2019年9月新型マツダ3値引き交渉の実例や相場・目標をレポート

マツダ3 値引き
男

アクセラから名称変更して海外では既に発表されていた新型マツダ3が、2019年5月に日本でも発売となった。

ここで気になるのが、以下のような新型マツダ3の値引き情報だ。

  • 2019年9月新型マツダ3最新値引き相場の推移や目標とする値引き額は?
  • 新型マツダ3を実際に購入した人の値引き交渉の実例をレポートして!
  • 決算期ならマツダ3の新車値引き額が拡大する?
  • 新型マツダ3の値引きを限界まで拡大する値引き交渉の仕方は?
笑

当ブログでは、新型マツダ3の最新値引き情報をレポートしています!

2019年9月新型マツダ3新車値引き額相場の推移や情報

【2019年9月】
新型マツダ3新車値引き額相場

オプション等込み値引き総額11万円
(セダン/ファストバック共通)

マツダ3新車値引き額相場の推移
年 月
オプション等込み
値引き総額
(万円)

2018年9月

11
2018年8月
3
2019年7月
6
2019年6月
8
2019年5月
9
2019年4月
7
2019年3月
4
フルモデル
チェンジ
2019年2月
23
2019年1月
21
2018年12月
19
2018年11月
19
2018年10月
19
2018年9月
19

【マツダ3新車値引き額の相場情報】

新型マツダ3は2019年5月から販売されたばかりであるため、値引き額は劇的に渋い。

このようなときにマツダ3の値引き拡大を目指すよりも、下取り車の売却価格を吊り上げるほうが支払総額を下げるためには効果的だ。

値引きの傾向
新型マツダ3も含めた一般論として、ニューモデル登場時には値引きが渋い傾向にあり、期間の経過とともに徐々に拡大していき、モデルチェンジで再度渋くなるというサイクルを繰り返す(決算期等の季節要因よりもこの影響が大きい)。

決算期等、購入時期によっては新型マツダ3の値引き価格が限界まで拡大する?

購入時期によるマツダ3値引き価格の差は少ない

一般的には、「決算期やボーナス時期などはセールをやるから新型マツダ3の値引き価格が拡大する」と思われがちである。

しかし、上述した新型マツダ3値引き推移の表を見ても明らかであるが、現在では決算期等の季節要因によって値引き価格が拡大したという傾向はあまり見られない。

値引き価格が大きい場合、「下取り車を安く査定して、浮いた差額で見かけ上のマツダ3の値引き価格を拡大させただけ」であることが多い。

新型マツダ3の値引き交渉時にこの手法がよく使われていることは覚えておいたほうがよいだろう。

下取車を使ったマツダ3の値引き操作例
下記見積書におけるマツダ3の支払総額は同じだ

見積書1
【値引き12万 下取り車78万】

見積書2
【値引き8万 下取り車82万】

見積書3
【値引き4万 下取り車86万】

営業マン営業マン

マツダ3の値引き価格なんて、下取り車で自由に操作できちゃうよ。

正直な営業マンならマツダ3の「下取りなし」を提案してくれる

セールスマンは、客によって新型マツダ3の値引き価格に差をつけているのと同様に、下取り車の査定価格にも差をつけている。

しかし、通常は買取専門店よりも安い金額しかつけられないため、正直なセールスマンはマツダ3の値引き交渉の際、下記自動車雑誌記事のように「下取りなし」にして買取専門店への売却をすすめてくれる(記事中では買取専門店のほうが16万円高い査定になった)。

下取りなし
↓拡大
拡大

価格

目標や競合を決めて新型マツダ3の値引率きを限界まで最大にする

【2019年9月】
新型マツダ3値引き目標

マツダ3の車両本体から10万円
(セダン/ファストバック共通)


目標や限界までマツダ3の値引き率を最大にする3つのコツ

  • 車両本体の競合
    ライバル車や(経営の異なるマツダディーラーがあれば)マツダ3同士を競合させる
  • オプションの値引き
    マツダ3のディーラーオプションからは20%の値引き率を目標とし、取り付け工賃は無料サービスを目指す(ただし、ニューモデル発売直後は難しい)
  • 下取り車の競合
    マツダ3の下取り車は、ディーラーと買取専門店を競合させる

上記3つの中でも、マツダ3の下取り車を買取専門店と競合させることは特に効果的だ(ほとんどの場合、下記自動車雑誌体験談のように買取専門店の方が高い)

最大

マツダ3本体の値引き率を最大にするための競合は多くのディーラーへ出向く必要があり面倒だが、下取り車の売却価格を最大にするための競合はネットの無料一括査定サイトを使えば自宅で簡単に競合できる。

目標

ズバット車買取比較

マツダ3の値引き交渉の実例を当ブログがレポートします!

自動車業界に勤務する当ブログの管理人が、あらゆる人脈を駆使してマツダ3購入予定者から聞いた値引き交渉の実例をレポート!
  1. 購入者の属性
  2. 30代男性

  3. 契約時期
  4. 2019年5月

  5. 購入車両/グレード
  6. マツダ3/20S ツーリングセレクション

  7. 値引きは総額いくらだった?
  8. 3万円でした

  9. マツダ3購入の経緯
  10. 現在の車が3回目の車検を迎えるのを機に新車への買い替えを検討していたところ、アクセラがフルモデルチェンジして新型車が登場するというので興味を持ちました。

新型マツダ3値引き交渉の実例をレポート!

車を買い替えるために候補車両をネットや雑誌で調査していると、アクセラがフルモデルチェンジしてマツダ3という名称になるという情報が。

海外では正式発表されているらしいが、日本発売の時期は4月頃とのことで値引き情報はもちろん、値段やサイズ、内装といった基本スペックさえもネット上に見当たらない。

ディーラーの先行予約は3月5日から既に始まっているというので、マツダディーラーへ出向いて新型マツダ3の価格やグレード、値引きなどの情報収集を行うことにした。

マツダディーラーに着いて出迎えてくれたスタッフに新型マツダ3を検討していることを伝えると、窓側の奥の席に案内される。

少し待つと、営業マンが新型マツダ3のカタログと価格表を持って現れたが、このカタログ・価格表も含め、お客に渡せる資料は一切ないという。

価格表すらもらえないのではオプションの選定や値引き交渉を行うにあたって支障をきたすので、説明を受けた内容や見せてもらったカタログ・価格表の情報を必死にメモする

まずは新型マツダ3の値段とパワートレインについて説明を受けたところ、以下の様であった。

値段 パワートレイン

画像出典:月刊ドライバー


続いて新型マツダ3の車体サイズだが、カタログ値は以下のようであった。

新型マツダ3車体サイズ
ハッチバック セダン
全長
(mm)
4460
4660
全幅
(mm)
1795
1795
全高
(mm)
1435
1440

上記以外にも、内装や納期などの説明を受けてグレードを選択するが、新型マツダ3はアクセラより価格が高くなっていることや値引き相場も渋いことを考えて2000CCのガソリン車に決定。

セダンではなくハッチバックを選んで、グレードはツーリングセレクション、オプションは以下の5つとした。

  • フロアマットプレミアム
  • ドアバイザー
  • ETC車載器
  • ナビゲーション用SDカード
  • ボディーコーティング
上記の内容で新型マツダ3の見積書をもらうと、以下のように支払総額は約325万円となった。
見積書

正直、高いという印象を持ったが営業マンにそのことを伝えると、新型マツダ3は8.8インチの大型ナビが標準装備ですし、安全装備も強化されていますから、価格に見合った内容ではあると思いますよ、とのこと。

ここから値引き交渉をすると、発売前の予約販売ということもあり新型マツダ3の値引き額はたったの2万円との事。

最近のマツダは新型車でなくても値引き価格が少ないのである程度予想はしていたが、車両の値段が高いこともありこのまま契約するわけにもいかない。

ここから粘って交渉を続けるものの、全くもって新型マツダ3の値引きが拡大する気配はない。

実物を見ていないことや内装や装備を比較する資料が何もないこともあり、一旦保留とし、正式発表を待ってマツダ3の値引き交渉を行う予定である。

2回目の交渉でマツダ3ファストバック20Sプロアクティブツーリングセレクションを契約!

2019年5月24日、いよいよマツダ3が正式発表となった。

マツダ公式サイトにも詳細な情報がアップされていたが、スポーツタイプの名称が「ハッチバック」ではなく、「ファストバック」になっている。

内装、外装にいたる隅々まで熟読するが、ファストバック外観は先代のアクセラスポーツよりもワイド&ローになっていて、カッコ良くなっている。

ファストバック

翌5月25日、マツダディーラーの開店と同時に乗り込み、営業マンと交渉を行う。

届いたばかりというカタログをもらうが、昨夜ホームページで見たので、外装や内装は確認済みだ。

安全装備は大幅に進化したというので説明を受ける。

営

マツダ3の安全装備には、以下の3つの機能が新採用されました。

  1. ドライバー・モニタリング
  2. ドライバーの疲労や眠気を赤外線カメラなどで検知し、必要に応じて休憩を促すシステムです。約5km/h以上で運転しているとき、ドライバーの疲労や眠気を推定して、マルチインフォメーションディスプレイの表示および警報音でドライバーへの休息を促す。

    ドライバー・モニタリング

  3. 前側方接近車両検知(FCTA)
  4. 前進時に、側方の死角から接近する車両を感知し、状況に応じて警報等で注意喚起する。

    前側方接近車両検知(FCTA)

  5. クルージング&トラフィック・サポート(CTS)
  6. 高速道路などでの渋滞時にアクセル&ブレーキ、ハンドル操作をアシスト

    クルージング&トラフィック・サポート(CTS)
営

既存の安全装置の性能も進化しています。

  1. アダプティブLEDヘッドライト
  2. LEDライトを20分割化することで、より遠方まで光の照射が可能となった。

  3. マツダレーダークルーズコントロール
  4. 全車速追従機能が追加。

  5. スマートブレーキサポート
  6. 自転車・夜間歩行者の検知機能の強化。また、後退時における検知範囲と作動速度上限が拡大された。さらに、後退時に左右から接近物があったら、ブレーキが作動する機能を追加。

なるほど、マツダ3ファストバックの概要はよくわかった。

展示車両もなく、当然、試乗車もないので試乗もできないが、これだけの情報があれば安心だ。

前回と同じグレードである20Sプロアクティブツーリングセレクションにおいて、装備内容も同じままマツダ3ファストバックの値引き交渉を始める。

しかし、示されたマツダ3ファストバック20Sプロアクティブツーリングセレクションの値引き額はたったの3万円

前回と1万円しか違いがないが、昨日正式発表されたばかりであるため、これ以上の値引きはしないとの事。

その意志は固く、全く値引き拡大の気配がないので、これで契約。

ただし、マツダ3ファストバックの下取り車は63万円と安かったので、ネットの一括査定で80万円の値が付いた買取専門店に売却。

【マツダ3値引き交渉レポート(完)】


値引き レポート

営業マンは下取り車を値引きの調整弁に使っており、新型マツダ3が値引きされることを見込んで、この下取り車を相場より甘く(安く)査定している。
営業マン営業マン

お客様の新型マツダ3ですが、5万円値引きさせて頂きましたのでこれが限界です。

客

でもマツダ3の下取り車となると、査定額がたったの115万円になるんですね。

買取専門店の査定は120万円だから、支払総額で考えたら実質的な値引きは0ですよ(その手口は知ってますので)。

相場

交渉

自動車雑誌読者が比較した実例
限界

<実際のページ>
口コミ

↓拡大
支払総額

下取り車


【マツダ3の値引き交渉情報まとめ】

  1. 新型マツダ3は2019年5月に発売されたが、値引き相場は劇的に渋い
  2. マツダ3の2019年9月新車値引き価格相場は、オプション込で11万円
  3. 支払総額を下げるためには、マツダ3の下取り車をズバット車買取比較で売却すると効果的