2019年12月日産デイズ/ハイウェイスター値引き価格の相場と目標!新車値引き額の限界や最大は?

デイズ 値引き
男

日産デイズ/ハイウェイスターの新車を購入するときに必ず把握しておきたいのは値引き価格の相場や目標だ。

特に、下記のようなデイズ値引き額の情報は誰もが知りたいだろう。

  • 2019年12月におけるデイズ/ハイウェイスター値引き価格相場の推移や限界は?
  • デイズを実際に購入した人の値引き交渉の口コミをレポートして!
  • 決算期等はデイズ/ハイウェイスターの値引き額が最大まで拡大する?
  • デイズの値引き率を限界まで拡大する交渉の仕方は?
笑

このブログではデイズハイウェイスターGターボ値引き交渉の口コミもレポートしていますので、購入の際は参考にしてくださいね。

2019年12月デイズ/ハイウェイスター新車値引き額相場推移の情報

【2019年12月デイズ/ハイウェイスター値引き相場】

オプション等込み値引き額16万円
(デイズ/ハイウェイスター共通)

デイズ新車値引き額相場推移
年 月
オプション等込み
値引き額相場
(万円)

2019年12月

16
2019年11月
14
2019年10月
14
2019年9月
11
2019年8月
8
2019年7月
8
2019年6月
7
2019年5月
7
2019年4月
5
2019年3月
3
※フルモデル
チェンジ
2019年2月
19
2019年1月
17
2018年12月
17

【デイズ/ハイウェイスター新車値引き額相場の情報】

デイズ/ハイウェイスターは2019年3月28日にフルモデルチェンジされたことに伴い、値引き額は渋い相場となっている。

しかし、緩やかに回復している。

値引きの傾向
デイズも含めた一般論として、値引き額はモデルチェンジ直後には渋く、期間の経過とともに徐々に拡大していき、モデルチェンジで再び渋くなるというサイクルを繰り返す(決算期等の季節要因よりもこの要素が強い)。

決算期等、購入時期によっては新型デイズ/ハイウェイスターの値引き価格が拡大する?

デイズに限らず購入時期による値引き価格の差は少ない

一般的には、「決算期やボーナス時期などはセールをやるから新型デイズ/ハイウェイスターの値引き価格が拡大する」と思われがちである。

しかし、上述したデイズ値引き推移の表を見ても明らかであるが、現在では決算期等の季節要因によって値引き価格が拡大したという傾向はあまり見られない。

値引きが相場より多くても、「下取り車を安く査定して、浮いた差額で見かけ上のデイズの値引き価格を拡大させただけ」であることが多い。

デイズ/ハイウェイスターの値引き交渉時にこの手法がよく使われていることは覚えておいたほうがよいだろう。

下取車を使ったデイズの値引き操作例
下記見積書におけるデイズの支払総額は同じだ

見積書1
【値引き20万 下取り車20万】

見積書2
【値引き15万 下取り車25万】

見積書3
【値引き10万 下取り車30万】

営業マン営業マン

デイズの値引き額なんて、下取り車を使えば自由に操作できちゃうよ。

正直な営業マンならデイズの「下取りなし」を提案してくれる

セールスマンは、客によってデイズの値引き価格に差をつけているのと同様に、下取り車の査定価格にも差をつけている。

しかし、通常は買取専門店よりも安い金額しかつけられないため、正直なセールスマンはデイズの値引き交渉の際、下記自動車雑誌記事のように「下取りなし」にして買取専門店への売却をすすめてくれる(記事中では買取専門店のほうが16万円高い査定になった)。

下取りなし
↓拡大
拡大

価格

目標や競合を決めてデイズの値引き率を限界まで最大化する

【2019年12月デイズ値引き目標】

デイズの車両本体から14万円
(デイズ/ハイウェイスター共通)


目標や限界までデイズの値引き率を最大にする3つのコツ

  • 車両本体の競合
    ワゴンR等のライバル車やデイズ同士を競合させる
  • オプションの値引き
    デイズのディーラーオプションからは20%の値引き率を目標とし、取り付け工賃は無料サービスを目指す
  • 下取り車の競合
    デイズの下取り車は、ディーラーと買取専門店を競合させる

上記3つの中でも、デイズの下取り車を買取専門店と競合させることは特に効果的だ(ほとんどの場合、下記自動車雑誌体験談のように買取専門店の方が高い)

最大

デイズ本体の値引き率を最大化するための競合は多数のディーラーに出向く必要があり面倒だが、下取り車の競合はネットの無料一括査定サイトを使えば自宅で簡単にできる。

目標

ズバット車買取比較

日産デイズハイウェイスターGターボ値引き交渉の口コミをレポート

自動車業界に勤務する当ブログの管理人が、あらゆる人脈を駆使して、日産デイズハイウェイスターGターボの新車購入者から聞いた値引き交渉の口コミをレポート!
  1. デイズハイウェイスターGターボ購入者の属性
  2. 40代女性

  3. 契約時期
  4. 2019年5月

  5. 値引きは総額は?
  6. 値引き総額5万円でした。

  7. デイズ購入の経緯
  8. 山間部に住んでいるのですが、現在乗っている軽自動車はターボではないので、4人乗ると坂道などでかなり厳しいです。

    そこで、ターボでパワーのある軽自動車に買い替えようと思いました。

  9. ハイウェイスターGターボの他に検討したグレードは?
  10. 価格の安いXも魅力的でしたが、ターボではないので選びませんでした。

  11. ハイウェイスターGターボを選択した理由は?
  12. ターボのグレードは「ハイウェイスターGターボプロパイロットエディション」もあるのですが、口コミを見るとプロパイロットは必要ないと思いました。

  13. おすすめのオプションを1つ教えてください
  14. 軽自動車初となる9インチナビ「日産オリジナルナビゲーション MM318D-L」です。

    大画面でとても見やすいと思います。

    日産オリジナルナビゲーション MM318D-L

フルモデルチェンジした日産デイズ値引き交渉の口コミをレポート!

日産A店でデイズハイウェイスターGターボの値引き交渉

デイズがフルモデルチェンジしたというので、その内容や値引き相場を軽く調べてから近所の日産A店へ出向く。

購入グレードはハイウェイスターGターボが第一候補となるが、フルモデルチェンジ直後なので値引きは渋いようだ

日産A店に着くと、デイズの購入を検討していることを伝えて席で待ち、しばらく待っていると、50代くらいのベテラン営業マンが現れた。

営

お待たせしました、デイズはフルモデルチェンジされたばかりで、大変好評です。

と軽く挨拶があり、まずはデイズの新車価格表を渡されて説明を受ける。

デイズ新車価格
グレード 駆動 新車価格
(万円)
S
FF
127
4WD
141
X
FF
133
4WD
146
ハイウェイ
スターX
FF
147
4WD
160
ハイウェイ
スターGターボ
FF
155
4WD
168

※一万円未満四捨五入

営

デイズの新車価格はグレード体系は、フルモデルチェンジで以下のように変更されています。

  • グレードは「J」「ハイウェイスターG」が廃止された。
  • 「J」に変わって、「S」が新設定。
  • 「ハイウェイスターX」「ハイウェイスターGターボ」には「プロパイロットエディション」を設定し、それぞれベースより約10万高。

続いて、フルモデルチェンジの内容について説明を受ける。

営

フルモデルチェンジしたデイズは以下のように進化しました(装備はグレード別設定です)。

  1. パワートレイン
  2. 営

    剛性や静粛性の高い新開発のBR06エンジンを搭載している他、同じく新開発のCVTを採用しました。

    新開発のBR06エンジン
    営

    また、ハイウェイスター系にはスマートシンプルハイブリッドを採用し、燃費を向上させています。

    スマートシンプルハイブリッド
  3. プラットフォーム
  4. 営

    プラットフォームを新開発し、大人4人が乗ってもゆったりできる空間を確保しています。

    プラットフォーム
  5. 安全装備・先進運転技術
  6. 営

    軽自動車としては初となる「プロパイロット」を採用しています。

    プロパイロット
    営

    こちらも、軽自動車としては初となる「SOSコール」を採用しました。

    SOSコール
    営

    衝突を回避あるいは軽減させる「インテリジェントエマージェンシーブレーキ」を搭載し、追突被害防止や軽減に対応しました。

    インテリジェント エマージェンシーブレーキ
    営

    日産の軽自動車としては初となる「インテリジェントLI&LDW」を搭載し、車線のはみだし事故防止に対応しました。

    インテリジェントLI&LDW
    営

    前進時の歩行者にも対応した「踏み間違い衝突防止アシスト」を採用しました。

    踏み間違い衝突防止アシスト
    営

    移動物検知機能付きの「インテリジェントアラウンドビューモニター」を日産の軽自動車として初めて採用しました。

    インテリジェントアラウンドビューモニター
    営

    ハイビームとロービームを自動で切り替える「ハイビームアシスト」を採用しました。

    1. ハイビーム

      ハイビーム
    2. ロービーム

      ロービーム
  7. デザイン
  8. 営

    デイズのエクステリアは以下のように変更されました。

    • 駆け上がるサイドラインで生き生きした躍動感を演出
    • Vモーショングリルやブーメランランプシグネチュアーなどで堂々とした車格感を表現
    • フェイスデザインは従来と同じくスタンダードとハイウェイスターの2種類が設定
    エクステリア
    営

    インテリアは以下のように改良されました。

    • インパネ全体が浮き上がったように見えるフローティングデザインを採用
    • インパネメイン部には合成皮革ラッピングとリアルステッチを採用
    • 軽自動車初の9インチ大型ナビゲーションを設定
    インテリア
新型デイズは軽自動車とは思えないほどレベルアップしていると感心する。

全ての説明をが終わった後、グレードはハイウェイスターGターボを選択し、オプション等も選んで見積もり書をもらうと、支払総額は約220万円になった。

ここから値引き交渉を行うと、提示された新型デイズの値引き額はたったの3万円。

フルモデルチェンジして最新型になったとはいえ、支払総額が約220万円では軽自動車というよりコンパクトカーといったレベルだ。

値引き交渉を行っても「フルモデルチェンジしたばかりの新型デイズはあまり値引きできないんです」とい言われて進展がない。

仕方がないので、日産A店でのこの日の交渉はここまでとする。

日産A店での2回目の値引き交渉でフルモデルチェンジ前のXやJを提案される

数日後、日産A店で2回目となるデイズの値引き交渉を行う。

事前にネットや雑誌で調べた通り、やはりフルモデルチェンジ直後はほとんど値引きがないようだ。

2回目の交渉でも前回と同じ3万円の値引きから変化はない。

すると、営業マンが「フルモデルチェンジ前のXとJが在庫であり、こちらなら25万円の値引きができます」と提案があった。

J

J

X

X

しかし、以下の理由によりこのJとXの購入は見送ることにした。

  • XとJはターボではない
  • 売れ残りの在庫車といイメージと見た目も旧モデルっぽい感じがする
  • 値引きが大きくても将来売るときにも安くなる

せめてターボモデルのハイウェイスターGターボなら購入の候補にはなったのだが‥。

結局、2回目となる日産A店でのデイズ値引き交渉においても進展はなかった。

日産B店でデイズルークスの値引き交渉

デイズルークス

新型デイズがフルモデルチェンジして値引きが渋いので、日産B店においてデイズルークスの交渉を行うことにした。

値引き価格によってはデイズルークスでも構わない。

日産B店に出向くと若くて感じのよい営業マンが出迎えてくれ、デイズルークスの購入を検討していることを伝える。

すると、デイズルークスの価格表とカタログを持ってきてくれ、説明をしてくれた。

営業マンからのデイズルークスの説明が終わると、以下の損得勘定を頭の中で行う。

  • デイズルークスのターボグレードで下位グレードとなるハイウェイスターXでも、デイズのハイウェイスターGターボより12万円も新車価格が高い
  • デイズルークスは現行モデルが2014年の登場で、間もなくフルモデルチェンジされるという噂がある
  • 使い勝手はスライドドアのデイズルークスに軍配が上がる

営業マンにデイズルークスのフルモデルチェンジの時期について聞くが、そう遠くない時期にフルモデルチェンジされると思うが、現時点では何も聞いていないという。

購入後すぐに型落ちになるのは気分が良くないことや、値引きが大きくても新車価格の高さで相殺されるので、デイズルークスの購入は見送ることにする。

結局、見積もりももらわずに日産B店を後にした。

日産A店の3回目の交渉でデイズハイウェイスターGターボを契約

日産A店において、3度目となるデイズの値引き交渉を行う。

色々調べて、フルモデルチェンジ後は値引き額が拡大しないことがわかり、今回で契約するつもりでいる。

日産A店に着いて値引き交渉の続きを行うと、前回と同様に値引きの拡大は厳しいとのことであった。

しかし、粘って交渉を続けていると最終的に2万円上乗せしてくれ、値引き総額は5万円となったので、これで契約。

ただし、デイズの下取り車の査定額が15万円と安かったので、ネットの一括査定で22万円の値が付いた買取専門店に売却。

【デイズ値引き交渉レポート(完)】


値引き レポート

営業マンは下取り車を値引きの調整弁に使っており、デイズが値引きされることを見込んで、この下取り車を相場より甘く(安く)査定している。
営業マン営業マン

お客様のデイズ、20万円値引きさせて頂きましたので、これが限界です。

客

でもデイズの下取り車となると、査定額がたったの30万円になるんですね。

買取専門店の査定は45万円だから、支払総額で考えたら実質的な値引きは5万円ですよ(その手口は知ってますので)。

相場

交渉

自動車雑誌読者が比較した実例
限界

<実際のページ>
口コミ

↓拡大
支払総額

下取り車


【デイズ値引き情報まとめ】

  1. 2019年3月28日のフルモデルチェンジによりデイズ値引き額の相場はやや渋い
  2. 2019年12月デイズ/ハイウェイスター値引き価格の相場は、オプション込で16万円
  3. 支払総額を下げるためには、デイズの下取り車を買取専門店ズバット車買取比較で売却すると効果的