうと、静粛性は思ったより大したことはない。

しかし、ノートe-POWERの魅力はそこではなかった。

アクセルを踏むとコンパクトカーの領域を大きく上回る驚きの加速を始める。

「これはスポーツカーか?!」と疑うほどの走りが気に入り、車種はノートe-POWERに決定。

試乗後が終わると、早速、見積書を作成してもらう。

示された値引きは15万円。

ここでフィットハイブリッドと競合していることを伝えて値引き拡大を目論むと、営業マンは奥に引っ込み、戻ってくるなり、ディーラーオプションのメンテプロパックに加入していただくことを条件に18万円の値引きが可能との返事が。

メンテプロパックは11万円もするから、これでは値引きの意味がないので断り、別の店へ交渉に向かう。


日産ディーラーB店でノートe-POWERの値引き交渉

車で10分ほど離れた経営の異なる別の日産ディーラーに行って交渉を行う。

車体色やオプションは決まっているので説明は手短に受けて値引き交渉に入る。

日産ディーラーA店では値引きが18万円だったことを伝えて、それ以上に値引きを拡大してもらわなければ購入することはないと告げる。

すると、示された値引き価格は23万円でこれが限界とのこと。

ネットで調べた値引き相場と同程度であったためこれで契約。

ただし、下取り車の査定が18万円と安かったので、ネットの一括査定で31万円の値が付いた買取専門店に売却。
(完)



値引き レポート

営業マンは下取り車を値引きの調整弁に使っており、ノートe-POWERが値引きされることを見込んで、下取り車を甘く(安く)査定している。
営業マン営業マン

お客様のノートe-POWERですが、20万円値引きさせて頂きました。

客

でも、下取り車の査定がたったの40万円じゃないですか。

買取専門店の査定は55万円だから、総支払額で考えたら値引きは5万円ですよ(その手口は知ってますので)。

相場

交渉

自動車雑誌読者が比較した実例
限界

<実際のページ>
値引き 口コミ

↓拡大
支払総額

下取り車